大貫勇輔 おおぬきゆうすけ

「大貫勇輔」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「大貫勇輔」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「大貫勇輔」に関連するモデルプレス記事

大貫勇輔のSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

大貫勇輔のプロフィール

大貫 勇輔(おおぬき・ゆうすけ)

生年月日:1988年8月31日
出身:神奈川県

ダンサー、俳優。ホリプロ所属。趣味は旅行、映画鑑賞。特技はアクロバット。

■略歴・人物
7歳よりダンスを始め、17歳よりプロダンサーとして数々の作品に出演。バレエ・ジャズ・コンテンポラリー・モダン・ストリート(ブレイク・ポップ・ハウス・ロッキング・ヒップホップ)・アクロバット・体操など、多岐に渡るジャンルのダンスを踊りこなす。

祖父は、オリンピックの体操種目予選に出場、叔母や母も元体操選手という生粋のサラブレッド。

2011年ミュージカル『ロミオとジュリエット』で演出家の小池修一郎に見いだされ、死のダンサー役に大抜擢。2012年にはミュージカル『キャバレー』で藤原紀香の相手役に抜擢され、俳優デビュー。シャディ社のCMでもその身体能力の高さを活かし、「シャディの勇輔くん」として好評を博した。

イスラエルで最も注目を集めるアーティストであるインバル・ピントや、コンテンポラリーダンスの巨匠マシュー・ボーンといった演出家にも抜擢されるなど、世界的に評価が高い。

■出演
・舞台
ミュージカル 「ロミオ&ジュリエット」(2011年9、10月 演出:小池修一郎)- 死役
ミュージカル「キャバレー」(2012年3、4月 演出:小池修一郎)- クリフ役
ダンス公演「XY2(クロス)」(2012年10月)
100万回生きたねこ(2013年1月 -2月 演出:インバル・ピント&アブシャロム・ポラック)
マシュー・ボーンの「ドリアン・グレイ(英語版)」(2013年7月 原作:オスカー・ワイルド『ドリアン・グレイの肖像』、演出・振付:マシュー・ボーン)- 主演
朗読劇 私の頭の中の消しゴム7th letter(2015年5月3日、4日 演出:岡本貴也)- 主演
喜びの歌(2016年8月24日~28日 演出:鈴木勝秀)- ジンダンジ役
梅棒 6th OPUS『GLOVER』
ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(2017年1月 - 3月、演出:小池修一郎)- 死役 
柚希礼音コンサート「REON JACK2」(2017年3月 - 4月、梅田芸術劇場メインホール / パシフィコ横浜国立大ホール / 福岡市民会館)
ミュージカル『メリー・ポピンズ』(2018年3月 - 5月、東急シアターオーブ / 5月 - 6月、梅田芸術劇場 メインホール) - バート 役  ※ 柿澤勇人とのダブルキャスト

・CM
KIRIN「ワインスプリッツァ!」(2012年)
シャディ社 お中元、お歳暮「シャディの勇輔くん」(2012年)

・テレビドラマ
月曜ゴールデン特別企画 隣の女(2014年5月19日、TBS) - 岸井 役
セカンド・ラブ(2015年2月 - 3月、テレビ朝日) - 一之瀬佑都 役
プレミアムドラマ ある日、アヒルバス 第3話、最終話(2015年7月19日、8月23日、NHK BSプレミアム) - 涼太 役
水曜ドラマ 高嶺の花 第7話、(2018年8月22日、日本テレビ) - 神宮兵馬 役

・DVD
大貫勇輔「Challenger~新たなる世界へ~」(2013年12月30日、ホリプロ)
大貫勇輔「Challenger~ドイツ編~」(2014年10月8日、ホリプロ)
大貫勇輔「Challenger ~さらなる高みへ~」(2015年7月17日、ホリプロ)
「Clementia ~クレメンティア:相受け入れること、寛容~」(2016年4月20日、ホリプロ)
「Clementia vol.3~クレメンティア:相受け入れること、寛容~」(2017年6月14日、ホリプロ)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
大貫勇輔を「ウィキペディア」で参照する