森山直太朗 もりやまなおたろう

「森山直太朗」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「森山直太朗」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「森山直太朗」に関連するモデルプレス記事

森山直太朗のSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

森山直太朗のプロフィール

森山 直太朗(もりやま なおたろう、1976年4月23日)は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家。名前の由来は素「直」で「太」く「朗」らかから。セツナインターナショナル所属。

東京都渋谷区出身。成城学園高等学校、成城大学卒。大学在学中から、吉祥寺の井の頭公園などでギターを抱えて歌うようになる。作詞はほとんどの楽曲を御徒町凧と共作している。2005年からは作曲も共作となっている。

妻はピアニストの平井真美子。実母は森山良子。実父はジェームス滝。異父姉はマネージャーの森山奈歩。また、義兄に姉の夫・小木博明がいる。血液型はB型。

■概略

2003年12月31日、『第54回NHK紅白歌合戦』に『さくら(独唱)』で初出場を果たす。
2004年11月より、ポンキッキーズ21内の『シトラスタウン』で、カルマ役として声優初挑戦。
2005年3月に開幕した愛知万博の開会式テーマソングの「マザーアース」を森山良子に提供。
2005年4月1日より2007年9月27日まで『OH! MY RADIO』のナビゲーターを務める。
2005年12月31日、『第56回NHK紅白歌合戦』に「風花」で2度目の出場を果たす。母の「さとうきび畑」での番組史上初親子共演が話題となる。
平成18年度第73回NHK全国学校音楽コンクール中学校の部の課題曲「虹」を御徒町凧とともに作詞作曲(後にアルバムの初回限定版にセルフカヴァーを収録)。
2007年5月1日、ファンクラブ「直ちゃん倶楽部」を「N.C.R(直ちゃん倶楽部リターンズ)」に改名。
2008年12月『第50回日本レコード大賞』にて「生きてることが辛いなら」が作詞賞を受賞。
2010年1月9日公開の映画『真幸くあらば』にテーマ曲「真幸くあらば」、エンディング曲「僕らは死んでゆくのだけれど」を楽曲提供するだけでなく、音楽監督として参加し、映画全体の音楽を監修している。監督は御徒町凧。
2015年9月2日に、綾小路翔とユニット「綾小路翔と森山直太朗」でCDデビュー。
2015年10月から半年間の「活動小休止」。10月2日、東京・渋谷区で追突事故を起こしていたことが判明。
2016年4月20日、活動再開を発表。4月23日、『バナナマンのバナナムーンGOLD』でメディア出演を再開。
2018年5月17日、作曲家・ピアニストとして活動している平井真美子と結婚したことが明らかになった。

■エピソード

サッカーが上手く、プロを目指していた程。そのため歌手になる事は学生時代に考えたことがなかった。
サッカー好きが高じて2012年に当時FCバルセロナに所属していた元スペイン代表のアンドレス・イニエスタをテーマにした「そしてイニエスタ」という曲を作った。2018年にそのイニエスタがヴィッセル神戸に入団することになりこの曲が話題となった。

■楽曲提供
森山良子
「マザーアース」(2005年7月20日)
作詞:御徒町凧 / 作曲:森山直太朗 / 編曲:渡辺俊幸
「今」(2016年4月6日)
作詞・作曲:森山直太朗/ 御徒町凧 編曲:武部聡志
NHK全国学校音楽コンクール
「虹」(2006年)
作詞:御徒町凧 & 森山直太朗 / 作曲:森山直太朗 / 編曲:信長貴富
※平成18年度NHK全国学校音楽コンクール中学校の部課題曲
中孝介
「花」(2007年4月11日)
作詞:御徒町凧 / 作曲:森山直太朗 / 編曲:河野伸
V6(井ノ原快彦)
「遠いところまで」(2010年3月31日)
作詞:御徒町凧 / 作曲・編曲:森山直太朗
土岐麻子
「鎌倉」(2010年5月26日)
作詞:御徒町凧、土岐麻子 / 作曲:森山直太朗 / 編曲:高田漣
赤えんぴつ
「こいのぼり」(2011年)
作詞・作曲:森山直太朗
※CDなどの音源化はされていないが、バナナマンのライブDVD「emerald music」にて、赤えんぴつの歌唱シーンが収録されている。
石川さゆり
「空を見上げるとき」(2014年4月23日)
作詞:御徒町凧 / 作曲:森山直太朗 / 編曲:倉田信雄
SMAP
「One Chance!」(2014年9月3日)
作詞・作曲:森山直太朗、御徒町凧 / 編曲:清水俊也

■ライブ
キャラメル通りの配達夫(2003年)
コアライブツアー『笑えない冗談』(2004年1月16日 - 4月10日 19会場20公演)
スターツアー2004『地球はたぶん球体じゃない』(2004年6月3日 - 7月29日 24会場25公演)
学園祭ツアー2004『カレーライスが不意に食べたくなったんだ』(2004年10月23日 - 11月20日 6会場6公演)
劇場公演『森の人』(2005年2月2日 - 2月17日 2会場13公演)
コンサートツアー2005『君は五番目の季節』(2005年7月3日 - 9月15日 31会場35公演)
その後、「コンサートツアー2005~2006『君は五番目の季節』追加公演」(2005年12月20日 - 2006年3月29日 28会場28公演)を開催。通常公演と追加公演を合わせると計59会場63公演にものぼり、直太朗史上最大のライブツアーとなった。
ファンクラブツアー2007『さよなら直ちゃん倶楽部~おならじゃないのZeppなの~』(2007年1月12日 - 1月14日 2会場2公演)
ワールドツアー2007『全ての柔らかいモノのために』(2007年2月10日 - 6月20日 43会場46公演)
最終公演は台湾の「台北インターナショナルコンベンションセンター」でおこなった。
楽天世界遺産劇場『姫路城Special Concert』(2007年11月12日)
コンサートツアー2008『諸君!?』(2008年4月12日 - 7月24日 30会場35公演)
本公演の最終を沖縄で敢行。その後7月23日、24日に東京渋谷「C.C.Lemonホール」にて「東京最終公演」
を行った。
アコースティックリクエストFCツアー'08 「Zeppで歌わナイト(ハート)~ここは俺に任せてお前たちは先に行け~」 ・・長い!!長いっす!!勝手ながら、俺任(おれまか)ツアーと呼ばせていただいておりますが(笑)!!!(2008年9月8日 - 9月24日 6会場7公演)
楽天世界遺産劇場『日光東照宮Special Concert』(2008年10月11日・12日)
コンサートツアー2009『どこまで細部になれるだろう』(2009年4月16日 - 10月12日 47会場51公演)
アコースティックリクエストFCツアー'09『Zeppで歌わナイト(ハート)~こんな俺でごねんめm(_ _)m~』(2009年12月10日 - 12月21日 6会場7公演)
森山直太朗ファンクラブツアー2010 『それじゃあみなさん、こんにちは』(2010年6月23日 - 7月18日 11会場12公演)
コンサートツアー2010『真っ白い鳩を九十九羽飼っていて』(2010年9月1日 - 12月17日 26会場26公演)
森山直太朗ファンクラブツアー2011「ロックンロールホスピタル」(2011年6月13日 - 7月10日 10会場12公演)
コンサートツアー2011『乗り遅れた電車を見送るペンギンよ』(2011年8月20日 - 12月20日 31会場32公演)
10thアニバーサリーツアー2012『洪積世ボーイ』(2012年4月27日 - 7月7日 11会場11公演)
森山直太朗劇場公演『とある物語』(2012年10月5日 - 11月4日)
w/斉木しげる/清水宏/鶴田真由/点子
森山直太朗ファンクラブツアー2012 「年男はつらいよ~直太朗アニバーサリーやつれ」(2012年11月20日 - 12月16日)
森山直太朗コンサートツアー2013~14『自由の限界』(2013年10月19日 - 2014年2月16日)
コンサートツアー2015『西へ』(2015年1月30日 - 6月24日)
SPACE SHOWER TV "LIVE with YOU" ~森山直太朗~(2016年6月9日)
ファンクラブツアー2016「わくわく♪お楽しみ会」(2016年6月14日 - 7月27日)
森山直太朗 15thアニバーサリーツアー『絶対、大丈夫』(2017年1月27日 - 7月29日)
森山直太朗劇場公演『あの城』(2017年9月14日 - 10月1日)
出演イベント
2003年6月1日 - INGNI presents FUNKY802 14th Anniversary Special Jive the Keys
2003年6月21日 - 第3回 うたの日コンサート
2004年5月30日 - 80215 special INGNI presents Songs Letters -Dear J-STANDARD-
2004年8月6日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2004
2004年8月28日 - SOUND MARINA 2004 in SAKA ~Feel the voice 3~
2004年8月29日 - J-WAVE LIVE 2000+4
2005年8月21日 - J-WAVE LIVE 2000+5
2006年8月18日 - J-WAVE LIVE 2000+6
2006年9月17日 - RADIO BERRY ベリテンライブ2006 Special
2007年8月18日 - J-WAVE LIVE 2000+7
2008年8月2日・9日 - 情熱大陸 SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA'08
2008年8月17日 - J-WAVE LIVE 2000+8
2008年8月18日 - 坂崎幸之助のお台場フォーク村デラックス 第21夜 さだまさしライブ 三十五年坂(崎)
2009年8月1日・8日 - 情熱大陸 SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA'09
2010年7月25日 - お台場合衆国2010~笑うBayには福きたる!!~ めざましライブ
2010年7月31日・8月7日 - 情熱大陸 SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA'10
2011年8月5日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2011
2012年4月10日 - The Birthday Party in Masashi Super Arena -60人のまさしくんWORLD-
2013年4月20日 - J-WAVE 25th ANNIVERSARY TOKYO Guitar Jamboree
2013年4月28日 - 日比谷野音空想旅団
2013年9月14日 - 氣志團万博2013 ~房総爆音梁山泊~
2014年8月14日 - お台場新大陸2014 めざましライブ
2014年9月13日 - 氣志團万博2014 ~房総大パニック ! 超激突!!
2014年10月12日 - ザンジバルナイト 2014
2014年11月19日 - The Covers Presents「The Covers'Fes.~今夜はCover Song Night~」
2015年3月12日 - FFA フォーク・デイズ~第92章 フォークソングは世代を超えて~
2015年8月5日 - a-nation island 坂崎幸之助のももいろフォーク村デラックス
2015年9月19日 - 氣志團万博2015 ~房総 ! 抗争 ! 天下無双 ! 妄想 ! 狂騒 ! 大暴走 ! ~
2016年8月20日 - J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2016
2016年9月18日 - 氣志團万博2016 ~房総ロックンロール・チャンピオン・カーニバル~ Presented by シミズオクト
2017年10月29日 - テレビ朝日ドリームフェスティバル2017
2018年3月10日 - J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE ~YOUNGBLOOD~

■主な出演
CM
ウィルコム 企業CM
アサヒビール アサヒスタイルフリー
『登場篇』 (2007年3月27日 - )
『飛行機雲篇』 (2007年3月27日 - ) 吹石一恵と共演
テレビ番組
スポーツ酒場 語り亭(NHK BS1、2013年6月1日)
ラン×スマ 街の風になれ(NHK BS1、2013年7月6日・13日 2014年5月31日・6月7日) 仙台国際ハーフマラソンを完走
SWITCHインタビュー 達人達(NHK BS1、2014年11月1日) バカリズムと対談

■テレビドラマ
HERO (テレビドラマ) 第2期-第1話(フジテレビ、2014年7月14日) 大西祐二 役

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
森山直太朗を「ウィキペディア」で参照する