才川コージ、新田さちか『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~』最終話(C)AbemaTV, Inc.

「ドラ恋」告白成立の新田さちか&才川コージ、キスシーンで確信した想い 「最初は断るつもりだった」告白の裏側<インタビュー>

2020.12.16 21:00
0
5

ABEMAのオリジナル恋愛リアリティーショー「恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~」(毎週土曜23時~)が12日放送の第12話にて完結。モデルプレスは告白が成立し本気のキスをした2組を直撃し、インタビューを実施。モデルの新田さちか(にった・さちか/22)と俳優の才川コージ(さいかわ・こーじ/25)がお互いに惹かれた理由や、キスシーンに挑んだ心境を語った。

“全話ベッドでのキスシーン”挑戦の「恋愛ドラマな恋がしたい」

若手俳優が毎話キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、本当の恋をしていく様を追いかける同作。番組内の恋愛ドラマで主役を演じられるのは、選ばれた男女1組だけ。新シーズンでは、“ベッドの上で起こる男女の恋物語”というテーマ設定で “全話ベッドでのキスシーン”という本格的な恋愛ドラマに初挑戦した。

『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~』(C)AbemaTV, Inc.
『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~』(C)AbemaTV, Inc.
さらに今回は、共同生活を行い主役のペアを決定するオーディションの前日に、選ばれた1組のみが「同棲ハウス」にて一晩を共にする新ルールが追加。2人だけの“秘密の稽古”や密接なコミュニケーションを通し、恋と演技の一線を越える瞬間や、複雑に絡み合う人間模様が見どころとなっている。

才川コージ、新田さちか『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~』最終話(C)AbemaTV, Inc.
才川コージ、新田さちか『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~』最終話(C)AbemaTV, Inc.
2人は第一印象からお互いに惹かれ合い、第3話で主演を取ると、本番前にフライングキスをするなど他のメンバーを驚かせた。その後、若林拓也も新田に積極的にアプローチし三角関係となるが、2人の思いは変わらず。女子から告白となった最終回では新田から告白し、見事両思いとなった。

新田さちか&才川コージ、お芝居と恋愛の狭間で悩んだ日々

才川コージ、新田さちか(C)モデルプレス
才川コージ、新田さちか(C)モデルプレス
― 共同生活とキスシーン、挑戦だらけの日々だったと思うんですが、思い返して一番苦労した瞬間はどこですか?

新田:私はエチュ―ドが一番苦労しました。色んなことが未経験だったんですけど、即興演技も初めてで自分で状況を設定してこういう終わり方をするという目標を決めてやるんですけど、想像もできないしフリーズするしパニックみたいな感じで感情を開放することもできなかったし、皆すごいなと圧倒されました。ペアを組んだ相手に任せっぱなしで話も焦って聞けてなくて終わり方を間違えちゃったりして、「相手が考えて振ってくれたのに応えられなくて申し訳ないな」とか「何でもっと考えられなかったんだろう」という反省と後悔が終わってからもずっとありました。本当に皆に助けられましたね。

才川:僕はまあジムがなくて筋トレができなかったことかな(笑)。

新田:ちゃんとやっとったけどね。

― いつもしてるんですね。

才川:最初に苦労したのが、筋トレができるスポットを家の中で探すということでした。それは冗談で(笑)、真面目に話すと僕はペア決めが苦労しました。1回1回違う人とやるにあたって最初の方は皆初めて同士だから結構フラットにいれるんですけど、後半はそれぞれ別に想っている人がいる中でペアを組むと、「好きな子にキスをして欲しくない」とか、「もし自分が受かって違う人とキスをしたら好きな子にどう思われるんだろう」とか、そういうところがすごく複雑でした。後半には僕は好きな人が決まっていたので相手のキスを見るより自分がした方が傷つかないと思ってそれがモチベーションになりましたね。でもお互いそういう気持ちでベクトルが合うと良い化学反応が起きるというか違う意味で燃えるというか、お互い想い人がいるから「うちらで受かって(相手に)キスさせないようにしようぜ」という友情が生まれたり、色んな感情が生まれていって、そうなるとお互い「もっとこうしようよ」とかアイデアが出てきて良い意味で距離も近くなるし、一番考えさせられたけどそこが一番成長できたかなと思います。自分としても俳優としても色んな発見がありました。

― 他の仕事では経験できないことですよね。

才川:あとペアを組んだ相手が演技の練習をもっとしたいと思っているときに、僕が筋トレしたかったり、筋トレの時間がなかったのも大変でした(笑)。

新田:あとお腹も壊してたんだよね?

才川:そう。「ドラ恋」中ずっとお腹が痛くて、緊張なのか分からないけどずっとトイレに行ってました。でもそれも含めて楽しかったなと思います。

― 新田さんは共同生活で苦労したことは?

新田:自分の家でもそうなんですけど、冷蔵庫めっちゃ開けちゃう癖があるんですよ。だから誰よりも食べているシーンがある気がする。皆は「緊張で食べれなかった」とか言ってるんだけど、冷蔵庫が自分の好きなもので満たされている状態だったので常に食べてました。全然痩せなかったです(笑)。

新田さちか、才川コージの言葉のおかげで成長できたこと

糸原美波、江野沢愛美、新田さちか、坂口風詩『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~』(C)AbemaTV, Inc.
糸原美波、江野沢愛美、新田さちか、坂口風詩『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~』(C)AbemaTV, Inc.
― 新田さんは自分が一番成長できたと思うことは?

新田:コージ君とやったときは「そのままで良いよ」と言ってくれたんですけど、やっぱりそれは優しさであって誘導してもらったからこそ(主演が)取れたと私は思っているから、そういうサポートがあったから後半にかけて「こういう風に自分はアレンジしてみよう」とか「コージ君だったらこう考えるのかな」とか色々考えたりして主体的にお芝居について考えられるようになったのかなと思いました。

才川:偉いね。俺が「そのままで良いよ」と言ったのは本当だから。

新田:優しさだよ。

才川:例えると、「すごい綺麗な花があるから自分はそれを引き立たせられる雑草になれれば良いや」という感覚。

新田:そんなことないけど、後からインタビューでコージ君が「いかにさちかちゃんを可愛くしてあげられるか」と言っていたのを見てちょっとジーンと来ました。

才川:だって可愛かったから。本当に役に合っていたし、自分の中でドキッとしたからオ―ディションのときや本番でも皆にもそれが伝わってほしいと思ったので、できるだけさちかちゃんが素敵に見えるように役立てれば良いなと思っていて、それが逆にハマったのかなと思います。

新田:(才川は)すごいキャパだなと思いました。

― お芝居の経験が豊富だからこそ、ですね。

才川:いやいや楽しんでるだけです。お芝居したり、考えたりするのが好きなので、いっぱい自分の中で妄想したり、こうなったらすごいドキドキするなとか考えて。

新田:想像力がすごくてエンターテイナーだなと思いました。

若林拓也と三角関係に

新田さちか『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~』最終話(C)AbemaTV, Inc.
新田さちか『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~』最終話(C)AbemaTV, Inc.
― 新田さんは演技経験がほとんどない中でいきなりキスシーンに挑戦するのは大変だったと思うんですけど、抵抗はなかったですか?

新田:割とどんなことに対してもドキドキの心配よりもワクワクが勝っちゃう人だからそういう心配はなくて、ただ「どんな感じなんだろう?」という興味の方が大きかったですね。

― 第3話で才川さんとペアを組んで主演を取った後、第4話のオーディションでは若林さんともペアを組みましたが、あのときの心境は?

新田:コージ君は距離の詰め方が上手いからそういう意味では2人の(自分への)気持ちを確信していたわけではなかったんです。だけど話し合った中で「お互い成長してまた組めたら嬉しいよね」みたいな話をしていたので、他の人ともちゃんと向き合うように心がけていました。

才川:せっかく皆と組むチャンスがあるならやった方が良いなと僕も思ったし、その中でも気持ちが残っていれば後半で成長したときにまた組めるだろうし、思いが複雑に交錯している状況ではあったけどそういう軸は持っていました。最後のオーディション(若林が個人戦で主役を取り新田を指名)は完全に負けたと思っていて、見るのも正直嫌だったんですけど、いざモニターで観たら「すごい作品として素敵だな」と思えてそこに参加できなかった自分の方が悔しい、という感情が勝りました。だから恋愛もしているけどやっぱり俳優として来ているのでそういう気持ちもありました。

才川コージ、新田さちかに「すごくドキッとした」恋に落ちた瞬間

才川コージ『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~』最終話(C)AbemaTV, Inc.
才川コージ『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~』最終話(C)AbemaTV, Inc.
― 才川さんは第一印象から新田さんでしたが、第1話で糸原(美波)さんと組んだときは糸原さんのことも気になっていました。心境はどう変化していきましたか?

才川:第1話のときは素直に「美波ちゃん素敵な人だな、2回目組めたら組んでみようかな」と本当にストレートに思っていたんですけど、さちかちゃんと組んだときに言葉じゃ上手く言い表せないんですけど目が合うだけですごくドキッとしたんです。隣に本人がいて言いづらいんですけど(照)。その気持ちをブラッシュアップしてお芝居にものせていこうと思って、その結果主役を取れたから本当に嬉しくて「ポリス」でキスシーンを撮影したときには確信がありました。

― 稽古の段階でドキッとしたんですね。

才川:言い方が難しいんですけど、俳優としての自分と素の自分がいて、その中の素の自分の方がすごく出ていたというか。目をつぶって想像したらさちかちゃんがすぐに浮かぶし、直感で気持ちが変わりました。

― 新田さんは若林さんからも思いを寄せられて三角関係になりましたが、揺れたりはしなかったですか?

新田:自分の素直な気持ちを出せたら良いなと思って毎回挑んでいました。気持ちの面では一途だったかなと思います。

新田さちか&才川コージ、一致した恋愛と仕事の価値観「安心できました」

仲良くポーズをとってくれた2人/才川コージ、新田さちか(C)モデルプレス
仲良くポーズをとってくれた2人/才川コージ、新田さちか(C)モデルプレス
仲良くポーズをとってくれた2人/才川コージ、新田さちか(C)モデルプレス
― 言葉にするとお互いどういうところに惹かれたんでしょうか?

才川:良い意味でお互い矢印が向き合っているんじゃなくてまっすぐ平行な感じが良かったのかな。2人のワールドというよりはお互いを尊重して「ドラ恋」以外のお仕事を頑張っているところも一緒に切磋琢磨していけたら良いね、と応援できる関係だったのが素敵だなと思いました。

新田:2人の狭い世界になるんじゃなくてこれからもお互い支え合える関係がすごく良いよね、という共通認識があったから安心できました。

― 価値観が一致したんですね。

才川:「好き好き、一緒になりたい」とかじゃなくて、「一緒になるんだったらお互いこうサポ―トし合えたら良いね」と。例えばオ―ディションでセリフを覚えなきゃいけないときに手伝ってあげたり、自分が作品とか舞台をやっているときにサポートしてくれたりとかそういう関係になれる気がして、そこが良かったな。2人だけの世界になっちゃうと甘えちゃって他のことが手につかなくなるし…

新田:それは2人にとって本当の意味で良いのかな?って。一時の熱い思いというよりも長い目で見たときに2人にとって良い関係性についての考え方というのが一致しました。…なんか語っていて恥ずかしいですね(照)。

才川:恥ずかしい。

才川コージ「断るつもりだった」告白

才川コージ、新田さちか『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~』最終話(C)AbemaTV, Inc.
― 最後は新田さんから告白を受けて、どういう心境でしたか?

才川:正直そのときは最後のオーディションで(若林に)主役を取られたショックが大きくて、今後広いところに行ったらもっとライバルがいるのにこの4人の中で負けている場合じゃないという悔しさがあったので、もし自分を選んでくれても最初は告白を断るつもりだったんです。負けたのに恋愛面では成立するというのが自分の中で嫌な感じがして。でも俳優としてプライドを持っている自分じゃなくてただの才川コージとして向き合おうと思ったときに一緒にいたいなと思って応えました。

― 才川さんが悔しがっていることは気づかれていましたか?

新田:私はコージ君の自分の夢や目標がはっきりしていてストイックに頑張っているところを尊敬していたし、周りから見たらすごく出来上がっているのにそれでも頑張り続ける姿勢みたいなものが響いていたので、きっと私の告白があったとしても「仕事に専念したい」となるのも実は予想していたし、その考えを聞いて驚きは特にないですね。ただ「お互い大事にしていることを大事にしたい」という気持ちを伝えたことでそういう風に応えてくれたのがすごく嬉しかったです。

才川コージ、新田さちか『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~』(C)AbemaTV, Inc.
― お互いの気持ちが一致していますね。

才川:良い人なんですよ。僕は役者として殻を破るために全てを素直な気持ちで動こうと思っていたからそういう意味で視聴者の方にとっては自由奔放なキャラクターに見えているかもしれないけど、それも分かっていたことというか、直感で動かないと「ドラ恋」に来た意味がない、結局同じ自分のままじゃん、と思ったので全てをさらけだそうと思ってました。でもいざオンエアが始まったら気になったんですけど(笑)。

新田:そうだよね、人間やもんね。

才川:こないだ「ポリス」のオンエアが終わったときに短い時間だったけど(新田と)電話して「どうだった?」「思ったより応援してくれる人が多かったね」とか話をしました。

新田:私もこういう映像のお仕事は全然したことがなかったから、見え方とか周りにどう思われるかをすごく気にしていたんですけど、放送が始まってみたら自分が思っていた以上に周りの人が応援してくれたり温かく迎えてくれたことが驚きで、だからこそ表現することは改めて楽しいなと感じました。

新田さちか&才川コージ、役者としての今後の目標

才川コージ、新田さちか(C)モデルプレス
才川コージ、新田さちか(C)モデルプレス
― では最後に「ドラ恋」に出たことで新しいファンの方も増えたと思うので、役者として今後の目標をお聞かせ下さい。

才川:自分が一番にこのお仕事をしている理由はやっぱり楽しくて好きだからなんです。だから僕は「好き」を深めて表現者としてもっともっと第一線で活躍していけるように頑張りたいなと思いました。共同生活は色々な意味で大変でしたが、お芝居が好きだなと再認識できたし目標があったからやってこれたので、その好きなお仕事をずっと続けたいです。

新田:「ドラ恋」の経験で「表現することが想像以上に好きだったんだ、楽しいことなんだ」と思えたからこそ、次もどんどんと挑戦して次に繋げて表現できるようになれたらいいなと思います。だから色々なお仕事、お芝居に全力で取り組みたいです。

才川:すごいよね。分かんないけど一番度胸があるなって思った。

新田:自信ないくせにあるんですよ。例えば普通に道歩いていてもそうなんですけど、行ったこともないのに誰よりも先に進んで歩いちゃうこととかあって「いやそっちじゃないよ。すごい自信あるように歩いているからそっちかと思ったわ」とかよく言われます(笑)。

才川:何でも挑戦するからこっちもすごく頑張ろうと思ったし、始めたときの気持ちを思い出しました。好奇心がある子だなと思ったから自然と僕もこういうことを試してみたいとなって一緒に芝居をしていて面白かったです。

― ありがとうございました。

(modelpress編集部)

新田さちか(にった・さちか)

石川県出身。現役青山学院大学生。SNSで話題の女子大生インフルエンサー。雑誌「CanCam」の読者モデルとしても活動中。「青山ミスコン2020」で準グランプリを獲得し12月18日に1stフォトブック「Sachika」を発売する。

才川コージ(さいかわ・こーじ)

東京都出身。2010年、映画で俳優デビュー。舞台を中心に活動していたが、TBS「SASUKE 2019」では初出場ながら1stステージをクリア。2020年はドラマ&映画「八王子ゾンビーズ」に出演したほか、テレビ朝日「仮面ライダーセイバー」に敵役(ズオス)として出演している。特技はパルクール。

【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真をみることができます

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連リンク

関連記事

  1. 「ドラ恋」告白成立の江野沢愛美&北條慶、射止めた思いの強さ「絶対この人から変わることない」 キスシーン・共同生活で大きく成長<インタビュー>
    「ドラ恋」告白成立の江野沢愛美&北條慶、射止めた思いの強さ「絶対この人から変わることない」 キスシーン・共同生活で大きく成長<インタビュー>
    モデルプレス
  2. 「ドラ恋」完結で両思いペア2組が本気のキス スタジオも興奮「たまんない」
    「ドラ恋」完結で両思いペア2組が本気のキス スタジオも興奮「たまんない」
    モデルプレス
  3. 「ドラ恋」出演の新田さちか、ホリプロ所属決定 1stフォトブックで水着ショットにも挑戦
    「ドラ恋」出演の新田さちか、ホリプロ所属決定 1stフォトブックで水着ショットにも挑戦
    モデルプレス
  4. <「ドラ恋」インタビュー:男子編>「メンノン」若林拓也・「仮面ライダーセイバー」才川コージらキスシーンに挑む
    <「ドラ恋」インタビュー:男子編>「メンノン」若林拓也・「仮面ライダーセイバー」才川コージらキスシーンに挑む
    モデルプレス
  5. 桜田通ボーカルバンド「EVEN」イケメンベーシストは誰?才川コージ、肉体美にもうっとり…【注目の人物】
    桜田通ボーカルバンド「EVEN」イケメンベーシストは誰?才川コージ、肉体美にもうっとり…【注目の人物】
    モデルプレス

「インタビュー」カテゴリーの最新記事

  1. 【ヒカル・インタビュー後編】「結婚するなら間違いなく門りょう」の真意語る YouTuberとしての今後の目標も
    【ヒカル・インタビュー後編】「結婚するなら間違いなく門りょう」の真意語る YouTuberとしての今後の目標も
    モデルプレス
  2. 【ヒカル・インタビュー中編】宮迫博之は「東京の父親」 最近のエピソードも披露
    【ヒカル・インタビュー中編】宮迫博之は「東京の父親」 最近のエピソードも披露
    モデルプレス
  3. 【ヒカル・インタビュー前編】活動休止中のみっき~への思い「僕にやれることは…」“プラカード”秘話も明かす
    【ヒカル・インタビュー前編】活動休止中のみっき~への思い「僕にやれることは…」“プラカード”秘話も明かす
    モデルプレス
  4. 吉澤閑也が「Travis Japanで良かった」と感じた瞬間 白戸ゆめのは“好き”を発信する大切さ語る<「熱血バスケ」インタビュー>
    吉澤閑也が「Travis Japanで良かった」と感じた瞬間 白戸ゆめのは“好き”を発信する大切さ語る<「熱血バスケ」インタビュー>
    モデルプレス
  5. 「ZIP!」9月パーソナリティー細田佳央太「ドラゴン桜」での反響は「自分だけの力ではない」 その後の役作りに変化も<インタビュー>
    「ZIP!」9月パーソナリティー細田佳央太「ドラゴン桜」での反響は「自分だけの力ではない」 その後の役作りに変化も<インタビュー>
    モデルプレス
  6. かわいくなれる動画が話題・ひよん、過去の姿公表に“不安と葛藤”「未完成の自分も見せていい」と思えるようになった理由
    かわいくなれる動画が話題・ひよん、過去の姿公表に“不安と葛藤”「未完成の自分も見せていい」と思えるようになった理由
    モデルプレス
  7. 生見愛瑠「自分はダメなのかなと感じた」活躍の裏に苦悩 自分らしく輝けるようになった理由は?<モデルプレスインタビュー>
    生見愛瑠「自分はダメなのかなと感じた」活躍の裏に苦悩 自分らしく輝けるようになった理由は?<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  8. 乃木坂46田村真佑、立ち位置に葛藤…支えになった先輩の存在「本音で話し合うことができなかった」同期との絆も<「君に叱られた」インタビュー>
    乃木坂46田村真佑、立ち位置に葛藤…支えになった先輩の存在「本音で話し合うことができなかった」同期との絆も<「君に叱られた」インタビュー>
    モデルプレス
  9. 九州発のアイドルグループ・LinQ、10年間守り抜いた信念と地元愛 新体制8人で「同じ方向を向き直すことができました」<インタビュー>
    九州発のアイドルグループ・LinQ、10年間守り抜いた信念と地元愛 新体制8人で「同じ方向を向き直すことができました」<インタビュー>
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事