(左上から時計回り)イ・ジョンソク、ヒョンビン、パク・ヒョンシク、パク・ボゴム、チョン・ヘイン(Photo by Getty Images)

韓国の“キス職人”俳優5ピック「愛の不時着」ヒョンビンも【Part2】

2020.05.16 09:53
0
4

“おうち時間”が長期化していることもあり、韓国ドラマの人気が急上昇中。ドラマに欠かせないキスシーンの名手を意味する“キス職人”を特集する第2弾では、近年人気を博しているホットな俳優たちをご紹介。

イ・ジョンソク

イ・ジョンソク(Photo by Getty Images)
イ・ジョンソク(Photo by Getty Images)
新・韓流四天王の1人で、色白・繊細なルックスが塩顔イケメンの代表格としても人気を誇るイ・ジョンソク。甘い子犬顔と濃厚なキスのギャップで視聴者をとろけさせている。

口角の上がったSEXYな唇で極上の“萌え”を提供しており、“子どもの頃にドラマや映画や少女マンガをよく見ていたため女性が喜ぶことをイメージしやすいのかも知れない”とインタビューで話したこともあるのだという。

数多くのラブコメドラマに出演してきたジョンソクだが、特に「あなたが眠っている間に」(2017)では雨に打たれながらの深いキスシーンが視聴者の胸を打った。そのほか“手錠キス”“首クイキス”など沢山のキスシーンでときめかせた「W-君と僕の世界-」(2016)や、「ピノキオ」(2014)での“手越しキス”の美しさも一見の価値ありだ。

「あなたが眠っている間に」
「あなたが眠っている間に」
<注目のロマンス作品>
ドラマ:「ドクター異邦人」「ピノキオ」「W-君と僕の世界-」「あなたが眠っている間に」「ロマンスは別冊付録」
映画:「ハナ ~奇跡の46日間~」「君に泳げ!」

パク・ヒョンシク

パク・ヒョンシク(Photo by Getty Images)
パク・ヒョンシク(Photo by Getty Images)
ボーイズグループZE:Aのメンバーで、「花郎<ファラン>」(2016)で共演したBTS・Vやパク・ソジュンとは親友同士のパク・ヒョンシク。今や韓国のロマンティック・コメディには無くてならない存在となり、“キスの達人”とも言われている。

ドラマ「SUITS/スーツ~運命の選択~」では日本版でHey! Say! JUMPの中島裕翔演じる新人弁護士役を務めており、中島と同じように洗練された美しいキスシーンがヒョンシクの魅力だ。

2017年を代表するヒット作となり、彼の人気を証明したドラマ「力の強い女 ト・ボンスン」は、背の低いパク・ボヨンとの身長差キスの数々が胸キュンそのもの。中でも“チョコレートキス”のラブラブぶりは女子なら誰もが憧れるだろう。

「力の強い女 ト・ボンスン」
「力の強い女 ト・ボンスン」
<注目のロマンス作品>
ドラマ:「相続者たち」「家族なのにどうして~ぼくらの恋日記~」「上流社会」「花郎<ファラン>」「力の強い女 ト・ボンスン」「SUITS/スーツ~運命の選択~」

チョン・ヘイン

チョン・ヘイン(C)FNC ENTERTAINMENT JAPAN
チョン・ヘイン(C)FNC ENTERTAINMENT JAPAN
ここ数年で人気が急上昇した旬のイケメンと言えばチョン・ヘイン。「愛の不時着」のソン・イェジンとの胸キュンラブストーリー「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」(2018)では、長身×ベビーフェイスの魅力が炸裂。オトナ女子と年下男子によるお家でいちゃいちゃからの濃厚キス…という誰もが一度は経験してみたいシチュエーションがたっぷり描かれ、年下ブームを巻き起こした。

同作では真っ白な雪の中に倒れての“雪原キス”も話題に。一躍キス職人の仲間入りを果たしたヘインは、昨年の「ある春の夜に」や、韓国で放送を終えたばかりの「半分の半分」など、続々恋愛ドラマの主演に抜擢されている。

「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」(2016)で共演したキム・ゴウンと恋人役を演じた映画「ユ・ヨルの音楽アルバム」(2019)は、じんわり切ない恋を美しい映像で描き、2人のキスがほっこりポイントとなっている。

「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」(C)Jcontentree corp. all rights reserved
「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」(C)Jcontentree corp. all rights reserved
<注目のロマンス作>
ドラマ:「あなたが眠っている間に」「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」「ある春の夜に」「半分の半分」
映画:「ユ・ヨルの音楽アルバム」

パク・ボゴム

パク・ボゴム(C)BLOSSOM Entertainment
パク・ボゴム(C)BLOSSOM Entertainment
端整なわんこフェイスと誠実な人柄で日本でも大人気のパク・ボゴム。韓国では“国民の彼氏”と呼ばれるほどで、「梨泰院クラス」にもカメオ出演。彼も爽やかさと濃厚さを併せ持つキスで多くの人の心を虜にしている。

ブレイクを果たした「恋のスケッチ~応答せよ1988~」(2015)では、幼馴染だと思っていたGirl's Day・ヘリ演じるヒロインとの衝動的で熱いキスシーンが話題に。時代劇に挑戦した宮中ロマンス「雲が描いた月明かり」(2016)では、美しい初キス、“添い寝キス”“コスモス畑キス”など印象的なシーンを多数生み出した。

またボゴムのキスシーンと言えば、スター女優ソン・ヘギョとの超豪華共演を果たしたドラマ「ボーイフレンド」(2018)。11歳年の離れた男女の運命の恋を描いた同作では、“歴代級キスシーン”と呼ばれる甘いキスを見ることができる。

「ボーイフレンド」(C)STUDIO DRAGON CORPORATION
「ボーイフレンド」(C)STUDIO DRAGON CORPORATION
<注目のロマンス作>
ドラマ:「のだめカンタービレ~ネイル カンタービレ」「恋のスケッチ~応答せよ1988~」「雲が描いた月明り」「ボーイフレンド」

ヒョンビン

ヒョンビン(Photo by Getty Images)
ヒョンビン(Photo by Getty Images)
最後は、まさに今「愛の不時着」でブームを巻き起こしているヒョンビンをピックアップ。同作で3度目のブレイクを果たしたと言われるヒョンビンも、ロマンティックシーンのベテランで天才だ。

「愛の不時着」しかり、ヒョンビンの魅力はやはり朴訥な性格の内に秘めたツンデレさではないだろうか。出世作「私の名前はキム・サムスン」(2005)でも、いつも尖っているのに気づけば彼女に深い愛情を注いでいる役で、年上女子たちのハートを鷲掴み、50%超えの視聴率を叩き出した。

同じく代表作の「シークレット・ガーデン」(2010)ではキスシーンの歴史に残る“カプチーノキス”(動画2:30~)が誕生し、バラエティ番組やテレビCMでパロディされまくることに。

また映画「レイトオータム」(2010)ではなんと約2分半に渡る美しいキスを堪能することができる。(modelpress編集部)

 「愛の不時着」(画像提供:Netflix)
「愛の不時着」(画像提供:Netflix)
<注目のロマンス作>
ドラマ:「私の名前はキム・サムスン」「雪の女王」「彼らが生きる世界」「シークレット・ガーデン」「ジキルとハイドに恋した私〜Hyed Jekyll. Me〜」「愛の不時着」
映画:「ふたつの恋と砂時計」「百万長者の初恋」「レイトオータム」「愛してる、愛してない」

【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真をみることができます

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連リンク

関連記事

  1. キスシーンが上手すぎる!韓国の“キス職人”俳優5ピック
    キスシーンが上手すぎる!韓国の“キス職人”俳優5ピック
    モデルプレス
  2. 「愛の不時着」人気爆発はなぜ?心鷲掴まれる“5つのポイント”とは
    「愛の不時着」人気爆発はなぜ?心鷲掴まれる“5つのポイント”とは
    モデルプレス
  3. 仲良しカップルでいたいなら「やってはいけないこと」
    仲良しカップルでいたいなら「やってはいけないこと」
    愛カツ
  4. このままじゃダメ!「惚れっぽい女子」が改善するべきポイント
    このままじゃダメ!「惚れっぽい女子」が改善するべきポイント
    ハウコレ
  5. 男性陣に「次のデートで彼女がやってくれたら絶対ドキドキしちゃうこと」を聞いてみた
    男性陣に「次のデートで彼女がやってくれたら絶対ドキドキしちゃうこと」を聞いてみた
    ハウコレ
  6. 恥ずかしすぎる!女性陣が「オンラインデート」でやらかしたこと
    恥ずかしすぎる!女性陣が「オンラインデート」でやらかしたこと
    愛カツ

「韓国エンタメ」カテゴリーの最新記事

  1. PENTAGON、3年ぶり日本公演開催決定 除隊後・ジンホの初参加フルイベント
    PENTAGON、3年ぶり日本公演開催決定 除隊後・ジンホの初参加フルイベント
    モデルプレス
  2. SEVENTEEN・TWICE・iKON…K-POP第3世代支えた“2015年組”迎える7周年の節目
    SEVENTEEN・TWICE・iKON…K-POP第3世代支えた“2015年組”迎える7周年の節目
    モデルプレス
  3. SEVENTEEN、“全員で再契約”も「1年近く悩みながら」「簡単じゃないんだと…」7年のジンクス乗り越え思い語る
    SEVENTEEN、“全員で再契約”も「1年近く悩みながら」「簡単じゃないんだと…」7年のジンクス乗り越え思い語る
    モデルプレス
  4. Stray Kids、デビューから現在までの歩みに迫る BE:FIRST・RYOKIらが“推す理由”も
    Stray Kids、デビューから現在までの歩みに迫る BE:FIRST・RYOKIらが“推す理由”も
    モデルプレス
  5. 東方神起、3年半ぶり「ELLE Japon」表紙登場 ファンに会えない間にハマったこと明かす
    東方神起、3年半ぶり「ELLE Japon」表紙登場 ファンに会えない間にハマったこと明かす
    モデルプレス
  6. 元BIGBANGのV.I、懲役1年6カ月が確定 民間刑務所に移監
    元BIGBANGのV.I、懲役1年6カ月が確定 民間刑務所に移監
    もっと!コリア
  7. ソ・イングク&オ・ヨンソ「美男堂-事件手帳」韓国で6月27日スタート 現場スチール公開
    ソ・イングク&オ・ヨンソ「美男堂-事件手帳」韓国で6月27日スタート 現場スチール公開
    もっと!コリア
  8. NCT 127、9人で東京ドーム公演へ コロナ感染のテイルが隔離終了
    NCT 127、9人で東京ドーム公演へ コロナ感染のテイルが隔離終了
    モデルプレス
  9. 【2022年5月】読者が「最もハマっているK-POP」ランキングを発表<1~10位>
    【2022年5月】読者が「最もハマっているK-POP」ランキングを発表<1~10位>
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事