モデルプレスのインタビューに応じた、“からあげ姉妹”生田絵梨花&松村沙友理(C)モデルプレス

白石麻衣を巡り、生田vs松村が再び 乃木坂46“からあげ姉妹”わちゃわちゃインタビュー

2021.03.19 19:30
1
101

乃木坂46の派生ユニット“からあげ姉妹”こと生田絵梨花(24)と松村沙友理(28)は現在、テレビ東京系アニメ「ポケットモンスター」(毎週金曜よる6時55分)のオープニングテーマ「1・2・3」を担当中。“からあげ姉妹”での抜てきに生田は「報告を聞いたとき、嬉しさと驚きで思わず小躍りしてしまいました」と話し、松村も「最高のパートナーと一緒に楽しく歌わせていただきました」と喜びもひとしおだ。<モデルプレスインタビュー>

序盤から底抜けに明るい生田絵梨花と松村沙友理

“からあげ姉妹”生田絵梨花&松村沙友理(C)モデルプレス
“からあげ姉妹”生田絵梨花&松村沙友理(C)モデルプレス
出会って約10年、苦楽を共にしながらどんな坂道も駆け上がってきた。改めて「お互いの好きなところは?」と聞く。松村が「性格とか発する言葉が全部天才的」と言えば、生田は「人を元気にする使命を持って生まれた人」と返す。照れながらもお互いへのリスペクトが顔をのぞかせる。

“からあげ姉妹”生田絵梨花&松村沙友理(C)モデルプレス
“からあげ姉妹”生田絵梨花&松村沙友理(C)モデルプレス
松村「こういうのは先に言った方が…はい!」
生田「はい!」
松村「はい!」
生田「はい!」

(手をより高く挙げた方が勝ち、という対決が勝手に始まり松村が勝利する)

松村「私、腕長いんですよ」
生田「知ってます?私、手長アイドル、大好きなんです。うん大好き」
松村「え、もう(好きなところ言うの)始まってる?(笑)私が先!いくちゃんの中だと、うーんと……」
生田「やばい、愛が足りない!私はまっつんの自動車(※1)のやつが好き」(※1:松村の個人PV「教習所で見せられる保険加入のビデオ」/17thシングル「インフルエンサー」特典映像)
松村「やば、詳しい!(笑)」
生田「好きだもん、そりゃそうだよ。まっつんは愛が足りない」

お互いに認め合う二人、生田絵梨花⇔松村沙友理

“からあげ姉妹”生田絵梨花&松村沙友理(C)モデルプレス
“からあげ姉妹”生田絵梨花&松村沙友理(C)モデルプレス
松村「いくちゃんはやっぱりいてくれるだけで強さがあると思っていて。いろんな芸術的な才能もすごいあるし、乃木坂に本当に欠かせない人。いくちゃんこそが芸能人だなってすごい思うんです」
生田「ちょっとやめてよ!全然だから」
松村「なんて言えばいいんだろう、芸に対しての才能ももちろんあるけど、性格とか発する言葉が全部天才的。放つオ―ラも人と違う感じがあるからすごいなって」
生田「え―、本当に?」
松村「乃木坂の中でもトップレベルで芸能人って感じる人かな」
生田「私は自分のこと、めっちゃ凡人だと思っているから、こういう風に言ってもらうといつも驚いちゃう。どうして?って」

生田「私も本当に嘘偽りなく、全く同じことをまっつんに対して思ってる」
松村「え―、バカにしてるじゃん(笑)」
生田「いや、タイプは違うと思うけど、まっつんもなるべくしてアイドルになったし、この人は人を元気にする使命を持って生まれた人なんだってよく思うの。でもそれは、まっつんがなにかを背負って、こうしなきゃああしなきゃって、そういうことじゃなくて、まっつんはみんなを元気にすることが意識せずに好きなんだろうなっていう感じ。だからあれやってみたい、これやってみたいって言ってどんどん進んでいくし、そこにワクワク感が常にあるからキラキラ感もある。王道に可愛い!」
松村「キラキラ感ある?」
生田「あるよ」
松村「最近、乃木坂46のメンバーがみんなインスタグラムを始めたけど、私その中で飛び抜けてダサいなって。キラキラ感がないっていうのが悩みだった」
生田「違う違う!例えば着ている服とか、目に見えるものって後天的だと思うの。でもまっつんは先天的。飾らなくてもキラキラしてる。だからまっつん一人いないときがあると、番組収録とかでも全体のトーンがちょっと変わるなってよく思う」
松村「え―、そうかなー?」
生田「うん本当に」
松村「そっかー、それご本人全受け止めしちゃう。そんなことないよって言わない(笑)」
生田「否定はしないね(笑)」

お互いを意識した瞬間「方向性が違うだけで志は一緒だった」

生田絵梨花(C)モデルプレス
生田絵梨花(C)モデルプレス
乃木坂46には二人以外にも同期や後輩など大勢のメンバーがいる。その中でお互いを意識し始めた瞬間について振り返ってもらった。

松村沙友理(C)モデルプレス
松村沙友理(C)モデルプレス
松村「今、思い浮かんだのは『気づいたら片想い』あたりでホテルが相部屋になって、それでお互いの悩みをぶつけあったこと」
生田「それもあったね。私がまっつんを意識し始めたのは『乃木どこ』での大食い対決」
松村「ご飯めっちゃ食べたとき?(笑)」
生田「そうそうご飯めっちゃ食べたとき。対決できるっていうのが変な感じで楽しかったのを今でも覚えてる」
松村「辛い唐辛子をめっちゃ入れたこともあったね」
生田「唐辛子の我慢対決でも私たち二人がすごい強くて。ライバルだって思ってたのが、いつの間にか同志になってる感覚」
松村「なんか魂が一緒なんだよ」
生田「そうそう!方向性が違うだけで志は一緒だったみたいな」
松村「そうそう、戦ってわかった」
生田「ぶつかるほど絆が深まるみたいな」
松村「ポケモンの歌にもあるよね」
生田「W主人公のサトシとゴウの関係性と被るんじゃない?」
松村「だからからあげ姉妹で歌わせていただけたのかな」

お互いの些細な変化にも気づく、からあげ姉妹

生田絵梨花(C)モデルプレス
生田絵梨花(C)モデルプレス
1期生だけのユニットで卒業メンバーがいないのは、からあげ姉妹だけ。固い絆で結ばれているからこそ、お互いの些細な変化にもすぐに気がつくという。

松村沙友理(C)モデルプレス
松村沙友理(C)モデルプレス
生田「まっつんが一周回ってめちゃくちゃ関西弁に戻りました」
松村「そうなんです」
生田「どうしてなの?ずっと気になっていたんだけど」
松村「昨日もやばかったよね?(笑)」
生田「やばかった(笑)昨日もずっと関西弁でツッコんでくれてた」
松村「それで改めてまただって思って考えたら、たぶん家族と話すと関西弁になるんだなって」
生田「そっか、しばらく自粛だったもんね」
松村「自粛期間に全然人と会わなくなって、東京の人と会わないかわりに、家族とめっちゃ会話するようになったら、関西愛が強くなって。自分では意識していないんだけど、関西弁が自然と出るようになった」
生田「普通は地方のメンバーとかだと、乃木坂46に入ってどんどん抜けていくんだよね。標準語からまた関西弁に戻るっていうのはそういうことだったのか」
松村「毎回、私が関西弁だって気づくのはいくちゃんがきっかけ。あれ?確かにみたいな。言われたら本当にどんどん癖が強くなっていって」
生田「私はまっつんの関西弁好きよ」

松村「いくちゃんはカバンが変わったよね」
生田「え、正解!私、ずっとリュックじゃないとダメだったの。本当に持ち物が無駄に多くて、リュックじゃないと入らないみたいな。だけどトーバッグに憧れ始めて、ちょうど自粛明けくらいにトートバッグを買いました。わー!それ言われたの初めて」
松村「やった!」
生田「でも私もコロナが関係あるかも。普段現場通いだと、前日まで入れてたものに、次にいるものを足していくからどんどん持ち物が多くなっちゃってたんだよね。たぶんコロナが落ち着けばトートバッグに入りきらなくなるから、近いうちにまたリュックに戻ると思う(笑)」
松村「戻るんだ(笑)」

白石麻衣を巡り…生田絵梨花vs松村沙友理が再び

“からあげ姉妹”生田絵梨花&松村沙友理(C)モデルプレス
“からあげ姉妹”生田絵梨花&松村沙友理(C)モデルプレス
生田と松村といえば、卒業した白石麻衣への“異常な愛”で知られる。テレビ番組などでも何度か二人で白石を取り合っていたが「今はどちらがリードしてる?」と話を振ると、お互いにマウントが止まらなくなった。(※取材は年明けに実施)

“からあげ姉妹”生田絵梨花&松村沙友理(C)モデルプレス
“からあげ姉妹”生田絵梨花&松村沙友理(C)モデルプレス
生田「私ね、事務所に行くたび、まいやんに会えてる」
松村「えー、いいな」
生田「まいやんはもう卒業してるから、本当にピンポイントでしか会える可能性がないんです。たまたま来てくれて、たまたま会うっていうのがね、私がまいやんに愛されてて、私もまいやんが好きってことよ」

(「では松村さん」と攻守交代しようとすると、生田さんが「まだあります!」と遮る)

松村「まだあるの?こわーい(笑)」
生田「『レコ大頑張ってね』って連絡来た?」
松村「…ない」
生田「はい、ありがとうございます!(笑)私の勝ちですね」
松村「じゃあ、はいはいはいはい!2021年になって『あけおめ』って連絡が来ました」
生田「あ、来てないかも…」
松村「ほらほらほらほら!」
生田「はいはいはいはい!じゃあ年明けた日、2020年から2021年になる境目、まいやんと一緒にジャンプしましたか?私はしました」
松村「え、でもだってTBSだったじゃん」
生田「そうですよ、TBSです。今年はメンバー自体もみんなで一緒にジャンプができなかったんです。で、バラバラでやっていたんですけど、まいやんはそれを毎年すごい楽しみにしていたから、“心では”まいやんと一緒にジャンプしようって決めたの。『“私の中では”まいやんとも一緒にジャンプするからね』って言ったら、まいやんも『じゃあ私もその時間にジャンプするね』って連絡してくれて。だから一緒にジャンプしました!」
松村「ん?一緒にジャンプしてなくない?(笑)」
生田「まいやんは無言でジャンプしたと思う」
松村「無言やん(笑)」
生田「意思疎通」
松村「無言やん(笑)」
生田「そういうことじゃない、ジャンプって目に見えるものじゃないのよ」
松村「いやいや、本当にジャンプしてくれているかわからないじゃん(笑)」
生田「ジャンプっていうのは何度も言うけど、目に見えるジャンプじゃないんだよ」
松村「だったら私も一緒にジャンプするねって、ひなち(樋口日奈)に言われたし」
生田「それひなちじゃん(笑)」
松村「でもひなちは絶対ジャンプしてるもん、100パーセント」
生田「それはね、浮気って言うんですよ。私はまいやんに言ったの」
松村「私はひなちから“言われた”」
生田「“言われた”…ちょっと複雑(笑)」
松村「まいやんはやっぱり、やってくれているかわからないじゃん」
生田「だからね何度も言っているけど、ジャンプって形じゃないから」
松村「いやいや、それはダメ。ちょっと意味もわかんない(笑)」
生田「じゃあはい、飛躍の年にしようねって言って飛躍したかなんて確認しあわないでしょ」
松村「飛躍は数字とか目に見えるよ」
生田「違うよ?なんかオ―ラ出たねとか、なんか自信ついたねとか、そういうのが飛躍。数字とかじゃない」
松村「いや飛躍した芸能人とかいうと、テレビに何本出たとか、CMに何本出たとか」
生田「違う違う!うん、やっぱり心だと思う、ジャンプって」
松村「もうそれいいよ(笑)じゃあこれは?私、まいやんの最後のライブで、紙吹雪もらった」
生田「まだそれ持ってる?」
松村「持ってる…(顔がひきつく)」
生田「え、捨てた?捨てたわ―」
松村「捨ててはないから、どっかにあると思う。家のどっかにはある!」
生田「いや、もう大掃除してるから(笑)」

からあげ姉妹だけに唐揚げのことも聞いてみた

“からあげ姉妹”生田絵梨花&松村沙友理(C)モデルプレス
“からあげ姉妹”生田絵梨花&松村沙友理(C)モデルプレス
共に食いしん坊。からあげ姉妹と名乗っていることもあり、特に唐揚げはたくさん食べる。

生田「唐揚げは本当に増えたよね」
松村「うん、増えた」
生田「二人でお仕事あると、絶対に唐揚げあるし」
松村「ある(笑)マネージャーさんたちもすごい唐揚げ買ってきてくれる」
生田「で、あればあるだけ食べちゃう(笑)」
松村「同じく(笑)」

(好きな唐揚げは?)

松村「衣多めがいいです。衣いっぱいついている唐揚げ」
生田「わかる。ちょっと油が残っているのも好き。あれ衣に残っているんだよね」
松村「わかるわかる」
生田「で、私は醤油が好き。醤油と油が染みてて、かりっとしつつジュワっとしつつ、肉の弾力があるやつ」
松村「あ―いい!私は塩こうじ」
生田「あ―通だわ、麹に漬けちゃうの通だわ。さすがまっつん」

生田絵梨花と松村沙友理の普段の会話は?

“からあげ姉妹”生田絵梨花&松村沙友理(C)モデルプレス
“からあげ姉妹”生田絵梨花&松村沙友理(C)モデルプレス
終始笑いが溢れた取材の最後に「普段のお二人の会話はどんな内容?」と聞いた。

生田「仕事じゃないときは『美味しいね』とか(笑)」
松村「そうそう『これ美味しいね』って(笑)」

(modelpress編集部)

PHOTO:赤英路

「からあげ姉妹」プロフィール

“からあげ姉妹”生田絵梨花&松村沙友理(C)モデルプレス
“からあげ姉妹”生田絵梨花&松村沙友理(C)モデルプレス
生田絵梨花が初のセンターを務めた乃木坂46の10thシングル「何度目の青空か?」(2014年10月発売)特典映像をきっかけに結成。唐揚げが大好物の二人が連携し“表情がない”“唐揚げが好き”“姉妹”というキーワードの個人PVが制作され、後に“からあげ姉妹”と命名。ユニット曲「無表情」(12thシングル「太陽ノック」収録曲)、「曖昧」(23rdシングル「Sing Out!」収録曲)の2曲をリリースしてきた。

<テレビアニメ「ポケットモンスター」オープニングテーマ「1・2・3」>
からあげ姉妹生田絵梨花松村沙友理from乃木坂46
作詞・作曲:まふまふ 編曲:APAZZI・Akira Sunset

「1・2・3」をさまざまなアーティストが歌い継いでいくという企画の中で、「After the Rain(そらる×まふまふ)」、「西川くんとキリショー」から続く形で、からあげ姉妹がバトンを受け取り、1月8日放送回から「“からあげ姉妹” ver.」がオンエア中。

生田絵梨花(いくた・えりか)プロフィール

生年月日:1997年1月22日/出身:東京都(ドイツ・デュッセルドルフ生まれ)/血液型:A型/星座:みずがめ座/身長:160cm

松村沙友理(まつむら・さゆり)プロフィール

生年月日:1992年8月27日/出身:大阪府/血液型:B型/星座:おとめ座/身長:164cm

テレビアニメ「ポケットモンスター」

(提供画像)
(提供画像)
テレビ東京系にて毎週金曜よる6時55分から放送
※一部地域では放送日時が異なります。※放送内容は変更になる場合があります。
番組ホームページ:https://www.tv-tokyo.co.jp/anime/pocketmonster/
公式Twitter:https://twitter.com/anipoke_PR

4月9日(金)放送の「まるっとおまかせ!プラスルマイナン便利屋さん!!」にて、からあげ姉妹の二人がゲスト声優として出演決定!

【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真をみることができます

この記事へのコメント(1)

  • shishido4112@mailcom 2021.03.24 21:34

    からあげ姉妹、生田絵梨花さん、松村沙友理さん、食彩感が、大事なこと、感じます、がんばって、くださいwww。

関連リンク

関連記事

  1. 乃木坂46生田絵梨花&松村沙友理“からあげ姉妹”「ポケモン」声優に初挑戦
    乃木坂46生田絵梨花&松村沙友理“からあげ姉妹”「ポケモン」声優に初挑戦
    モデルプレス
  2. 乃木坂46松村沙友理、少女たちの愛憎劇に挑戦「久しぶりの舞台にドキドキ」
    乃木坂46松村沙友理、少女たちの愛憎劇に挑戦「久しぶりの舞台にドキドキ」
    モデルプレス
  3. 乃木坂46生田絵梨花、森川葵と対峙 「賭ケグルイ双」先行カット一挙解禁
    乃木坂46生田絵梨花、森川葵と対峙 「賭ケグルイ双」先行カット一挙解禁
    モデルプレス
  4. 乃木坂46生田絵梨花、声優挑戦に絶賛の声 堂本光一「完璧すぎて恐い」
    乃木坂46生田絵梨花、声優挑戦に絶賛の声 堂本光一「完璧すぎて恐い」
    モデルプレス
  5. 乃木坂46高山一実&松村沙友理、卒業時に着たい衣装明かす
    乃木坂46高山一実&松村沙友理、卒業時に着たい衣装明かす
    モデルプレス
  6. 乃木坂46生田絵梨花、ANNで「卒業」初オンエア
    乃木坂46生田絵梨花、ANNで「卒業」初オンエア
    モデルプレス

「インタビュー」カテゴリーの最新記事

  1. 【ヒカル・インタビュー後編】「結婚するなら間違いなく門りょう」の真意語る YouTuberとしての今後の目標も
    【ヒカル・インタビュー後編】「結婚するなら間違いなく門りょう」の真意語る YouTuberとしての今後の目標も
    モデルプレス
  2. 【ヒカル・インタビュー中編】宮迫博之は「東京の父親」 最近のエピソードも披露
    【ヒカル・インタビュー中編】宮迫博之は「東京の父親」 最近のエピソードも披露
    モデルプレス
  3. 【ヒカル・インタビュー前編】活動休止中のみっき~への思い「僕にやれることは…」“プラカード”秘話も明かす
    【ヒカル・インタビュー前編】活動休止中のみっき~への思い「僕にやれることは…」“プラカード”秘話も明かす
    モデルプレス
  4. 吉澤閑也が「Travis Japanで良かった」と感じた瞬間 白戸ゆめのは“好き”を発信する大切さ語る<「熱血バスケ」インタビュー>
    吉澤閑也が「Travis Japanで良かった」と感じた瞬間 白戸ゆめのは“好き”を発信する大切さ語る<「熱血バスケ」インタビュー>
    モデルプレス
  5. 「ZIP!」9月パーソナリティー細田佳央太「ドラゴン桜」での反響は「自分だけの力ではない」 その後の役作りに変化も<インタビュー>
    「ZIP!」9月パーソナリティー細田佳央太「ドラゴン桜」での反響は「自分だけの力ではない」 その後の役作りに変化も<インタビュー>
    モデルプレス
  6. かわいくなれる動画が話題・ひよん、過去の姿公表に“不安と葛藤”「未完成の自分も見せていい」と思えるようになった理由
    かわいくなれる動画が話題・ひよん、過去の姿公表に“不安と葛藤”「未完成の自分も見せていい」と思えるようになった理由
    モデルプレス
  7. 生見愛瑠「自分はダメなのかなと感じた」活躍の裏に苦悩 自分らしく輝けるようになった理由は?<モデルプレスインタビュー>
    生見愛瑠「自分はダメなのかなと感じた」活躍の裏に苦悩 自分らしく輝けるようになった理由は?<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  8. 乃木坂46田村真佑、立ち位置に葛藤…支えになった先輩の存在「本音で話し合うことができなかった」同期との絆も<「君に叱られた」インタビュー>
    乃木坂46田村真佑、立ち位置に葛藤…支えになった先輩の存在「本音で話し合うことができなかった」同期との絆も<「君に叱られた」インタビュー>
    モデルプレス
  9. 九州発のアイドルグループ・LinQ、10年間守り抜いた信念と地元愛 新体制8人で「同じ方向を向き直すことができました」<インタビュー>
    九州発のアイドルグループ・LinQ、10年間守り抜いた信念と地元愛 新体制8人で「同じ方向を向き直すことができました」<インタビュー>
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事