時代劇出演中の俳優が過去のいじめ疑惑認めて謝罪「許されない行動だった」

時代劇出演中の俳優が過去のいじめ疑惑認めて謝罪「許されない行動だった」

2021.03.03 23:38
0
0

俳優ジスが過去の校内暴力を認めて謝罪した。



ジスは4日、自身のSNSに投稿した直筆の謝罪文で「私のせいで苦しんだ方々に心から謝罪申し上げます。過去に犯した非行については、いかなる弁明の余地もありません。許されない行動でした」と過去の校内暴力疑惑を認めた。

続いて「演技を始めながら、私の過去に蓋をしたまま大衆から過分な関心を受けてここまで来たようです。しかし、心の片隅では過去への罪悪感がいつも存在し、元に戻すには遅すぎる後悔が私にはいつも大きな不安として存在してきました。暗い過去に常に押しつぶれてきました」と告白した。

ジスは「私個人の大きな過ちにより放送局と制作陣、俳優たち、ドラマの現場を黙々と守ってきたスタッフおよび関係者の方々に多大な被害を与えることが辛く、罪悪感を感じます。私のせいでドラマにこれ以上の被害がないことを切に願います。私により被害を受けたすべての方々にひざまずいて心からお詫びいたします」と謝罪した。

先立ってオンラインコミュニティにはジスが過去にいじめ加害者だったと主張する書き込みが投稿された。ジスと同じ学校出身だと明らかにした投稿者は「キム・ジスは今ではいい人のふり、あの独特の笑顔を浮かべてテレビに出てきているが、彼はいじめの加害者であり、暴力団やチンピラのようなものだった」とし「中学2年生から本格的に学校の不良グループとして君臨して、学校であらゆる悪事を犯した」と主張した。

以下はジスの謝罪文全文

私のせいで苦しんだ方々に心から謝罪申し上げます。過去に犯した非行については、いかなる弁明の余地もありません。許されない行動でした。

演技を始めながら、私の過去に蓋をしたまま大衆から過分な関心を受けてここまで来たようです。

しかし、心の片隅では過去への罪悪感がいつも存在し、元に戻すには遅すぎる後悔が私にはいつも大きな不安として存在してきました。暗い過去に常に押しつぶれてきました。

演技者として活動する私の姿を見ながら長いあいだ苦しまれてきた方たちに深く贖罪し、一生消すことのできない私の過去を反省して後悔しています。

私個人の大きな過ちにより放送局と制作陣、俳優たち、ドラマの現場を黙々と守ってきたスタッフおよび関係者の方々に多大な被害を与えることが辛く、罪悪感を感じます。私のせいでドラマにこれ以上の被害がないことを切に願います。

私により被害を受けたすべての方々にひざまずいて心からお詫びいたします。

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連リンク

関連記事

  1. もっと!コリア
  2. もっと!コリア
  3. もっと!コリア
  4. もっと!コリア
  5. もっと!コリア
  6. もっと!コリア
  7. エイベックス通信放送株式会社

「韓国エンタメ」カテゴリーの最新記事

  1. モデルプレス
  2. ABEMA TIMES
  3. もっと!コリア
  4. もっと!コリア
  5. もっと!コリア
  6. もっと!コリア
  7. もっと!コリア
  8. もっと!コリア