乃木坂46金川紗耶、“噂になっていた”早川聖来の演技を参考「サヨナラの意味」センター務めた心境も<「サムのこと」インタビュー>

乃木坂46 4期生が出演するdTVドラマ「サムのこと」(3月20日より配信スタート/全4話)のインタビュー連載。最後は、金川紗耶(かながわ・さや/18)が登場する。
モデルプレスのインタビューに応じた金川紗耶(C)モデルプレス
モデルプレスのインタビューに応じた金川紗耶(C)モデルプレス

金川紗耶、ドラマ初挑戦「サムのこと」

掛橋沙耶香、金川紗耶、遠藤さくら、早川聖来、田村真佑(C)モデルプレス
掛橋沙耶香、金川紗耶、遠藤さくら、早川聖来、田村真佑(C)モデルプレス
モデルプレスでは、5日連続で「サムのこと」から遠藤さくら、早川聖来、田村真佑、掛橋沙耶香、金川のインタビューを配信。

インタビュー連載の最後は、占いに傾倒してしまい、借金に悩むスミ役を演じる金川。ドラマ初挑戦の心境や女優業への思いを聞いたほか、「メンバーと恋をするなら誰を選ぶか」など、モデルプレス読者から寄せられた質問にも答えた。

乃木坂46「サムのこと」インタビュー連載をチェック!


金川紗耶、女優業に意欲

秋元真夏、早川聖来、掛橋沙耶香、遠藤さくら、田村真佑、金川紗耶/「サムのこと」(C)西加奈子・小学館/エイベックス通信放送
秋元真夏、早川聖来、掛橋沙耶香、遠藤さくら、田村真佑、金川紗耶/「サムのこと」(C)西加奈子・小学館/エイベックス通信放送
― ドラマ撮影は初挑戦となりましたが、いかがでしたか?

金川:楽しい!でも乃木坂46の個人PVで演技をした時は、全くできなくて棒読みで…(苦笑い)。今回のドラマ出演が決まった時も「大丈夫かな」ととても不安になって、演技が終わるたび、メンバーに「大丈夫だった?」と聞いていました。でも「大丈夫だよ」と言ってくれて、やる気がみなぎりました!

― 1番見て欲しい注目ポイントはありますか?

金川:線路で自殺をしようとするシーンが1番難しかったです。その時の気持ちの作り方や、表情、歩き方などを研究して臨んだことが印象に残っています。

― 今後も女優業に挑戦したいですか?

金川:ものすごくやりたいです!ヒロインも演じてみたいけど、変わった役柄やテンションがすごく高かったり、おとなしくて静かだったり…。どんな役にも挑戦してみたいです!

金川紗耶、早川聖来を参考に

早川聖来、金川紗耶、掛橋沙耶香、田村真佑/「サムのこと」(C)西加奈子・小学館/エイベックス通信放送
早川聖来、金川紗耶、掛橋沙耶香、田村真佑/「サムのこと」(C)西加奈子・小学館/エイベックス通信放送
― メンバーの演技を見て「すごいな」と思った方はいましたか?

金川:早川聖来ちゃん!乃木坂46に入ったばかりの頃から、演技レッスンで1人だけずば抜けて上手だったので、「すごい人がいる」と噂になっていました。

聖来は、自分の言葉のように自然にセリフを言っているので、私もセリフの言い方や声のトーンを参考にしました。

― 今までで1番ハマったり、影響を受けたりした作品はありますか?

金川:「ビリギャル」です。見ると勉強ができるようになるんです。“おバカキャラ”なイメージかもしれないですが、「ビリギャル」を見てちゃんと勉強もしているので、私としてはそんなに“おバカ”ではないと思っています…(苦笑い)。

<モデルプレス読者質問>メンバーに恋をするなら?

金川紗耶(C)モデルプレス
金川紗耶(C)モデルプレス
― 事前にモデルプレス読者に金川さんへの質問を募集したところ、たくさん質問が届きました!メンバーと恋をするなら誰を選びたいですか?

金川:かっきー(賀喜遥香)です!私が元気のない時に気づいて駆け寄ってくれたり、ほかのメンバーが困っている時も絶対にかっきーがそばにいるんですよ。みんなのことを見ていて、気遣いができる子なので、すごく優しいんだろうなと思います。

<モデルプレス読者質問>「サヨナラの意味」センターの心境

― 2019年の「AGESTOCK2019」で「サヨナラの意味」のセンターを務めましたが、同じ北海道出身の橋本奈々未さんが立っていた場所でパフォーマンスをするのは緊張しましたか?

金川:めちゃくちゃ緊張しました!4期生のライブで初めてセンターをやらせていただいたのですが、その時はリハーサルの時からすごく緊張していました。センターというポジションは前に誰もいないので、お客さんからの視線もより感じましたね。

でも緊張しているばかりではなく、気持ちを一生懸命曲に乗せて、一生懸命歌えば、ファンの方も応援してくれるんじゃないかなと思って、ステージに立ちました。

金川紗耶(C)モデルプレス
金川紗耶(C)モデルプレス

<モデルプレス読者質問>金川紗耶は占いを信じる?

― 占いにハマる役を演じていますが、金川さん自身は占いを信じますか?

金川:信じることが多いです。おみくじやラッキーアイテムとかを結構気にしますね。おみくじも引きます!

― 今年引いたおみくじの結果はどうでしたか?

金川:“願いは叶う”と書いてあったので、たくさん願おうと思います(笑)。今は1つひとつのお仕事が楽しいので、「たくさんお仕事ができますように」と願っています!

― ありがとうございました。

(modelpress編集部)

乃木坂46 4期生11人、ドラマ初出演

掛橋沙耶香、金川紗耶、遠藤さくら、早川聖来、田村真佑(C)モデルプレス
掛橋沙耶香、金川紗耶、遠藤さくら、早川聖来、田村真佑(C)モデルプレス
「サムのこと」は同じアイドルグループのメンバーだった1人が亡くなったことをきっかけに久々に集まった元メンバーの4人が当時を振り返る過程で、仲間を失った喪失感が生きる希望へと変わっていく模様を描いた群像劇。

金川のほか、自由奔放で独自の世界観を持つ主人公・サム役を遠藤さくら、LGBTであることをメンバーに隠し続けるアリ役を早川聖来、ストレスが原因でアルコールにおぼれてしまうキム役を田村真佑、姉からのネガキャンで引きこもりになるキララ役を筒井あやめ、サムたちがよく通うカラオケボックス店員役を矢久保美緒の計7人の4期生が出演する。

遠藤さくら主演「サムのこと」ストーリー

田村真佑、遠藤さくら/「サムのこと」(C)西加奈子・小学館/エイベックス通信放送
田村真佑、遠藤さくら/「サムのこと」(C)西加奈子・小学館/エイベックス通信放送
アリ、キム、モモ、スミ、サムは元アイドルグループ。パッとすることもなくグループは解散しメンバーは各々違う人生を歩み始めていた。解散してから1年後のある日、サムが事故死する。その通夜でメンバーたちは久しぶりに再会する。アイドルだった10代の頃のように他愛もない話に花を咲かせた残されたメンバーたちは、彼女との思い出を語りだす。しかし、その誰もが自由奔放で独自の世界観を持つ「サム」と呼ばれた彼女の素性も、家族構成さえも知らなかった。サムの思い出を語るうちに自分たちがそれまで言えなかったことを告白する。思い出話の最中に明るみになる「サム」というあだ名の由来、事故ではなく自殺だった可能性、そして、お通夜の最中に死んだはずのサムからメッセージが届く…。

金川紗耶(かながわ・さや)プロフィール

2001年10月31日生まれ、北海道出身。身長は164cm、星座はさそり座。スタイルの良さと小顔、可愛らしいルックスで人気を博している。2020年には「第30回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2020 SPRING/SUMMER」にて初ランウェイを果たした。

衣装協力:sakishima tokyo/Supreme.La.La./titty&Co./enchanted

【Not Sponsored 記事】

iOS/Androidアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - 乃木坂46金川紗耶、“噂になっていた”早川聖来の演技を参考「サヨナラの意味」センター務めた心境も<「サムのこと」インタビュー>
今読んだ記事

乃木坂46金川紗耶、“噂になっていた”早川聖来の演技を参考「サ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「インタビュー」カテゴリーの最新記事