防弾少年団、「BTS」「ARMY」の商標権獲得 ファンクラブ名登録は異例

【BTS(防弾少年団)/モデルプレス=12月4日】韓国の報道によると、ボーイグループ・防弾少年団(BTS)の所属事務所であるBig Hit Entertainmentは、グループ名の英字表記である「BTS」とファンクラブ名「ARMY」の公式商標権を獲得した。
BTS(提供写真)
BTS(提供写真)

ファンクラブ名まで商標登録することは異例

韓国特許情報サービス(KIPRIS)によると、同事務所は昨年7月ごろに「BTS」「ARMY」の商標を出願。今年10月までに公式的な商標として登録されたという。


歌手名を商標登録することは一般的だが、ファンクラブ名までも登録することは異例。これは、事務所がBTSを牽引した主体としてファンの存在を認め、またファンクラブ名がむやみに使用されることを防ぐためとみられる、と報じられている。


報道によれば同事務所はもともと、英語表記としては「Bangtan boyz」を2012年に商標登録していた。しかし彼らの全世界的な人気により「BTS」の名が親しまれるようになったため、彼らが「ビルボード・ミュージック・アワード2017」でトップソーシャルアーティスト賞を授賞した後に「BTS」と「ARMY」を商標出願したという。(modelpress編集部)

BTS (左から)V、SUGA、JIN、JUNG KOOK、RM、JIMIN、J-HOPE/photo by Getty Images
BTS (左から)V、SUGA、JIN、JUNG KOOK、RM、JIMIN、J-HOPE/photo by Getty Images


【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 防弾少年団、「BTS」「ARMY」の商標権獲得 ファンクラブ名登録は異例
今読んだ記事

防弾少年団、「BTS」「ARMY」の商標権獲得 ファンクラブ名登録…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「Kエンタ」カテゴリーの最新記事