平子理沙(ひらこりさ)

「平子理沙」に関連するモデルプレス記事

  1. “美のカリスマ”SHIHO&平子理沙が初共演 私生活公開で驚き続出

    モデルプレス

  2. ダレノガレ明美、“お金をかけ過ぎた”自宅をテレビ初公開 

    モデルプレス

  3. 平子理沙、おしゃれ過ぎる自宅をテレビ初公開でスタジオ騒然

    モデルプレス

  4. 平子理沙、元夫・吉田栄作と復縁の可能性は?

    モデルプレス

  5. 平子理沙、新しい恋に言及 美の秘訣も明かす

    モデルプレス

  6. 平子理沙の指先に“6億円”特大ダイヤモンド光る

    モデルプレス

  7. 平子理沙のくびれ修正疑惑を公開検証 りゅうちぇる驚愕の結果に

    モデルプレス

  8. 平子理沙、ベッカムと2ショット公開 美デコルテ際立つドレス姿に絶賛の声

    モデルプレス

  9. 平子理沙、ピンクヘアでジャスティン・ビーバーの3年ぶり来日公演に参戦

    モデルプレス

  10. 平子理沙、ピンクのビキニ姿で美ボディ大胆披露「リアルバービー」と話題

    モデルプレス

  11. 平子理沙、SEXYバニーで大胆“ギリギリ”ショット公開「極上ボディ」「たまらない」の声

    モデルプレス

  12. 平子理沙、SEXYランジェリーで色気全開 ファンを悩殺

    モデルプレス

  13. 平子理沙、SEXYコスプレ姿披露「ラムちゃん風だっちゃ」

    モデルプレス

  14. 平子理沙、元夫・吉田栄作と「ワイワイおしゃべり」離婚後も続く仲良しプライベートに反響

    モデルプレス

  15. 平子理沙&野崎萌香の美髪の秘訣とは こだわり&ケアテクを明かす

    モデルプレス

  16. 平子理沙、金髪に大胆イメチェン ファンから反響続々「違う雰囲気」「美しすぎる」

    モデルプレス

  17. 平子理沙、“ガン白肌”を保つ努力とは

    モデルプレス

  18. 平子理沙、離婚騒動の裏側告白で共演者驚き

    モデルプレス

  19. 吉田栄作、平子理沙との離婚後初の公の場 心境明かす

    モデルプレス

  20. 平子理沙、吉田栄作との離婚理由を説明 不倫報道にも言及

    モデルプレス

関連する雑誌

平子理沙のプロフィール

平子理沙(ひらこりさ)
別名 平子理彩
出身地 日本・東京都
血液型 A型
公称サイズ(2008時点)
身長 / 体重 164 cm / ― kg

平子 理沙(ひらこ りさ)は、日本のファッションモデル、タレント。ハーモニープロモーション業務提携。

■来歴
・小学4年生まで成城学園に通っていたが、両親の「英語を勉強させたい」という意向でインターナショナルスクールへ転校、15歳のときアメリカ合衆国に留学、ロサンゼルス市 Bel-Air の私立高校を経て、コミュニティ・カレッジであるサンタモニカカレッジに進学した。カレッジではアートを専攻、インテリアにも凝っている。

・同校在学中の1990年、フジテレビ主催の「第1回日本美人大賞」でグランプリを受賞して芸能界入りする。(同賞からは、準グランプリとなった4人による「C.C.ガールズ」が結成されている。)

・その後はフジテレビF1中継(F1グランプリ)のレポーターや『F1ポールポジション』といった番組に出演する一方で、雑誌「JJ」でモデルデビュー。以後モデル業を中心に、テレビ、ラジオ、音楽などの様々なジャンルで活躍中である。

・1997年に俳優の吉田栄作と結婚。

・2008年3月、「乳がん撲滅チャリティ 蜷川実花が撮った10人のヌード 10WOMEN」に参加。

・母親はネイリストの平子禧代子(きよこ)。

■雑誌
・「GLAMOROUS」 (講談社)
・「sweet 10月号」 (宝島社)
・「mina」(主婦の友社)
・「JJ 11月号」 (光文社)
・「ViVi 11月号」 (講談社)
・「MAQUIA 11月号」 (集英社)
・「MORE」(集英社)
・「with」(講談社)
・「CLASSY」(光文社)
・「美人百花」(角川春樹事務所)
・「ジェラートピケ Mook」 (主婦の友社)
・「REBECCA TAYLOR 2009 A/W Mook」 (宝島社)

■写真集
・平子理沙写真集『Etoile(エトワール)』 (GLAMOROUS BOOK)
・平子理沙 ビューティBOOK 『Little Secret』

■CM
・ケンタッキーフライドチキン(2009年12月~)

■TV
テレビ朝日「BeauTV」

■ラジオ
Tokyo FM「丸の内 Precious Life」

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.

平子理沙を「ウィキペディア」で参照する