三代目JSB「レコ大」大賞で涙の“ランニングマン” HIROが見守る中パフォーマンス

0
年末恒例の音楽賞「第56回 輝く!日本レコード大賞」最終選考会が30日、東京・新国立劇場で開催され、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEが「R.Y.U.S.E.I.」で大賞を獲得。受賞発表後のパフォーマンスでは、感極まったようでメンバーはうっすらと涙を浮かべた。
三代目JSB、「レコ大」大賞で涙の“ランニングマン” HIROが見守る中パフォーマンス【モデルプレス】
三代目JSB、「レコ大」大賞で涙の“ランニングマン” HIROが見守る中パフォーマンス【モデルプレス】
2010年11月「Best Friend’s Girl」で鮮烈なデビューを果たしてから4年、悲願の初受賞となった7人。曲中にメンバー全員で披露する“ランニングマン”もいつも以上に熱の入ったものとなった。

大賞受賞を受け「嬉しいの一言。僕たちはEXILEメンバーのおかげで生まれたグループなので、少しでも恩返ししたいと思っていたし、ファンのみなさんにも恩返しできたと思います。この賞に恥じないグループになりたいです」とコメントしたNAOTO。また、登坂広臣は「HIROさんをはじめとするEXILEメンバー、すべての方に感謝したい」、今市隆二は「恐縮な気持ちですが、自分たちの力ではなく、EXILEメンバーのみなさま、スタッフのみなさま、そして支えてくださるファンのみなさまのおかげです」とそれぞれ感謝した。

感激のあまり思わず顔を手で覆うNAOTO(奥)
感激のあまり思わず顔を手で覆うNAOTO(奥)
駆けつけたHIRO(左から2番目)
駆けつけたHIRO(左から2番目)
また、今年はEXILEのATSUSHIが最優秀歌唱賞を受賞。会場には、ATSUSHIと三代目 J Soul Brothersの激励にHIROが駆けつけ、「本当に感動してます。ATSUSHIも素晴らしい賞をいただいて、最高の形で2014年を終えられたかなと思います」としみじみと語った。

半世紀以上の歴史を持つ同賞は、今年もTBS系で「第56回 輝く!日本レコード大賞」として午後5時半より生中継。最優秀新人賞はモデルで女優の西内まりやが受賞した。(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 三代目JSB「レコ大」大賞で涙の“ランニングマン” HIROが見守る中パフォーマンス
今読んだ記事

三代目JSB「レコ大」大賞で涙の“ランニングマン” HIROが見守る…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「音楽」カテゴリーの最新記事