“音源女王”の異名を持つ赤頬思春期とは K-POP界で異彩を放つ2人組に迫る<インタビュー>

アン・ジヨンとウ・ジユンからなる、韓国発2人組女性デュオ「赤頬思春期」(アカホオシシュンキ)。自ら作曲・作詞・演奏を行い、独特な感性と透明感あふれる歌声で多くのファンを獲得している。本国ではリリースの度にストリーミングチャートを席巻し続け、“音源女王”とのキャッチコピーも。そんな「赤頬思春期」にモデルプレスが迫る。
“音源女王”の異名を持つ赤頬思春期とは K-POP界で異彩を放つ2人組に迫る<インタビュー>(提供画像)
“音源女王”の異名を持つ赤頬思春期とは K-POP界で異彩を放つ2人組に迫る<インタビュー>(提供画像)

赤頬思春期とは

本国ではBolbbalgan4(通称:BOL4)として人気を集めている赤頬思春期。歌って踊るダンスグループのイメージが強いK-POPだが、彼女たちは「思春期の記憶・残像」をテーマに自ら作詞・作曲・演奏を行う。

2016年に韓国でデビューすると、その類稀な才能がまたたく間に開花。1stアルバム「RED PLANET」に収録されている「Galaxy(宇宙をあげる)」は韓国内の多数の音楽ランキングで1位を獲得。その後も立て続けにヒットを重ね、多くの主要アワードで受賞を果たし、名実ともにスターダムに登り詰めた。


2019年6月には「RED PLANET(JAPAN EDITION)」で日本デビューを果たすと、ビッグフェスにも出演。2020年1月15日(水)には初となる日本オリジナル楽曲「LOVE」をリリースする。独特な感性とジヨンの透明感溢れる歌声で生み出される楽曲は“唯一無二”の存在感を放ち、聴く者の心を癒し魅了している。

その他の楽曲を聴いてみる


待望の日本オリジナル楽曲が完成

― 初となる日本オリジナル曲「LOVE」のリリース決定おめでとうございます!まずは「LOVE」の楽曲についてお聞きできますか?

「LOVE」は“愛”をなかなか理解できなくて苦悩する青春時代を思い出しながら作りました。キュートでハツラツとした歌詞とメロディーの裏には、「難しいけど知りたい」「恋をしなければならない」という思いを収めています。皆さんがそれぞれ持っている“愛の定義”を当てはめてみると、より面白くて甘い曲になるんじゃないかなと思います。

― 日本語でのレコーディングで苦労したことはありましたか?

韓国語で書いた歌詞を日本語に翻訳するのが少し難しかったです。韓国語にはある言葉が日本語にない場合もあって。私たちが持っている感覚を「日本の方は理解するのが難しいのかもしれない」と悩みました。翻訳するときは、できるだけ感性や歌詞の部分で共感できるよう、関係者の方とたくさん話をして一緒に考えていきました。

今回書いた歌詞の中で「糸」という単語を新しく覚えました。人と人を繋ぐ目に見えない縁のことを日本語は「糸」で表現するんですね。


― 作詞・作曲・演奏の全てを行っておりますが、楽曲制作を行う上でこだわっているポイントや注意していることなどはありますか?

曲を書く時に最も大切にしている部分は、「私たちの曲を聴いて共感できるかどうか」です。昔は「私が聴きたい曲」「癒される曲」を探していて、自分のために曲を書いていました。でも今は私たちの歌詞に共感してくれたり、楽曲が慰めになるんだと知ることができたので、できるだけ感情を素直に書き下ろそうと思っています。

自分たちが感じていた感情は、多くの方が感じていたことでもありました。だからこそ、赤頬思春期が描く感情を好きになってくださる方たちのために、素直に曲を作っています。

赤頬思春期が注目を集める理由

― 赤頬思春期の“ここは他のアーティストとは違う”というポイントを教えてください。

赤頬思春期の楽曲には他のアーティストとは少し異なる“感性”があるようです。子供から大人まで、幅広い年齢層の方たちが赤頬思春期の楽曲を聴いてくれる理由は、その感性の部分なのかなと感じます。私たちならではの「誰もが共感できる歌詞と感性」が、他とは異なるポイントなのかなと思います。

― 特徴的なグループ名ですが、音楽活動を初めたきっかけを教えていただけますか?

思春期のように素直で純粋な音楽をやりたくて赤頬思春期の活動をはじめました。ウ・ジユンはかなりの恥ずかしがり屋で「赤頬」を担当しおり、アン・ジヨンは思春期の少女の感性を持っているので「思春期」を担当しています。

アン・ジヨン(提供画像)
アン・ジヨン(提供画像)
― 2人は高校時代の同級生と伺いましたが、お互いはどんな存在ですか?

以前は合わない部分が多いと思っていた時期もありました。でも10年お互いを見てきて、今は互いのことを理解できるようになってきた気がします。お互いのことをよく知っているせいか、一緒にいて楽だし面白いです。

― 2人のビジュアルも多くの女性から支持されています。ファッションやメイクで今ハマっていることがあれば教えて下さい。

私たちに関心を持っていただき、可愛いと言ってくれることにとても感謝しています!最近は「LOVE」がエンディング主題歌になっているドラマ(MBSドラマ特区「ねぇ先生、知らないの?」)を観ていて、その中に登場する女優の方々のファッションやメイクに注目しています。

ウ・ジユン(提供画像)
ウ・ジユン(提供画像)

赤頬思春期の夢を叶える秘訣

― 2020年には日本でライブツアーも行いますが、どのようなツアーにしていきたいですか?

日本デビューしてからは初のコンサートになりますが、とても楽しみです。以前、ショーケースと音楽フェスに出演したときは、ファンの方々と交流した楽しい思い出がいっぱいあるんです。思春期の感性がいっぱい詰まった、ファンの方と私たちだけが共有できるコンサートにしたいですね。赤頬思春期の曲を好きでいてくれる方に、素敵な思い出をプレゼントしたいです。

― 日本に来たら食べたいもの、行きたい場所などはありますか?

コンビニです!日本でしか味わえない食べ物がいっぱいあるので。コンビニでも私たちの曲が流れると嬉しいですね(笑)。あと、京都に行った時の記憶がとてもきれいに残っていて、もう一度遊びに行きたいです。

(左から)アン・ジヨン、ウ・ジユン(提供画像)
(左から)アン・ジヨン、ウ・ジユン(提供画像)

赤頬思春期をもっと詳しく見る


― 最後に、モデルプレス読者に2人が思う「夢を叶える秘訣」を教えてください。

私たちは子供の頃から夢みてきた仕事を続けています。好きなことをしているのに、多くの方から愛情までいただけて、すごく運がいいと思っています。私たちが「夢を叶える秘訣」を教えるにはまだまだ未熟だと思うし、夢を追っている最中です。だからこそモデルプレスの読者の方も「夢みていた仕事」「好きな仕事」を諦めずにずっとずっと続けていけることを願っています。

(modelpress編集部)[PR]提供元:キングレコード株式会社

赤頬思春期(あかほおししゅんき)プロフィール

作詞・作曲、演奏までの全てを自ら行う実力派グループ、赤頬思春期。不慣れで未熟な時期、思春期ということだけで許される時がある。純粋で素直な、汚れていない透き通った感性を込めて歌う。赤頬思春期は、爽やかだった思春期の残像を独特な音楽で伝える。

アン・ジヨン(ボーカル)
生年月日:1995年9月14日(24歳)
身長:165cm
血液型:A型

ウ・ジユン(ギター・ベース・サブボーカル・ラップ)
生年月日:1996年1月6日(24歳)
身長:160cm
血液型:A型

1stシングル「LOVE」

「LOVE」2020年1月15(水)発売(提供画像)
「LOVE」2020年1月15(水)発売(提供画像)
【初回限版盤】(CD+DVD)¥1,818+税
【通常盤】(CD)¥1,364+税

<CD>
1. LOVE
2. BLUE
3. LOVE(Instrumental)
4. BLUE(Instrumental)

<DVD>
LOVE(Music Video)

※DVDは初回限定盤のみ
※初回限定盤にはPhoto Book封入

2020年1月15日(水)発売
モデルプレス

関連リンク

モデルプレス - “音源女王”の異名を持つ赤頬思春期とは K-POP界で異彩を放つ2人組に迫る<インタビュー>
今読んだ記事

“音源女王”の異名を持つ赤頬思春期とは K-POP界で異彩を放つ2…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「韓国エンタメ」カテゴリーの最新記事