佐久間みなみアナ、宮司愛海アナ、安宅晃樹アナ (C)モデルプレス

宮司アナ、佐久間アナが“新生活で始めたこと”に共感 安宅アナは育児が仕事の力に【フジテレビアナウンサー×モデルプレス連載<“素”っぴんトーク>】

2022.05.16 17:05

「フジテレビ×モデルプレス」アナウンサー連載第2弾『“素”っぴんトーク』―――― Vol.23~24は宮司愛海(みやじまなみ・30)、安宅晃樹(あだけこうき・29)、佐久間みなみ(さくまみなみ・24)の「春から新たなスタートを切ったアナウンサーたち」でトーク。

フジテレビアナの素顔に迫る「“素”っぴんトーク」

フジテレビ×モデルプレスPresents“素”っぴんトーク(C)モデルプレス
フジテレビ×モデルプレスPresents“素”っぴんトーク(C)モデルプレス
テレビには映らないフジテレビ女性アナの知られざる素顔に迫った連載第1弾「女子アナの“素”っぴん」に続く本連載では、鼎談形式にパワーアップ。共通点を持ったメンバー同士が集まり、仲間だからこそ知る“素”の一面を引き出していく。

第12回は、4月から「FNN Live News days」で初めて報道キャスターに挑戦している宮司アナ、同番組で担当曜日が変わり宮司アナとタッグを組む安宅アナ、「S-PARK」メインキャスターに就任した佐久間アナと、新たなスタートを切ったアナウンサーが集結。

――――――――後半戦(Vol.24)スタート!

宮司・安宅・佐久間アナの現在の壁

宮司愛海アナ (C)モデルプレス
宮司愛海アナ (C)モデルプレス
― お三方は、今の年次だからこそぶつかっている壁というのはあるのでしょうか?

宮司:私は8年目になり「ベテランになってきたね」と言われるのですが、自分の中では全然そういう意識はなくて。世間一般的には中堅アナウンサーと見られるけれど、今新しい報道番組の現場に入って、ちょっと上手くいかないだけですごく大きな傷になってしまって、それが辛く感じることもあります。スポーツ番組を長年担当して「ちゃんとしている人」というイメージが強い分、それに自分自身で苦しめられてしまうんです。たくさん失敗して学びたくても、それが許されない年次になってしまったことを感じています。6年目の安宅はどう?

安宅:僕はこれまで入社してからずっとニュースしかやっていないので、他の現場を知らなすぎるんです。情報やバラエティー番組もやったことがないですし、基本的に中継・取材・原稿読みがほとんどで、あまり人と関わっていなくて。スタジオで場を回したり、誰かとトークをしたりという経験がないまま6年目に入ってしまったのが怖いですね。世間の人から見た僕のイメージはできあがっていると思うので、早くそれを壊したいというのが僕が今1番悩んでいることです。

宮司:積み上げれば積み上げるほど自分の経験が糧になっていくけど、それが邪魔になってしまうこともあるという矛盾もあるよね。

安宅:正解はないと思いますが、自分のアナウンサー生活の中で今度どう立ち振る舞っていくのがいいのか…。報道以外も色々挑戦してみたいという気持ちもあります。ですが、今の色をもっと濃くした上で進出すべきなのか、今の色合いのまま他の色も一度のせてみるのがいいのか…。悩みは絶えませんね(笑)。

安宅晃樹アナ (C)モデルプレス
安宅晃樹アナ (C)モデルプレス
宮司:佐久間は3年目でまだまだこれからだね。未来が明るくていいな~(笑)!振り返ると、1~3年目は未来に希望しかなかった。

安宅:年次を重ねるごとに色々と現実が見えてくるんですよね。

宮司:そうそう。色々なもののバランスをとって現実的な選択をしていくようになってくるのですが、1~3年目は自分でも「まだ何でもできる」と思っていました。

安宅:無限の選択肢が広がっていましたよね。

宮司:最初は幅広い仕事が来ますが、だんだんイメージが固まってくると担当する仕事のバリエーションも、そのイメージに合わせて統一感が出てくる。そういう意味では、今佐久間はスポーツのメインキャスターではあるけど、自分でも周りからも色々な可能性が見えていてすごく楽しい時期だと思う。

佐久間みなみアナ (C)モデルプレス
佐久間みなみアナ (C)モデルプレス
佐久間:確かにバラエティー・情報・報道・スポーツと色々経験させていただいているので、毎日新しくて楽しいなと思っています。ですが、1~2年目は与えられたものを100%こなすことができたらOKという感じでした。今回メインという大役をいただいて責任も大きくなりましたが、番組全体のことを考えて振る舞うところまでまだ全然達していないので、そこは新たな分厚い壁だなと感じています。

宮司:佐久間のように番組を背負って自分が空気を作っていく立場を経験できるのは本当にアナウンサーの中でも一握りなので、そういう宿命を与えられた者なのだと思います。なのできっと乗り越えられるし、今そうやって向き合っている時点で半分はクリアしていると思うよ(笑)。

佐久間:でも考えているだけで「とりあえずこれをやらなきゃ」と追われている感じです…(笑)。

宮司:それに慣れたらきっとまた違う世界、楽しみ方が見えてくるよ。

宮司&安宅アナが振り返る3年目

宮司愛海アナ (C)モデルプレス
宮司愛海アナ (C)モデルプレス
安宅:僕はもうあまり3年目の頃の記憶がないです(笑)。

宮司:確かに…。私がスポーツを担当し始めたのは4年目からだったんです。3年目の頃は「めざましテレビ」をやりながら、スポーツに興味が出てきてバスケットボールの取材だけ行かせてもらっていました。それがきっかけで「S-PARK」をやることになって。なので3年目くらいまでは種まきの時期だと思います。

安宅:本当にそうですね。逆に言うと、まだ周りの人も佐久間がどういう系統の人なのかイメージが定まっていないからこそ、その色付けをしていく時期なんじゃないかな。佐久間=報道の人というイメージを持った人もまだいるだろうし、「バラエティーによく出ている」と思っている人もいるだろうから。

佐久間:確かにフィールドキャスターを1年目からずっとやっていたので、その印象が今は強いと思います。

宮司:年々「色々なところで仕事していてよかった」と思う機会は増えていくもので、報道内でもそうなんだよね。政治部・社会部など色々な人たちとやっているうちに急に仕事しやすくなる瞬間みたいなのが訪れる。だから何年後になるかはわからないけど、種まきが生きてくる時がやってくると思う。スポーツも自分の幅を広げるものになるよ。

佐久間:なるほど…!

佐久間みなみアナ (C)モデルプレス
佐久間みなみアナ (C)モデルプレス
宮司:色々経験することで、周りのスタッフさんとの関係も広がりますし、自分の知っていることの幅も広がるんです。例えばスポーツの現場で「前に報道で取材したあの時のことが活きた」みたいなこともあります。

安宅:点と点がいきなり結びついて面になる…みたいな瞬間は僕もわかります。

宮司:意図的に起こるものではないから難しいですが、そういう意味ではやはり色々な仕事をやっておいた方がいいと思います。特に自分が得意ではないジャンルで仕事をすることがいかに大事だったのかというのも感じますね。

安宅:深いですね…!

宮司:私が3年目の時、宮根(誠司)さんと一緒に衆議院選挙の番組をやったことがあったんです。そこで報道の人たちとお話していて、改めて報道の現場に入った今「あの時お世話になった人だ」と知っている人も何人かいて、それだけで不安が軽減されました。

佐久間:確かに、私は9ヶ月くらい報道番組でスポーツを担当していたので、そういう意味では今の番組でも安心感・アットホーム感を感じることがあります。

安宅アナ、子どもの存在が仕事のエネルギーに

安宅晃樹アナ (C)モデルプレス
安宅晃樹アナ (C)モデルプレス
― 4月から新生活が始まって生活リズムも変わったと思いますが、新たに始めたことはありますか?安宅アナは、お子さんが保育園に入園されたそうですね。

安宅:はい。なので僕は子どもの送り迎えを始めました(笑)!今までは妻も育休で家にいたので、子どもが寝ている間は、少しゆっくりできる時間もあったと思うのですが、今は朝5時半~6時くらいには起きないと間に合わなくて、よりバタバタしていますね。

佐久間:すごい…!もう自分の世話をするので精一杯なので私には考えられないです(笑)。

宮司:本当にそう(笑)!いまだに自分のことでいっぱいいっぱいです。

安宅:いやいや、僕は自分のことは諦めています(笑)。全てを子どもに捧ぐという…。

宮司:そういう存在がいるというだけで素敵だよ。後輩ながら立派だなと思いながら日々見ています。

― 送り迎えの両方ともやられているんですか?

安宅:そこは妻と分担しています。今日は僕が送って、妻が迎えに行く日です。送る時は「パパ~バイバイ…」、迎えに行った時は「おかえり…!」と泣き始めて、「可愛いな~!!」と思っています(笑)。

宮司・佐久間:可愛い~!!

安宅:より仕事も頑張れますね。子どもの存在が自分の中でエネルギーチャージになっています。

宮司アナの読書量に安宅&佐久間アナ驚き

宮司愛海アナ (C)モデルプレス
宮司愛海アナ (C)モデルプレス
― 宮司さんは新たに始めたことはありますか?

宮司:すごくたくさん本を読んでいます。もともと読書は好きだったのですが、新しく担当する番組が決まって、それがたくさん本を読むことが必要になって。なおかつ4月以降時間ができたので、まとまって読書するようになりました。

― どのくらい読まれるんですか?

宮司:1日1冊ばーっと読むこともあります。

安宅:すごい!

宮司:平均したら1週間に2冊ぐらいでしょうか。

安宅:どういったジャンルの本を読んでいるんですか?

宮司:これまではビジネス書やエッセイ集が多かったのですが、最近は小説を読んでいます。ちょうど30歳になって、いいインプットのタイミングだなと。これまで仕事でやってきたインプットとは別に、また違うジャンルの良質なインプットをしなくてはいけないなと思ったんです。

宮司愛海アナ、佐久間みなみアナ、安宅晃樹アナ (C)モデルプレス
宮司愛海アナ、佐久間みなみアナ、安宅晃樹アナ (C)モデルプレス
佐久間:その考えに至るのがすごすぎます。

― 自分をしっかり分析されていてすごいです…!

安宅:本当にすごいですよね!ちゃんとそこに自己投資をして。

宮司:自分が空っぽになっていく感じがあって…。生放送を担当していると毎日情報を入れては出しての繰り返しで、台本を覚えて読んで…というサイクルが速いので、自分の中に蓄積されていないなと感じてしまって。それではダメだと思い、もう少し自分の中に蓄積するものを意図的に作らないと自分を消費してしまうと思いました。

安宅:わかります。なので僕は番組で扱うニュースも、オンエアで出さない情報まで調べてインプットするようにしています。情報はどんどん変わっていくので。

佐久間アナの“新たに始めたこと”に宮司アナ共感

佐久間みなみアナ (C)モデルプレス
佐久間みなみアナ (C)モデルプレス
宮司:佐久間は何か始めたことはある?

佐久間:私は体力的に持たないだろうなと思って、最近パーソナルジムに通い始めました。

宮司:私もスポーツを担当し始めた時に同じことした(笑)!

佐久間:本当ですか(笑)!?

宮司:とにかくスポーツ取材は体力が必要だよね。長時間の移動も多いので、私も基礎体力をいかに上げられるかが大事だと思ってジムに通い始めた。

安宅:皆が通る道なんですね(笑)!

安宅晃樹アナ (C)モデルプレス
安宅晃樹アナ (C)モデルプレス
佐久間:2月くらいから行きたいなと思っていて、3月からやっと通い始めました。もともと女性・男性問わず筋肉ある方を見るのが好きだったので、自分も鍛えたいなと考えていたんです(笑)。プラス体力もつけることができれば一石二鳥だと思って。やっている最中は確かに大変なのですが、それがストレス発散にもなっています。逆に行かないと気分が落ち着かないというところまで来ていますね。

安宅:効果は出てきた?

佐久間:はい、筋肉もついてきましたし、体脂肪率も落ちてきました。大会に出たいと思い始めるまでになっています(笑)。

宮司:大会!?それはめっちゃ面白いね(笑)。

安宅:面白い(笑)!もう「S-PARK」に取材される側だよ!

佐久間:やはり筋肉は裏切らないです(笑)。

安宅:大会、出てほしい!皆で応援に行くよ(笑)!

― 以前はピラティスもやられているとお話されていましたよね。

佐久間:はい。ですがやはり「動いている!」という感じが欲しくて。なのでキックボクシングに行ったりもしています。

宮司:キックボクシング!?一緒に行こうよ!

佐久間:めちゃくちゃ行きたいです!行きましょう!

安宅晃樹アナ、宮司愛海アナ、佐久間みなみアナ (C)モデルプレス
安宅晃樹アナ、宮司愛海アナ、佐久間みなみアナ (C)モデルプレス
安宅:筋トレも好きだったのは意外だったな。

佐久間:アメリカに留学していた時からやっていたのですが、本格的にパーソナルに通い始めたのは初めてです。

宮司:今「パーソナル」の発音に帰国子女感が出ていたね。

安宅:僕も思いました(笑)。

宮司:このナチュラルに発音がよくなっちゃうキャラ、面白いよね(笑)。

安宅:佐久間は、日本語が英語化している瞬間結構ありますよね(笑)。オンエアでも感じます。

佐久間:え~!ありましたか!?

安宅:日本語の中に出てくるRの音がちょっと英語っぽいことがあるんですよ。

宮司:確かに、声も響くし歌も上手いからよりそう聞こえるのかもね!

佐久間:自分では気付かなかったです(笑)。

宮司:そういうのが面白くていいと思う(笑)。

宮司・安宅・佐久間アナの今後の目標

佐久間みなみアナ、宮司愛海アナ、安宅晃樹アナ (C)モデルプレス
佐久間みなみアナ、宮司愛海アナ、安宅晃樹アナ (C)モデルプレス
― では最後に今後の目標や意気込みを教えて下さい。

宮司:伝えるべきことをきちんと伝わるように伝えるというのがアナウンサーの根幹であり最も難しい部分だと感じているので、これからもそこを大切にしてニュースを伝えられるアナウンサーでありたいと思っています。また常に信頼される存在でいたいというのも目標です。ですが気付くと表現や読み方などの細かいところに入り込んでしまっているタイプなので、それも大事ですが、細かすぎるところにとらわれすぎず全体を見渡せる余裕を持ちたいです。

佐久間:私ももう少し俯瞰で見られるようになりたいと思っています。今までは自分のやることで精一杯だったのを、もう少し、番組全体や選手のことを優先して考えられる余裕を持ちたいです。それに至るまでは簡単ではないと思いますが、目標を持ちながら自分ができることを焦らず一つ一つやっていけたらなと思います。

安宅:僕は自分の知識不足を痛感しています。スペシャリストにはなれなくてもジェネラリストには頑張ればなれると思っているので、そっちの道を進んでいきたいと思っています。また日々悲しいニュースも多い中で、情報を伝える人間としてただ公正に伝えるだけではなくて、人のために何かできないのかなと考えていて。それは表現など本当に細かな積み重ねなのですが、それを意識していこうと思っています。

― 貴重なお話をありがとうございました。

(modelpress編集部)

宮司愛海(みやじ・まなみ)プロフィール

宮司愛海アナ (C)モデルプレス
宮司愛海アナ (C)モデルプレス
生年月日:1991年7月29日/出身地:福岡県/出身大学:早稲田大学/血液型:O型/入社年:2015年

<担当番組>
FNN Live News days
潜在能力テスト

安宅晃樹(あだけ・こうき)プロフィール

安宅晃樹アナ (C)モデルプレス
安宅晃樹アナ (C)モデルプレス
生年月日:1992年12月25日/出身地:山口県/出身大学:東京大学大学院/血液型:B型/入社年:2017年

<担当番組>
FNN Live News days
報道局経済部記者兼務

佐久間みなみ(さくま・みなみ)プロフィール

佐久間みなみアナ (C)モデルプレス
佐久間みなみアナ (C)モデルプレス
生年月日:1997年11月18日/出身地:愛知県/出身大学:上智大学/血液型:O型/入社年:2020年

<担当番組>
ポップUP!(火・水)
S-PARK(土・日)
Go!Go!チャギントン
Tune

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

関連記事

  1. 宮司・安宅・佐久間アナが語る“テレビには映らない”苦労と努力 3人の共通点は?【フジテレビアナウンサー×モデルプレス連載<“素”っぴんトーク>】
    宮司・安宅・佐久間アナが語る“テレビには映らない”苦労と努力 3人の共通点は?【フジテレビアナウンサー×モデルプレス連載<“素”っぴんトーク>】
    モデルプレス
  2. フジ佐久間みなみアナ「S-PARK」新キャスター決定 宮司愛海アナからのアドバイス明かす
    フジ佐久間みなみアナ「S-PARK」新キャスター決定 宮司愛海アナからのアドバイス明かす
    モデルプレス
  3. フジ宮司愛海アナ、報道番組キャスターに挑戦「身の引き締まる思い」
    フジ宮司愛海アナ、報道番組キャスターに挑戦「身の引き締まる思い」
    モデルプレス
  4. フジテレビアナウンサー、公式YouTubeチャンネル開設 テレビでは見られない番組の裏側・素顔を公開
    フジテレビアナウンサー、公式YouTubeチャンネル開設 テレビでは見られない番組の裏側・素顔を公開
    モデルプレス
  5. 小澤陽子アナ&宮司愛海アナ、プロデュース初挑戦 フジ女子アナカレンダーに総勢19人集結
    小澤陽子アナ&宮司愛海アナ、プロデュース初挑戦 フジ女子アナカレンダーに総勢19人集結
    モデルプレス
  6. 宮司・倉田・森アナの取材ノート公開 スポーツ取材の舞台裏、選手の“心を伝える”大切さを語る【フジテレビアナウンサー×モデルプレス連載<“素”っぴんトーク>】
    宮司・倉田・森アナの取材ノート公開 スポーツ取材の舞台裏、選手の“心を伝える”大切さを語る【フジテレビアナウンサー×モデルプレス連載<“素”っぴんトーク>】
    モデルプレス

「インタビュー」カテゴリーの最新記事

  1. 西垣匠、なにわ男子・道枝駿佑と再共演で感じた“空気感” 山下幸輝らと語った俳優人生…同世代から受けた刺激とは<TGCフィッティングに潜入>
    西垣匠、なにわ男子・道枝駿佑と再共演で感じた“空気感” 山下幸輝らと語った俳優人生…同世代から受けた刺激とは<TGCフィッティングに潜入>
    モデルプレス
  2. フジ中村光宏アナ、妻の生野陽子アナから絶賛「シルク・ドゥ・ソレイユ」一次審査突破…抜群の運動神経には理由があった スポーツ実況の難しさも語る<モデルプレスインタビュー>
    フジ中村光宏アナ、妻の生野陽子アナから絶賛「シルク・ドゥ・ソレイユ」一次審査突破…抜群の運動神経には理由があった スポーツ実況の難しさも語る<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  3. <「ラブキャッチャージャパン」インタビューVol.8>大倉士門の弟・カフェマネージャーの大倉亞門、恋愛番組参加で兄夫妻の反応告白
    <「ラブキャッチャージャパン」インタビューVol.8>大倉士門の弟・カフェマネージャーの大倉亞門、恋愛番組参加で兄夫妻の反応告白
    モデルプレス
  4. 「不適切にもほどがある!」純子役で注目・河合優実、演技未経験で自ら履歴書送り女優の道へ 今でも頭に残っている“ある人の言葉”<インタビュー後編>
    「不適切にもほどがある!」純子役で注目・河合優実、演技未経験で自ら履歴書送り女優の道へ 今でも頭に残っている“ある人の言葉”<インタビュー後編>
    モデルプレス
  5. 「不適切にもほどがある!」純子役・河合優実、阿部サダヲからの“唯一の”アドバイスとは アドリブ秘話も語る「カットがかかるまで」<インタビュー前編>
    「不適切にもほどがある!」純子役・河合優実、阿部サダヲからの“唯一の”アドバイスとは アドリブ秘話も語る「カットがかかるまで」<インタビュー前編>
    モデルプレス
  6. <「ラブキャッチャージャパン」インタビューVol.7>広告代理店勤務の水野友貴、嘘泣き・キス…騙された谷岡美沙紀への本音 「すごく苦しかった」ラブに変えた決め手とは
    <「ラブキャッチャージャパン」インタビューVol.7>広告代理店勤務の水野友貴、嘘泣き・キス…騙された谷岡美沙紀への本音 「すごく苦しかった」ラブに変えた決め手とは
    モデルプレス
  7. 貴島明日香「BAILA」レギュラーモデル決定  モデル業・お天気キャスター…多くの経験で近づいた“成功した自分”
    貴島明日香「BAILA」レギュラーモデル決定 モデル業・お天気キャスター…多くの経験で近づいた“成功した自分”
    モデルプレス
  8. 齋藤飛鳥“捜査一課の刑事役”へ向け体づくり徹底 乃木坂46時代から変わらない「仕事への姿勢」<「映画 マイホームヒーロー」インタビュー>
    齋藤飛鳥“捜査一課の刑事役”へ向け体づくり徹底 乃木坂46時代から変わらない「仕事への姿勢」<「映画 マイホームヒーロー」インタビュー>
    モデルプレス
  9. <「ラブキャッチャージャパン」インタビューVol.6>俳優の東夏輝、最も疑われたイケメンの真相 騙されたヴァッツ美良への想い「どこまでが嘘だったんだろう」
    <「ラブキャッチャージャパン」インタビューVol.6>俳優の東夏輝、最も疑われたイケメンの真相 騙されたヴァッツ美良への想い「どこまでが嘘だったんだろう」
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事