<NCT 127インタビュー>夢との向き合い方を語る「夢の力は本当に強い」 苦労を乗り越えた記憶も

AbemaTVでは3月17・24日の2週に渡って、ボーイズグループ・NCT 127(読み:エヌシーティー イチニナナ)の「NCT 127 1st Tour ‘NEO CITY : JAPAN - The Origin’開催記念スペシャル!」を放送する。モデルプレスでは今回、同番組のロケに独占密着。撮影を終えたメンバーにインタビューを行った。
モデルプレスのインタビューに応じたNCT 127(左から)ドヨン、テヨン、ジェヒョン (C)モデルプレス
モデルプレスのインタビューに応じたNCT 127(左から)ドヨン、テヨン、ジェヒョン (C)モデルプレス

NCT 127が夢を叶える!

番組では、今年2月から初の日本ライブツアー「NCT 127 1st Tour ‘NEO CITY : JAPAN - The Origin’」を開催し、4月17日には日本初のフルアルバム『Awaken』のリリースを控えるNCT 127が、事前アンケートで集められた「叶えたい夢」を直接実現しようという企画を実施。

彼らは果たしてどんな夢を叶えてくれるのか。同世代の日本の若者との交流などを通じて、これまで見たことのないNCT 127の魅力を垣間見ることができる。

「NCT 127 1st Tour ‘NEO CITY : JAPAN - The Origin’開催記念スペシャル!」より(C)Abema TV
「NCT 127 1st Tour ‘NEO CITY : JAPAN - The Origin’開催記念スペシャル!」より(C)Abema TV

NCT 127が語る“夢”

ジェヒョン、テイル (C)モデルプレス
ジェヒョン、テイル (C)モデルプレス
― 撮影お疲れさまでした!

一同:ありがとうございます!

― 今回「夢を叶える」をテーマにした番組でしたが、実際に夢を叶える手助けをして、どんな刺激を受けましたか?

テイル:情熱を持った皆さんにお会いできて、僕たち自身も、ダンスや歌が好きで始めた頃の初心を思い出した気がしました。とてもいい機会でした。

テヨン (C)モデルプレス
テヨン (C)モデルプレス
テヨン:夢の力というのは本当に強いものだなぁ、と改めて感じました。僕たちのことを見てくれていて、夢を大きくしてくれている方たちの姿を見られて、「これからももっと頑張ろう」と思えました。それに、全世界のみなさんに夢を叶えてもらえるような力を持てるように、努力していきたいと思います。

ユウタ:僕は「皆さんに夢を与えることもできる仕事をしているんだなぁ」ということを改めて感じましたし、もっともっとたくさんの方に夢を抱くきっかけになれるように、頑張りたいと思いました。

ユウタ (C)モデルプレス
ユウタ (C)モデルプレス
― みなさんは歌手としてデビューする夢を叶えられましたよね。夢を叶えるまでに忘れられないほど苦労したことがあれば教えてください。

マーク:苦労したというよりもずっと記憶に残っていることなんですが、初めてカナダを離れて韓国に行くときのことはずっと覚えています。両親はカナダに残るので、空港に1人で行って、そこで泣いたんです。初めて家族と離れるので心配もあったし、両親を安心させたいという気持ちもありました。初めて1人でやらなければいけないことだったし、やっぱりとても記憶に残っています。

ドヨン:練習生の時は練習もしなければいけないし、色々と辛いこともあったはずなんですけれど、デビューすることができて、時間が経った今は「辛かったなぁ」と思いだすことがないんですよね。今はそれくらい幸せに生きているので。

マーク:わ~かっこいい~!

一同:(笑)

ジョンウ、マーク、ユウタ、ドヨン、テヨン (C)モデルプレス
ジョンウ、マーク、ユウタ、ドヨン、テヨン (C)モデルプレス
ドヨン:辛かったこともあるとは思うんですけど、当時本当に大変だったので思い出せないですね(笑)。

― 思い出せないほど大変だったんですね…?

ジェヒョン:正解!(笑)

一同:(笑)

ジャニー、ジョンウ (C)モデルプレス
ジャニー、ジョンウ (C)モデルプレス
ジョンウ:僕はこの道を選んでから、辛いと思ったこともたくさんあったんですが、そのたびに自分自身を振り返ったんです。「どうして自分はこの道を選んだのか?」と思い出すようにしていました。僕は子供の頃、音楽番組を見て、その番組に出ている歌手の人たちを超えるような人になりたい、と思っていたんです。偉大な人になりたいという思いがあって、覇気1つで耐えてきました。どんなに辛くても耐えることができたので、これからもそうしていくつもりです。

― では、これから自分たちが叶えたい夢は?

テヨン:全世界の人たちにとって、少しでも幸せのきっかけになりたいというのが僕の願いですね。僕たちが音楽で幸せにしてあげられるのであれば、さらにもっといい音楽を届けて、少しでも多く幸せになってほしいなと思います。

テヨン (C)モデルプレス
テヨン (C)モデルプレス
ジャニー:僕は、メンバーみんなとたくさん公演をしたいです。いろんな国、いろんな都市でやりたいですね。そしてステージが終わった後に、僕たちも観客のみなさんも「いい時間だった」と言えればいいなと思います。今は日本ツアー中ですが、アメリカツアーやヨーロッパツアーにも行きたいです。そのためには、メンバーみんなが必要ですよね?

ジャニー、ジョンウ (C)モデルプレス
ジャニー、ジョンウ (C)モデルプレス
テヨン:かっこいい~(拍手)!

マーク:僕はただ、この先もずっと長く、元気にステージに立って楽しく公演ができたらいいですね。先へ先へ走っていくのではなく、今この瞬間が楽しめればいいなと思います。

マーク (C)モデルプレス
マーク (C)モデルプレス
― 今まさに夢に向かって頑張っているモデルプレス読者へ向けて「夢を叶える秘訣」のアドバイスをお願いします。

ジョンウ:僕はしたいことがあってそれができるのなら、その大小にかかわらず、叶ったと言えると思うんですね。だから、“秘訣”というよりも、自分がやりたいことをすることだと思います。

ジャニー、ジョンウ、マーク (C)モデルプレス
ジャニー、ジョンウ、マーク (C)モデルプレス
ジェヒョン:僕も、夢を叶えるために努力をしている立場として、ツアーや活動をしている中で考えたのは、どんな時でもその瞬間に完全に没頭して楽しむ、ということだと思います。そうすれば終わってからまた次が見えてくると思うし、充実しますよね。なのでやりたいことや、上手くできることを頑張って、没頭して努力をしていけば、次の夢、そして次の次の夢も叶えていけると思います。

― ありがとうございました!


24日の特番放送後には、番組ロケの一部に潜入した密着レポートをお届け予定。若者たちの夢を叶えるため、奮闘する彼らの様子をお楽しみに。(modelpress編集部)

「NCT 127 1st Tour ‘NEO CITY : JAPAN - The Origin’開催記念スペシャル!」より(C)Abema TV
「NCT 127 1st Tour ‘NEO CITY : JAPAN - The Origin’開催記念スペシャル!」より(C)Abema TV

「NCT 127 1st Tour ‘NEO CITY : JAPAN - The Origin’」今後の日程

3月17日(日)福岡:福岡サンパレス 開場17:00開演18:00
3月18日(月)福岡:福岡サンパレス 開場17:30開演18:30
3月21日(木・祝) 愛知:日本特殊陶業市民会館フォレストホール 開場17:00開演18:00
3月29日(金) 埼玉:さいたまスーパーアリーナ 開場17:30開演18:30★追加公演
3月30日(土) 埼玉:さいたまスーパーアリーナ 開場17:30開演18:30
3月31日(日) 埼玉:さいたまスーパーアリーナ 開場15:00開演16:00

NCT 127(読み:エヌシーティー イチニナナ)プロフィール

<NCT>はNeo Culture Technologyの略称で、日本、韓国、中国、アメリカ、カナダ、タイ、台湾など様々な国出身のメンバーが所属。その中でも2016年7月に韓国デビューした<NCT 127>は、ソウルを拠点に活動し、昨年5月には日本デビュー。

NCT 127の人気は日韓に留まらず、昨年はApple Musicにもフィーチャーされるなどグローバルな知名度を獲得。日本ツアーのあとには欧米ツアーも決定しており、世界的なアーティストへの道を駆け上がっている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - <NCT 127インタビュー>夢との向き合い方を語る「夢の力は本当に強い」 苦労を乗り越えた記憶も
今読んだ記事

<NCT 127インタビュー>夢との向き合い方を語る「夢の力は本当…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「韓国エンタメ」カテゴリーの最新記事