モデルプレスのインタビューに応じたHina (C)モデルプレス

<「オオカミちゃん」Hinaインタビュー>話題の美女のこれまで 小室哲哉プロデュースでデビューから解散、FAKY電撃加入を振り返る

2020.03.17 09:30
0
0

AbemaTVオリジナル恋愛リアリティーショー「月とオオカミちゃんには騙されない」の出演で話題沸騰中の5人組ガールズ・ユニオンFAKYHina(ひな/23)。“No.1モテ美女”として注目を集めている彼女の素顔に迫ったモデルプレスインタビュー前編。

「月とオオカミちゃん」 ”No.1モテ美女”のHina

「月とオオカミちゃん」では、初回に男性メンバー5人の内、3人から思いを寄せられ、自然で飾らないキャラクターや小悪魔的な魅力で、「男女からモテる」「可愛すぎ」と視聴者からも人気が爆発しているHina。第5話終了時点でSNSのフォロワー数増加率が「オオカミちゃん」シリーズの中でもトップクラスを誇るなど、ティーンのファンが急増している。

インタビュー前編では、Hinaのこれまでと、グループや新曲への思いを中心に聞いた。

Hina、Def Will解散から葛藤を経てFAKYに電撃加入

FAKY/Mikako、Taki、Akina、Hina、Lil’ Fang(提供写真)
FAKY/Mikako、Taki、Akina、Hina、Lil’ Fang(提供写真)
Hinaは元々、2016年にavex GIRL’S VOCAL AUDITIONで約6000人の中から決勝に進出し、その後小室哲哉プロデュースガールズグループDef Willのメンバーに抜擢され、中心メンバーとして活躍していたが、2018年7月にグループが解散。ダンス&ボーカル界への夢を追いかけ続けるため、2018年12月にFAKYへの加入を決意した。

― まず、FAKYに加入することになった経緯を改めて詳しく教えて下さい。

Hina:Def Willが解散したタイミングと、FAKYもちょうど元々いたメンバーが卒業するタイミングが一緒で、解散後にFAKYのオーディションを受けさせて頂いて、新メンバーとして入って1年位経ちました。解散したときはその後の活動予定は全く決まっていなくて、2・3ヶ月くらいずっと会社の方や親と相談していました。元々モデルさんや女優の仕事をしたくてオーディションを受けていたので、ここで音楽をやめるのか続けるのかもすごく迷ったし、時間をかけてそこは考え抜いて。でもやっぱりせっかくDef Willでデビューさせて頂いて、「音楽でどうしても成功したい」という思いが一番強かったから、ここで諦めずにもう1回頑張ってみようと思って音楽を続ける選択をしました。

― Def WillとFAKYでは、色も違うと思うんですが、異なるグループに飛び込む葛藤はありましたか?

Hina:すごくありました。元々FAKYの方が先輩グループだったので、ライブを観させてもらったり、お仕事などで共演することもあったんです。世界に向けて活動しているグループなので英語の歌詞も多いし、曲も海外のテイストが多いし、何より踊るから…。 Def Willのときも両方やっていたんですけど、FAKYの中ではスキル的に本当に足りなかったと思うので、当初はメンバーに追いつくのに必死でした。オーディションのときも強化期間ということでトレーニングがあって、一番大変だったのはそこかもしれないです。

Hina (C)モデルプレス
― メンバーとはすぐに馴染めましたか?

Hina:メンバーはすぐに「敬語もやめていいし、呼び捨てにしていいし、(上下関係なく)メンバーとしてやっていこう」と言ってくれたんですけど、自分的に敬語が取れるまで、1・2ヶ月くらいかかって、徐々に徐々に段々なくしていくという感じでした。最初はやっぱり気を遣っていた部分があったんですけど、一緒に活動しているうちに本当に気を遣っていられなくなったというか、自然と馴染めていった感じかな。メンバーはすごく優しくしてくれたし、1対1で話す時間も作ってくれました。

― ダンスの相談をすることも?

Hina:元々4人だったフォーメーションが5人になったので、一番ダンスが上手いAkinaが、沢山アドバイスをくれて、助けてもらいました。

― フォーメーションが変わるのは大変ですよね。

Hina:全曲歌も5人バージョンに変えなければいけなかったのでその作業も最初は結構大変でした。

― 今はメンバー全員がとても仲良しそうです。家族みたいな関係性なんでしょうか?

Hina:ほぼ毎日一緒にいます(笑)。上京して今は一人暮らしなので、ほとんどの時間はメンバーといる気がします。

Hina、FAKY新曲「half-moon」にかけた思い

FAKYは“海外に通用するガールズグループ”を合言葉にした個性派ガールズグループで、ルーツもスタイルも異なる5人が集結(=ユニオン)。26日に配信開始した新曲「half-moon」はHinaがコンセプトメイクキングを手掛け、Hinaから「オオカミちゃん」での経験を通して感じた想いを託されたメンバーのLil’ Fangが作詞。Hinaの繊細な想いとLil' Fangの紡いだ言葉がかけ合わさったエモーショナルなバラードナンバーになっている。

― 新曲「Half moon」は、メンバーのLil’ Fangさんが、Hinaさんの思いを歌詞にして下さったんですよね。

Hina:私が「月とオオカミちゃん」 の経験を通して感じたことを箇条書きのメモにして、何枚分も送って、それを元にLil’ Fangが作詞してくれました。私1人だと当事者過ぎてというか、伝えたいけどどう言葉にしたら伝わるかとか難しくて…。FAKYとして出す音楽なので、私だけだと5人全員が自分のものにできる言葉とか表現の仕方をなかなか生み出せなかったと思うんですけど、そこをLilが体験談として一旦読んで感じたことを歌詞にしてくれて、バトンが上手くいったからこそできたものだと思います。独りよがりにならずに誰が聴いても共感できるようにLilの中で消化して音楽として作ってくれて、最初に読んだときはものすごく感動しました。

― 言いたいことが伝わっているな、と。

Hina:そうです、そうです。もう本当にびっくりしました。

― 「怖がらずに 信じて欲しい」という歌詞もあって、話題になっています。

Hina:私の言葉からも取っているんですけど、”Lilが「オオカミちゃん」の中で観た私”というのが大きいと思います。

Hina、FAKYの知ってほしい魅力は?

Hina (C)モデルプレス
― 「月とオオカミちゃん」 きっかけでFAKYを知った方も多いと思いますが、これからFAKYのどんな魅力を知って欲しいですか?

Hina:女性の強さというか“ガールズパワー”をテーマにしているグループなので、海外でもライブをさせてもらっているみたいに、本当に女の子たちの代表で、皆に憧れてもらえる存在を目指してやっているので、媚びずに等身大の強さを曲とかダンスで表現しています。私が「オオカミちゃん」に出たことでこれからの環境とか見て頂く人もすごく変わってくると思うんですけど、FAKYがやっていることとかやってきたことは何も変わっていないから、これをきっかけに知って下さった方も、これからのFAKYはもちろん、これまでのFAKYも見て欲しいなと思います。

FAKY・Hina(提供写真)
FAKY・Hina(提供写真)
― 「月とオオカミちゃん」 視聴者の方からはFAKYに対してどんな反響が届いていますか?

Hina:「オオカミちゃん」は本当に素の自分だから素の自分だから楽しんじゃっているというか(笑)、パフォーマンスをしているときの姿とは多分全然違うと思うんです。だから初めてMVとかを観て下さると結構びっくりされることが多くて「めっちゃ踊るやん!こんなバキバキ系なんだ」みたいな感想は頂くことが多いですね(笑)。でも両方とも大事にしている自分だし、普段はあのまんまなんですけど、「FAKYとして活動しているときはこういう姿なんだよ」というのは見て欲しいです。

― 確かに、ギャップがすごいと思います。

Hina、個人としてはモデルや女優業にも興味

Hina (C)モデルプレス
― グループとしてと、個人としての目標や夢を教えて下さい。

HinaFAKYとしてはワールドツアーをやりたいとずっと言っているんですけど、近い目標としては武道館に単独で立ちたいです。なので、それを目標に5月のワンマンもそうですし、どんどん頑張っていきたいですね。

個人としては最初にオーディションを受け始めたきっかけがモデルや演技の仕事がしたいというのがあったので、そういったお仕事にもどんどん挑戦していきたいなと思います。

Hina、TGC出演への思い

Hina (C)モデルプレス
なお、インタビューは、「月とオオカミちゃん」 メンバーで出演した2月29日に東京・国立代々木競技場第一体育館で開催された「第30回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2020 SPRING/SUMMER」(以下:TGC)より前に実施。

今回イベントは新型コロナウイルスの感染拡大により、無観客開催となったが、TGCはHinaにとってデビュー前の思い出の地でもあった。「『TOKYO GIRLS AUDITION』のセミファイナルで落ちてしまってファイナルのTGCは歩けなかったので、やっと今回思いが叶ってすごく楽しみです」と話していた。

「月とオオカミちゃん」 について語ってもらったインタビュー後編も後日配信予定。(modelpress編集部)

Hinaプロフィール

Hina (C)モデルプレス
Hina (C)モデルプレス
生年月日 : 1997年2月19日
出身地 : 日本/京都/京丹後市
身長 : 160cm
血液型 : A
趣味:ドラム/ ピアノ/ダンス/読書/文章

ライブ情報
FAKY ONEMAN LIVE “NEW AGE”
日程:2020年5月31日(日)東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGE
会場:OPEN 17:00 / START 18:00
チケット購入:http://r.y-tickets.jp/faky2001_hp

INFO
OFFICIAL YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCB0bl5q4gqVxwiygBwi-HKQ
OFFICIAL SITE:https://faky.jp/sp/
OFFICIAL Facebook:https://www.facebook.com/FAKYjp/
Hina Instagram:https://www.instagram.com/hina_faky/?hl=ja
Hina Twitter:https://twitter.com/Hina_faky
【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真をみることができます

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連リンク

関連記事

  1. 「オオカミちゃん」で話題のFAKY・Hina、ソロで初主演 他アーティストMVに出演
    「オオカミちゃん」で話題のFAKY・Hina、ソロで初主演 他アーティストMVに出演
    モデルプレス
  2. 「オオカミちゃん」No.1モテ美女・ヒナ、美デコルテ際立つSEXY動画に「惚れた」「美しすぎる」の声
    「オオカミちゃん」No.1モテ美女・ヒナ、美デコルテ際立つSEXY動画に「惚れた」「美しすぎる」の声
    モデルプレス
  3. 「オオカミちゃん」新シリーズ、矢印集中のFAKY・Hinaが話題「男女からモテる」「可愛すぎ」<プロフィール>
    「オオカミちゃん」新シリーズ、矢印集中のFAKY・Hinaが話題「男女からモテる」「可愛すぎ」<プロフィール>
    モデルプレス
  4. 小室哲哉はなぜ今“ガールズグループ”をプロデュースするのか?普通の女の子が集まった“Def Will”とは? モデルプレスインタビュー
    小室哲哉はなぜ今“ガールズグループ”をプロデュースするのか?普通の女の子が集まった“Def Will”とは? モデルプレスインタビュー
    モデルプレス
  5. 小室哲哉プロデュース新ガールズグループ“Def Will”が始動 今後の目標を語る
    小室哲哉プロデュース新ガールズグループ“Def Will”が始動 今後の目標を語る
    モデルプレス
  6. この子なら全てを捧げてもいい!男が生涯共にしたい「運命の相手」とは?
    この子なら全てを捧げてもいい!男が生涯共にしたい「運命の相手」とは?
    恋愛jp

「インタビュー」カテゴリーの最新記事

  1. 竹内涼真「六本木クラス」リメイクの難しさとプレッシャー 俳優としての“信念”も語る<モデルプレスインタビュー>
    竹内涼真「六本木クラス」リメイクの難しさとプレッシャー 俳優としての“信念”も語る<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  2. 篠崎こころ、バスト落とさずスタイルアップ成功の秘訣 初写真集までの徹底ケア明かす<モデルプレスインタビュー>
    篠崎こころ、バスト落とさずスタイルアップ成功の秘訣 初写真集までの徹底ケア明かす<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  3. 町田啓太&白石麻衣、過酷撮影の裏に“徹底した体作り” 初共演で互いに刺激も<「テッパチ!」インタビュー>
    町田啓太&白石麻衣、過酷撮影の裏に“徹底した体作り” 初共演で互いに刺激も<「テッパチ!」インタビュー>
    モデルプレス
  4. “年下男子に目覚めた”大政絢の「理想ノカレシ」像とは?FANTASTICS佐藤大樹&堀未央奈とのエピソードも明かす<モデルプレスインタビュー>
    “年下男子に目覚めた”大政絢の「理想ノカレシ」像とは?FANTASTICS佐藤大樹&堀未央奈とのエピソードも明かす<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  5. 永野芽郁「キュンとするところがあります」撮影現場エピソード告白 10年後に目指す姿とは?<「ユニコーンに乗って」インタビュー>
    永野芽郁「キュンとするところがあります」撮影現場エピソード告白 10年後に目指す姿とは?<「ユニコーンに乗って」インタビュー>
    モデルプレス
  6. 長濱ねるが“悲しみやすい自分から脱却した言葉” 「セブンルール」スピンオフ企画インタビュー
    長濱ねるが“悲しみやすい自分から脱却した言葉” 「セブンルール」スピンオフ企画インタビュー
    モデルプレス
  7. えなこ“年収1億円超”公表への覚悟「幸せになればなるほど見返せる」新たな意欲も明かす<モデルプレスインタビュー>
    えなこ“年収1億円超”公表への覚悟「幸せになればなるほど見返せる」新たな意欲も明かす<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  8. 新木優子「六本木クラス」経験したことない難しさ語る 竹内涼真&平手友梨奈の印象も<モデルプレスインタビュー>
    新木優子「六本木クラス」経験したことない難しさ語る 竹内涼真&平手友梨奈の印象も<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  9. 「六本木クラス」鈴鹿央士、再共演・平手友梨奈との関係性に変化 日本版リメイクで意識することは?「ブレてはいけない」<モデルプレスインタビュー>
    「六本木クラス」鈴鹿央士、再共演・平手友梨奈との関係性に変化 日本版リメイクで意識することは?「ブレてはいけない」<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事