チャン・グンソク(C)モデルプレス、キム・スヒョン、コン・ユ、ソン・ジュンギ、チ・チャンウク/Getty Images

「今見ている韓国ドラマ」トップ20を発表 ダントツ1位はあの注目作

2020.08.25 19:00
0
1

大人気の「愛の不時着」「梨泰院クラス」に始まり、外出自粛やサブスク拡大の影響で韓国ドラマブームはとどまるところを知らず。そこでモデルプレスでは「今見ている韓国ドラマは?」をテーマに上記の2作以外を対象にWEBアンケートを実施。トップ20を発表する。

モデルプレス読者の「今見ている韓国ドラマ」トップ20

1位:「サイコだけど大丈夫」(157票)
2位:「スイッチ~君と世界を変える~」(108票)
3位:「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」(77票)
4位:「太陽の末裔 Love Under The Sun」(50票)
5位:「あやしいパートナー〜Destiny Lovers〜」(49票)
6位:「ロマンスは別冊付録」(34票)
7位:「恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~」 (33票)
8位:「ヒーラー~最高の恋人~」(27票)
10位:「青い海の伝説」(26票)
10位:「ボーイフレンド」(26票)
11位:「彼女はキレイだった」(24票)
12位:「相続者たち」(22票)
13位:「サム、マイウェイ」(20票)
15位:「彼女の私生活」(18票)
15位:「あなたが眠っている間に」(18票)
16位:「花郎<ファラン>」(17票)
17位:「ザ・キング:永遠の君主」(16票)
18位:「賢い医師生活」(15票)
19位:「100日の郎君様」(14票)
20位:「椿の花咲く頃」(11票)

回答数:1,080件
調査期間:2020年8月9日~8月14日

※「愛の不時着」「梨泰院クラス」以外の作品を募集。
※「スイッチ」「トッケビ」「太陽の末裔」など副題が無い回答も同じ作品として集計しています。

1位:「サイコだけど大丈夫」

 「サイコだけど大丈夫」キム・スヒョン、ソ・イェジ(画像提供:Netflix)
「サイコだけど大丈夫」キム・スヒョン、ソ・イェジ(画像提供:Netflix)
ダントツの1位となったのは、9日に韓国での放送を終了したばかりの「サイコだけど大丈夫」(2020)。Netflixにて世界同日配信されており、この夏はこのドラマを毎週楽しみに過ごしていた人も多いだろう。

新・韓流四天王の1人キム・スヒョンの除隊後復帰作となった本作は、精神病院の保護士と反社会性パーソナリティ障害の児童作家の一風変わったロマンティック・コメディ。2人の恋愛模様だけでなく、傷ついた人々がトラウマを克服していくヒューマンドラマ、ミステリー要素も加わり、映像美や少し変わった演出方法・ファッション性の面からも幅広い世代の支持を得る新感覚の作品となった。

<あらすじ>
ムン・ガンテ(キム・スヒョン)は、優しくてかっこいい、一見完璧な保護士。しかし幼い頃に親を亡くし、自閉症の兄・サンテ(オ・ジョンセ)のためだけに全てを捧げる生活を送っていた。ある日ガンテの病院に、自分勝手で凶暴な人気児童作家コ・ムニョン(ソ・イェジ)が、朗読会のためやってくる。病院で刃物を振るおうとしたムニョンを、自分が血を流してまで制止したガンテ。ムニョンはガンテが気になり、執拗にアプローチを開始するが…。

<読者コメント>
「弱ってる心にぐっとくる。誰もが完璧じゃないし、それでいいんだと思わせてくれる」
「単なるラブコメとは違い、人と人が支え合って癒しあえる独特の世界観のあるドラマ。自閉症の役を演じるオ・ジョンセさんの演技がとにかく素晴らしい」
「とにかくソ・イェジさんが美しい!!ファッションも凄く注目して見てしまいます!」
「サスペンス要素もあり、今後の展開を考察しながら見られて楽しい」
「童話の世界観とリンクした物語や舞台設定が新鮮」

<主な配信サービス>
Netflix

2位:「スイッチ~君と世界を変える~」

「スイッチ~君と世界を変える~」(C) SBS
「スイッチ~君と世界を変える~」(C) SBS
2位のチャン・グンソク主演「スイッチ~君と世界を変える~」(2018)は、グンソクの入隊前最後の主演作。今年6月に除隊し、「#おかえりグンちゃん」がTwitterトレンド入りするほどだった“アジアのプリンス”。変わらぬ強固な人気がよく分かる結果となった。

本作でグンソクは、天才詐欺師と堅物検事という一人二役に初挑戦。正反対の役柄を見事演じ分け、痛快な騙し合いエンターテインメントで新境地を開拓した話題作だ。

<あらすじ>
検事のペク・ジュンス(チャン・グンソク)は車を運転している最中、トラックにぶつかり意識を失ったまま病院に運び込まれる。時を同じくして、ある島で開かれている賭博場にペク検事が現れる。その男はペクにそっくりな詐欺師サ・ドチャン(チャン・グンソク)だった。ドチャンは賭博場のお金を巻き上げるが、ひょんなことから出会ったペクの後輩検事オ・ハラ(ハン・イェリ)に「ペク検事の代わりに重要な案件を担って欲しい」と提案され…。

チャン・グンソク (C)モデルプレス
チャン・グンソク (C)モデルプレス
<読者コメント>
「一人二役のチャン・グンソクは見ていて違う役者さんかと思うくらい、演じ分けていて違和感なしで流石です」
「視聴者まで騙されるような展開に毎回ドキドキハラハラしながら観ています!」
「テンポの良さ。悪を暴く爽快さに人間ドラマも盛り込まれてる」
「詐欺士だけど正義を追求していて、本当の悪を追い詰めていくところが痛快!」
「チャン・グンソクとハン・イェリのコンビが良い!」

<主な配信サービス>
Amazonプライム、TSUTAYA TV

3位:「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」

「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」(C) STUDIO DRAGON CORPORATION
「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」(C) STUDIO DRAGON CORPORATION
放送から4年、世界中で語り継がれる傑作ドラマ「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」(2016)が3位にランクイン。不滅の命を生きる鬼(トッケビ)と少女の純愛を描き、韓国ドラマを代表する感動作の1つとなった本作。夏休みにもう一度ゆっくり見返しているという人もいるようで「何回見ても飽きない」「10回目です!」などの声も届いた。

<あらすじ>
高麗時代の英雄だったキム・シン(コン・ユ)は、王に逆賊とみなされ命を落とすが、神の力によってトッケビとして不滅の命を生きることとなる。彼を永遠の命から解き放つことができるのはいつか現れる“トッケビの花嫁”のみ。900年以上の時が経った現代、女子高生・ウンタク(キム・ゴウン)に出会ったシンは、ウンタクに自分がトッケビだと気づかれたことから「彼女がトッケビの花嫁なのではないか」と心が揺らぎ始め…。

「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」(C) STUDIO DRAGON CORPORATION
「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」(C) STUDIO DRAGON CORPORATION
<読者コメント>
「ファンタジーなのにこれまでにないほど感動して泣きます」
「トッケビとウンタクにキュンキュンが止まらない!そしてとにかく毎話号泣」
「トッケビと死神のブロマンスも最高!2人ともスタイル良すぎるしかっこよすぎる!」
「恋愛だけではなく、人間の生と死など、いろんなことを考えさせられる」
「900年前と現在が交差する展開がほかのドラマにはない面白さ!」

<主な配信サービス>
Netflix、Amazonプライム、U-NEXT、ABEMA、Paravi、Hulu、dTV、TSUTAYA TV、FOD

4位:「太陽の末裔 Love Under The Sun」

「太陽の末裔」 Licensed by Next Entertainment World(C)2016 Descendants of the Sun SPC
「太陽の末裔」 Licensed by Next Entertainment World(C)2016 Descendants of the Sun SPC
4位は「トッケビ」も手掛けたヒットメーカー、キム・ウンスク脚本の「太陽の末裔 Love Under The Sun」(2016)。特殊任務を担う軍人・シジンと女医・モヨンの大人の恋愛を壮大スケールで描く。架空の紛争地域“ウルク”で襲いかかる様々な困難に立ち向かうシジンとモヨン。メインの2人だけでなく、軍人同士で恋に落ちるセカンドカップルにもファンが多く、「愛の不時着」のように屈強な軍人たちのかっこよさも見どころ。

<あらすじ>
ひょんなことから出会った軍人ユ・シジン(ソン・ジュンギ)と医師カン・モヨン(ソン・ヘギョ)は、すぐさま意気投合し恋に落ちるが、シジンの急な任務をきっかけに2人は離れ離れに。一度は終わったと思われた恋だったが、8か月後、2人は紛争地域で運命的な再会を果たして―。

<読者コメント>
「壮大なストーリーと2組のカップルの行方、男の友情…文句なしのユ・シジン大尉のカッコよさ!」
「主人公の友人のセカンドカップルも見どころ!軍人同士の恋がドキドキ」
「主人公のユ・シジンが『愛の不時着』のリ・ジョンヒョク大尉みたいにかっこいい!」
「軍人と医者の恋っていう設定がまず抜群にいいし、すれ違いながらちょっとずつ近づいてくストーリーが最高です」
「“世紀のカップル”ソンソンカップルが眼福すぎます。ギリシャロケの景色とマッチして綺麗すぎる」

<主な配信サービス>
U-NEXT、dTV、FOD、Amazonプライム

5位:「あやしいパートナー~Destiny Lovers~」

「あやしいパートナー~Destiny Lovers~」((C) SBS
「あやしいパートナー~Destiny Lovers~」((C) SBS
今や“メロ職人”とも称されるチ・チャンウク主演作「あやしいパートナー~Destiny Lovers~」(2017)が5位にランクイン。島崎遥香が大ファンを公言し話題にもなった、ラブコメの名手チャンウクの人気をうかがわせる結果に。敏腕検事と研修生、まさかの出会いから恋愛に発展していく胸キュン要素が満載の本作。ラブシーンだけでなく司法ドラマとしての面白さもしっかり楽しめる作品だ。

<あらすじ>
敏腕検事のジウク(チ・チャンウク)は、地下鉄でボンヒ(ナム・ジヒョン)に痴漢と間違われ、悲惨な目に。最悪の出会いをする2人だが、その後ジウクは、ボンヒが恋人に浮気をされてケンカをしている場面に遭遇。思わず救いの手を差し伸べる。3ヶ月後、ジウクは検事研修を受けにやってきたボンヒと再会。そんな中、ボンヒが恋人殺害容疑で逮捕されてしまう…。

<読者コメント>
「サスペンス要素もあり、女子がキュンキュンする全てが詰まっている!ヒロインの気持ちにも共感できる!」
「胸キュン要素はもちろん、ストーリーが面白くて見入っちゃう!展開も早くて面白い!」
「冷たい男だったはずのジウクが、ボンヒにデレッデレになるところが堪りません」
「アクションありLOVE要素あり、司法もの要素あり。とにかくチ・チャンウクがイケメンすぎる」
「メインキャスト4人の可愛さ・かっこよさに勝てるものはない。完璧!」

<主な配信サービス>
Amazonプライム、U-NEXT、ABEMA、Paravi、Hulu、dTV、TSUTAYA TV、FOD

6位:「ロマンスは別冊付録」

イ・ジョンソク、イ・ナヨン/Getty Images
イ・ジョンソク、イ・ナヨン/Getty Images
同じく新・韓流四天王イ・ジョンソクの入隊前最後の主演作品「ロマンスは別冊付録」(2019)。出版社を舞台にした本を作る人々のストーリーを描いたラブコメディー。年上女子と年下男子の恋愛が胸キュンポイント。

<あらすじ>
突然夫も家もお金もすべて失った37歳のカン・ダニ(イ・ナヨン)は結婚前の経歴を生かして再就職を試みるが、50回目の面接さえ落ちてしまう。解決するために弟同然の出版社編集長チャ・ウノ(イ・ジョンソク)の家に家事手伝いのふりをして入り込んだダニ。そこで出版社の業務支援チームの新入社員採用広告を手伝うことになるが…。

<読者コメント>
「舞台が出版社で現実的な設定かつ、幼なじみから年下彼氏になるトキメキがたまらない!」
「とにかく年下彼氏のイ・ジョンソクがかっこよくて可愛い」
「おしゃれな雰囲気のドラマ!イ・ジョンソクのファッションにも注目です」

<主な配信サービス>
Netflix

7位:「恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~」

「恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~」(C)MUSIC K. all rights reserved.
「恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~」(C)MUSIC K. all rights reserved.
「恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~」(2016)は、体育大学を舞台にキラキラとした青春とキュンキュンの恋愛が描かれるロマンティック・コメディ。若手人気俳優ナム・ジュヒョクの“走り出したら止まらない”恋心に、胸キュンをたっぷり堪能できる。

<あらすじ>
ハノル体育大学の重量挙げ部の期待の星、キム・ボクジュ(イ・ソンギョン)は水泳部のトップ選手で女子に大人気のチョン・ジュニョン(ナム・ジュヒョク)と勘違いからトラブルに。そのことがきっかけでジュニョンはボクジュが小学校の同級生で、自分を助けてくれた怪力のおデブちゃんだったことに気づく。それ以来、ボクジュの姿を見かけてはわざと昔のあだ名で呼んでからかうジュニョンだが、実はボクジュの行動が気になって仕方がなく…。

<読者コメント>
「ひたすら可愛くて、とにかくキュンキュンする!」
「初々しい恋が可愛くて、めちゃくちゃ青春!!」
「誰もが憧れる初々しい恋愛。ニヤニヤとまりません」

<主な配信サービス>
Netflix、Amazonプライム、U-NEXT、ABEMA、Paravi、Hulu、dTV、TSUTAYA TV、FOD

8位:「ヒーラー~最高の恋人~」

 チ・チャンウク(Photo by Getty Images)
チ・チャンウク(Photo by Getty Images)
チャンウクが迫力あるアクションを見せ、KBS演技大賞男性人気賞を受賞した「ヒーラー~最高の恋人~」(2014)。国内外から支持される人気俳優としての地位を築いた作品。ヒロインは「キム秘書はいったい、なぜ?」でもおなじみのパク・ミニョン。

<あらすじ>
闇の便利屋「ヒーラー」ことソ・ジョンフ(チ・チャンウク)は、どんな依頼も完璧にこなす業界屈指のレジェンド。そんな彼のもとに、三流インターネット新聞「サムデーニュース」の熱血記者チェ・ヨンシン(パク・ミニョン)を捜してほしいという依頼が入る。彼女の身辺を調べるうち、その過去を知り、気になり出したジョンフは、新人記者パク・ボンスとして彼女の職場に潜入。ヨンシンは後輩ボンスに心を許しつつ、自分の危機に現れる正体不明の男、ヒーラーに惹かれていくが…。

<読者コメント>
「チ・チャンウクのアクションシーンが本当にかっこいい!」
「チ・チャンウクとパク・ミニョンのラブシーンがたまりません」
「ヒーローのように守ってくれるチ・チャンウクが最高です。スリルがあり、ストーリーも面白い!」

<主な配信サービス>
Amazonプライム、U-NEXT、ABEMA、Paravi、Hulu、dTV、TSUTAYA TV、FOD

10位:「青い海の伝説」

「青い海の伝説」(C) STUDIO DRAGON CORPORATION
「青い海の伝説」(C) STUDIO DRAGON CORPORATION
「青い海の伝説」(2016)は、新・韓流四天王の1人で絶大人気のイ・ミンホが天才詐欺師役となり、人魚と恋に落ちるファンタジーロマンス。脚本は「愛の不時着」のパク・ジウンで、スペインと韓国で撮影された壮大スケールのラブストーリー。

<あらすじ>
1598年、美しい人魚セファ(チョン・ジヒョン)は、権力者で商人のヤンに捕まってしまう。ヤンは県令のキム・タムリョン(イ・ミンホ)に取り入るため人魚を見せるが、人魚を哀れに思ったタムリョンは、人魚を自由にするよう命じる。時は流れ、現代のソウル。タムリョンはホ・ジュンジェ(イ・ミンホ)という詐欺師に生まれ変わっていた。ジュンジェはある日、スペイン滞在中に、ホテルの部屋で見知らぬ女性を発見。それは、初めて陸に上がってきた人魚(チョン・ジヒョン)だった…。

<読者コメント>
「人魚と人間が惹かれあっていく姿がキュンキュンする
「イ・ミンホとチョン・ジヒョンが美男美女すぎる」
「ファンタジーなのに、見ていると物語の世界に吸い込まれる感じがします」

<主な配信サービス>
Netflix、Amazonプライム、U-NEXT、ABEMA、Paravi、Hulu、dTV、TSUTAYA TV、FOD

10位:「ボーイフレンド」

 「ボーイフレンド」(C)STUDIO DRAGON CORPORATION
「ボーイフレンド」(C)STUDIO DRAGON CORPORATION
若手スター俳優パク・ボゴムと人気トップ女優ソン・ヘギョ、韓国ドラマ史上最高のビッグカップルと呼ばれるほど豪華な2人の初共演となった「ボーイフレンド」(2018)。ロマンチックなキューバの町並みとともに、敏腕女社長と純粋な部下社員の運命の切ない恋愛を美しく描く。

<あらすじ>
ホテル建設のためキューバを訪れていたトンファホテル代表スヒョン(ソン・ヘギョ)は、空いた時間にマレコンビーチの夕焼けを見ようと向かうが、途中でひったくりに遭い一文無しになってしまう。一方、アルバイトで集めたお金で旅行に来ていたジニョク(パク・ボゴム)は、スヒョンと知り合うことに。お互い誰なのかも知らない状況で惹かれあい、夢のようなひと時を過ごし韓国に帰国した2人。運命的にも、ジニョクの入社するホテルの社長がスヒョンであること、新入社員がジニョクであることを知った2人の距離は徐々に近づいていく。

<読者コメント>
「年下彼氏が可愛すぎる キュンキュンするけどとても切なくて涙します」
「格差のある2人の恋がキュンキュン」
「思ったことを素直に言葉にする部下と、心を許していく上司とのからみが見どころ。見ていて心洗われるドラマだと思います」

<主な配信サービス>
U-NEXT

後記

「愛の不時着」「梨泰院クラス」につづき、やはりNetflix強し。日本人にとって“イッキ見”が普通だった韓国ドラマだが、外出自粛期間にブームが巻き起こったことで新作への注目度も増し、「サイコだけど大丈夫」は同日配信の成功例として新たな道を見せつけたとも言えよう。

しかし、TOP10はNetflix配信作で独占されるかとも予想したが、意外にも10作品中5作品はNetflix配信無しの作品。もともと日本で根付いていたHuluや作品数が豊富なU-NEXTのシェアも感じさせる結果となった。

新作ではなく数年前の名作を挙げる声も多く、新・韓流四天王やチャン・グンソクなど人気俳優の作品はやはり注目されていることも判明。

地上波テレビでも多数特集されるなど、さらに沼を拡大中の韓国ドラマ。サブスク配信によってドラマ配信にも国境がなくなり、楽しみ方も多様化している今、これからの動向にも目が離せなさそうだ。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真をみることができます

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連リンク

関連記事

  1. 最注目韓ドラ「サイコだけど大丈夫」が凄い6つの理由 TWICE、BLACKPINKもハマった魅力に迫る
    最注目韓ドラ「サイコだけど大丈夫」が凄い6つの理由 TWICE、BLACKPINKもハマった魅力に迫る
    モデルプレス
  2. 「梨泰院クラス」「愛の不時着」の次に何見るか問題 10作品をレコメンド
    「梨泰院クラス」「愛の不時着」の次に何見るか問題 10作品をレコメンド
    モデルプレス
  3. 韓国の“キス職人”俳優5ピック「愛の不時着」ヒョンビンも【Part2】
    韓国の“キス職人”俳優5ピック「愛の不時着」ヒョンビンも【Part2】
    モデルプレス
  4. キスシーンが上手すぎる!韓国の“キス職人”俳優5ピック
    キスシーンが上手すぎる!韓国の“キス職人”俳優5ピック
    モデルプレス
  5. このワード使ってる?4つのセリフでわかる「あなたの褒め上手度」
    このワード使ってる?4つのセリフでわかる「あなたの褒め上手度」
    恋愛jp
  6. つい追いかけたくなる!「猫系女子」に男性が魅了されるワケ
    つい追いかけたくなる!「猫系女子」に男性が魅了されるワケ
    ハウコレ

「韓国エンタメ」カテゴリーの最新記事

  1. PENTAGON、3年ぶり日本公演開催決定 除隊後・ジンホの初参加フルイベント
    PENTAGON、3年ぶり日本公演開催決定 除隊後・ジンホの初参加フルイベント
    モデルプレス
  2. SEVENTEEN・TWICE・iKON…K-POP第3世代支えた“2015年組”迎える7周年の節目
    SEVENTEEN・TWICE・iKON…K-POP第3世代支えた“2015年組”迎える7周年の節目
    モデルプレス
  3. SEVENTEEN、“全員で再契約”も「1年近く悩みながら」「簡単じゃないんだと…」7年のジンクス乗り越え思い語る
    SEVENTEEN、“全員で再契約”も「1年近く悩みながら」「簡単じゃないんだと…」7年のジンクス乗り越え思い語る
    モデルプレス
  4. Stray Kids、デビューから現在までの歩みに迫る BE:FIRST・RYOKIらが“推す理由”も
    Stray Kids、デビューから現在までの歩みに迫る BE:FIRST・RYOKIらが“推す理由”も
    モデルプレス
  5. 東方神起、3年半ぶり「ELLE Japon」表紙登場 ファンに会えない間にハマったこと明かす
    東方神起、3年半ぶり「ELLE Japon」表紙登場 ファンに会えない間にハマったこと明かす
    モデルプレス
  6. 元BIGBANGのV.I、懲役1年6カ月が確定 民間刑務所に移監
    元BIGBANGのV.I、懲役1年6カ月が確定 民間刑務所に移監
    もっと!コリア
  7. ソ・イングク&オ・ヨンソ「美男堂-事件手帳」韓国で6月27日スタート 現場スチール公開
    ソ・イングク&オ・ヨンソ「美男堂-事件手帳」韓国で6月27日スタート 現場スチール公開
    もっと!コリア
  8. NCT 127、9人で東京ドーム公演へ コロナ感染のテイルが隔離終了
    NCT 127、9人で東京ドーム公演へ コロナ感染のテイルが隔離終了
    モデルプレス
  9. 【2022年5月】読者が「最もハマっているK-POP」ランキングを発表<1~10位>
    【2022年5月】読者が「最もハマっているK-POP」ランキングを発表<1~10位>
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事