モデルプレスのインタビューに応じた西野未姫(C)モデルプレス

西野未姫、AKB48デビュー時から最大20キロ増…激太りからの肉体改造法・美ボディへの道<モデルプレスインタビュー>

2020.01.19 13:00

タレントの西野未姫(にしのみき/20)が、モデルプレスのインタビューに応じた。

西野未姫、激変ボディが話題に

2012年にAKB48の14期生として加入し、2017年3月に卒業して以降、バラエティ番組を中心に活躍中の西野。昨年3月にベストボディを競う大会「サマー・スタイル・アワード 2019 Produced by KEN KANEKO」東京大会に出場。51キロから45キロまで減量に成功しグラビアで見せた美ボディも話題を呼んだ。

西野未姫「サマー・スタイル・アワード 2019 Produced by KEN KANEKO」「NOVICE」大会の様子/2019年12月撮影
西野未姫「サマー・スタイル・アワード 2019 Produced by KEN KANEKO」「NOVICE」大会の様子/2019年12月撮影
西野未姫「サマー・スタイル・アワード 2019 Produced by KEN KANEKO」「NOVICE」大会の様子/2019年12月撮影
西野未姫「サマー・スタイル・アワード 2019 Produced by KEN KANEKO」「NOVICE」大会の様子/2019年12月撮影
その後、55キロまでリバウンドしてしまったが、昨年12月1日にも「NOVICE」大会に出場し再挑戦。大会に向けて再び2ヶ月間ダイエットと肉体改造に励み、今回は56.05キロから47.80キロまで減量、ウエストは77.4センチから60センチへと磨き上げられた美ボディに変貌を遂げた。

インタビュー前編では減量方法や苦労、幾度のダイエットを通じて学んだことを中心に話を聞いた。

西野未姫、大会後に早速爆食い「食べすぎて背中が痛くなった」

西野未姫(C)モデルプレス
― サマスタが終わって、最近のダイエット事情を教えて下さい(インタビューは昨年12月に実施)。

西野:12月9日にグラビアの撮影があったので「とにかく9日まで乗り越えれば!」と思って禁酒もしていました。1回めちゃくちゃ食べた日もありつつ、なんとか取り返してグラビアは良い感じに撮れたんですけど、それからの2日間は食べまくってしまいました(笑)。撮影がお昼に終わって、終わった瞬間に着替える前にクッキー、お稲荷さん、おにぎりとか食べ始めてその後家でパスタ作って、仕事で魚をさばいて2匹分食べてその後マネージャーさんと居酒屋で魚とかカマンベールのチーズ揚げとか食べて。食べたものは全部ストーリーにあげました(笑)。食べすぎて背中痛くなって、人生で初めての感覚でした。

― そんなことがあるんですか?

西野:家に帰ったら背中の両サイドが痛くて、本当に死ぬかなと思うくらい、涙が出ました。今触っても痛いもん。急に意識が朦朧としてきて麻酔打った後みたいにフワフワしてきて気づいたら寝ていて朝だったんですよ!本当に死んだと思いました(ここまでマシンガントーク)。昨日も大食いの仕事で色々食べた後にまた「食べたい!」となってしまってラーメン、アイス、ヨーグルト食べて、赤福を新幹線の中で食べて、帰ってきてからかき氷を2個食べました(笑)。夜体重を測ったら2日で5キロ増えていました。やばくないですか? 53.9キロだったんです。でも成人式に向けて気合を入れ直します。

西野未姫、AKB48デビュー時からは最大で20キロ増量

西野未姫(C)モデルプレス
― 最初の大会出場前のことからお話を聞きたいと思います。AKB48としてのデビュー時と比べて、MAX体重はどれくらいでしたか?

西野:デビューのときは37キロだったんですよ。だけどサマスタに最初に出る前は最大56キロだったので20キロくらいかな。

― 元々細い体型だと思うんですけど、太ってしまった理由は?

西野:中学生のときは実家から通っていたので夜ご飯も食べに行けないし、忙しくて大変だったんですけど、高校生になって上京して一人暮らしが始まったら食に対する欲がどんどん増して、夜食べてもバレないじゃないですか?だから同じマンションの子と夜何か買ってきて食べたり外食行ったりが多くなって食べる幸せを感じるようになってから太って衣装が着られなくなって、ファンの方にも「デブ」と言われて…「痩せなきゃ、でも食べたい!」みたいな悪循環でどんどん太っていきました。

― ダンスをしていたら痩せそうですが…。

西野:いや~、意外とそれ以上に食べているので痩せないんです。食べる量がえげつなくて。

― そこからジムに行こうと思ったのは、卒業してから?

西野:AKB48時代は年に1回くらいしか行ってなくて、ちゃんと行き出したのは卒業してからです。番組のダイエット企画で昨年の9月に、今のトレーナーさんと出会って、そこから筋トレを覚えました。ダイエットというよりも減量という感じでボクサーみたいな食事で落としました。

― それからサマスタに出場しようと思ったのは?

西野:そのトレーナーさんがコンテストに関わっている方で、一緒に通っている方の中にも出ている人が多かったので「出なよ!」と進められたのが最初です。20歳になるまでにめちゃくちゃモテたいと思ったんですけど、「こんなデブじゃモテないわ」と思ったので、20歳の誕生日の5日前が1回目の大会当日で、出ることを決意しました。

西野未姫、“激変ボディ”までの道

西野未姫「サマー・スタイル・アワード 2019 Produced by KEN KANEKO」「NOVICE」大会の様子/2019年12月撮影
西野未姫「サマー・スタイル・アワード 2019 Produced by KEN KANEKO」「NOVICE」大会の様子/2019年12月撮影
― 大会当日も少しお聞きしましたが、サマスタの1回目と2回目の減量方法の違いを教えて下さい。

西野:最初の体重が全然違くて、今回は56キロスタートだったんですけど、前回は51、2キロくらいからスタートだったんですよ。前回は最初の1ヶ月そんなに減らしてなくて、次の1ヶ月で追い込んだ感じなんですけど、今回は1ヶ月目から朝夜プロテインみたいな感じで食事制限したけど体重が停滞しちゃって、“ハイカーボディ”という1日だけ炭水化物をいっぱい入れるという方法で落としたりもしました。体がエネルギー不足になっているのでそこで一気に炭水化物を入れて燃焼させるという方法です。米2合、餅8個とかを食べました。

― それは太らないんですか?

西野:なぜか太らないんですよ。それまで究極に制限しているのでそこで一気に摂り入れて次の日からまた同じ食事に戻すと3、4日後に落ちているんですよ。極限にしていないと効かなくて普通の食事の人がやっても減らないと思いますが。

― 体重の増減は見た目のどこに一番表れますか?

西野:顔かな~。むくみとかも日によって全然違います。

西野未姫「サマー・スタイル・アワード 2019 Produced by KEN KANEKO」「NOVICE」大会の様子/2019年12月撮影
西野未姫「サマー・スタイル・アワード 2019 Produced by KEN KANEKO」「NOVICE」大会の様子/2019年12月撮影
西野未姫「サマー・スタイル・アワード 2019 Produced by KEN KANEKO」「NOVICE」大会の様子/2019年12月撮影
西野未姫「サマー・スタイル・アワード 2019 Produced by KEN KANEKO」「NOVICE」大会の様子/2019年12月撮影
― 主にどの部分をどういう風にトレーニングしましたか?

西野:私はお尻を一番武器にしていたので、お尻をめちゃくちゃ鍛えて、なるべくお尻を綺麗に見せるポージングをしました。後は、後ろの太ももとか、背中の三角形を主に。トレーニング的には頑張ったと思うし、悔いはないです。

― すごく綺麗でした。

西野:ありがとうございます。痩せているときは良いんですけど、太るとデカくなる(笑)。筋肉を付けている上に脂肪が付くので太っているときはめちゃくちゃデカいです。

西野未姫、精神的に追い込まれた減量期間「本当に人格変わっていた」

西野未姫「サマー・スタイル・アワード 2019 Produced by KEN KANEKO」「NOVICE」大会の様子/2019年12月撮影
― 3回目の出場はまだ考えていないですか?

西野:もう嫌です!やりたくない(笑)。

― 精神的に相当きつかったから?

西野:今回はめちゃくちゃしんどかったので、本当にやりたくないですね。(※その後、紆余曲折あり3月22日の大会出場を宣言)

― どのくらい追い込まれましたか?

西野:全てにネガティブになりました。元気も出ないし、「頑張ろう!」みたいな活力が生まれないし、上手くいく人生の想像ができなくて、「どうせ消えていくんだ」みたいな思考になっちゃうんですよ。体重も落ちないし、イライラして、最低な人間というか本当に人格変わっていたと思います。こんなハッピー人間じゃなかったですもん。人が笑っているのを見ても笑えないし本当に悪人みたいでした。

― その間、バラエティとか出られないですね(笑)。

西野:ちょうど11月めっちゃ暇だったんですよ。逆に助かりました。でもネガティブだから仕事ないことにも焦って「このまま本当にホームレスになるんだな…。お金もなくて道歩きながら新聞紙とか拾って…そういう生活になるんだろうな」とかネガティブモードで、「だから頑張るんだ」みたいな気持ちになれなかったですね。体重増えたら「何で食べてないのに増えてんだよ!」と思って、駅の改札とか混んでいるだけでイライラして、本当に犯罪者みたいになっていました。

― 落ち込んでいることが重なるとそうなりますよね。停滞してから最終的に体重は減りましたか?

西野:1回“ハイカーボディ”を入れて一気にバッーと落ちてからはまた停滞があってなかなか理想の体重まではいかなかったです。

西野未姫「サマー・スタイル・アワード 2019 Produced by KEN KANEKO」「NOVICE」大会の様子/2019年12月撮影
― 暗い気分は当日まで引きずりましたか?

西野:はい(笑)。最後の1ヶ月はイライラしていましたね。

― ステージの上ではすごく良い笑顔でした。

西野:当日は「やっと終わる!」という開放感がありました。

― 終わった瞬間は?

西野:泣きました。「受賞できなくて申し訳ない」と思って涙が出てきました。

西野未姫、ダイエット本発売

西野未姫ダイエット本「デブぬけ 激太りした元アイドルが食べながらやせた奇跡のダイエット方法」(宝島社)
西野未姫ダイエット本「デブぬけ 激太りした元アイドルが食べながらやせた奇跡のダイエット方法」(宝島社)
2020年1月27日に書籍「デブぬけ 激太りした元アイドルが食べながらやせた奇跡のダイエット方法」を発売。運動嫌い、食べるの大好き“デブ思考”の西野がパーソナルトレーナーと共に考案した、ゆるゆるトレーニングと独創的なレシピの数々を紹介。さらに体重が落ちたときはルンルン、落ちないときはイライラ、マネージャー&トレーナーに八つ当たりしてしまう性格でもモチベーションを保てた、メンタルコントロール法まで、元アイドルの全力ダイエットの軌跡とノウハウを赤裸々に公開。西野考案の「奇跡の満腹ダイエットレシピ」「美デブぬけ 激太りした元アイドルが食べながらやせた奇跡のダイエット方法ボディをつくる筋トレ」なども収録される。

― ダイエット本の簡単な内容と、どんな人に読んで欲しいかを教えて下さい。

西野:パーソナルジムでの詳しいトレーニングや、ジムに行かない日の自宅でのトレーニングの方法、家で食べたレシピなど、色々なものが詰まっています。辛い思いをしていたことも話したし、「ダイエットしたい」と思っていてもできない気持ちもすごく分かるし、結構デブなときの写真もさらしているので、読んだ人が頑張ろうと思えるきっかけになれば良いなと思います。

― 今続けているトレーニングは?

西野:極端に減らしたり増やしたりしないで健康的なご飯を食べて「食べたい!」みたいな脳の麻痺をとりあえず直そうと。運動は週1、2回くらいの筋トレと有酸素を続けて、ストレッチで綺麗な体にしていこうと思います。家を掃除するとか、可愛い服買ってみるとか、メイク道具変えるとか、美に対して意識してモチベーションを上げないと、1回だらけたら全部がどうでも良くなって家も汚い、掃除もしない、洗い物も置きっぱなし、ジムも行かない、食べまくって寝るみたいな生活になって人として最低になるのでちょっとでもモチベーションが上がることをしていこうとは思っています。

西野未姫、モチベーションは恋「気になっている人に会うために太れない」

― 西野さんのモチベーションが上がる根源は何ですか?

西野:グラビアとか決定的な“何日に何がある”みたいな目的がないと本当に無理ですね。成人式までにはまだ1ヶ月あるので私にとって1ヶ月は遠すぎてもっとこまめに何かがないと心配です(笑)。でもやっぱり女の子なので、恋で結構痩せられるんですよ。今までも「好きな人に1ヶ月ぶりに会えるから1ヶ月ダイエットしよう!」というモチベーションで5キロ痩せたことがありました。なので、恋をして「この人に会うために頑張って痩せよう」「やばい!デブのまま会えない!」と思って、会う予定を入れるのが一番効果的な気がします。

― 大会のときも「気になっている人はいます」とおっしゃっていましたね。すでに会う予定がある?

西野:ないです!まず作らないといけないんです(笑)。気になっている人に会うために太れないんです。デブになったら会えないもん。「デブ!!」とか「だらしない」とか思われたくないし、「写真で見るよりデブくね?」と思われたら終わりじゃないですか?そんなのでもう終わらせたくないんですよ。やっぱりそこで「可愛すぎてヤバい!」「モテちゃう!急いで手に入れないと!」と相手に思わせないとダメなので予定を組もうと思います。

西野未姫、ダイエットは「一人じゃできない」

西野未姫(C)モデルプレス
西野未姫(C)モデルプレス
― では、これまで色々経験されてきた西野さんがダイエットで一番大切だと思うことは何ですか?

西野:今回は一人じゃできないと思いました。もちろんダイエットは自分の問題だし、一人でやることなんですけど、インスタに体重や食べ物を載せたら女子のファンが増えて、「私も頑張ってダイエットしています」とか「未姫ちゃんが頑張っているからモチベーションになっています」とか、そういうメッセージを頂きました。一人だったら絶対に嘘ついて食べちゃったと思うんですけど、そういうファンの方がいて、一緒に頑張っているから私だけ抜け駆けはできないなと思ったし、今回リバウンドしたくない気持ちが強いのは私を見て希望を持った人がいるのに私がそれでリバウンドしたらきっとその人たちも「未姫ちゃんがリバウンドしているんだったら、私もいいや」となっちゃってその一歩の勇気を無駄にしちゃうと思うからで、私がしっかりしなきゃと思っています。今回メンタルがやられたときもあったけど、ファンの人のコメントや、周りの友達が支えてくれて励ましてくれたからここまで来られたと思うし、ダイエットするときは1人で追い込まないで周りの人に頼ること。「まだ食べるの?」とか逆に「え!これだけしか食べないの?もっと食べなよ」とか言われたときにイラつく気持ちもわかるけど、一人でやっていても追い込まれていつか爆発すると思うので、周りをちゃんと頼って「自分は一人じゃないんだ」という気持ちを持ってやることが大切だと思います。

― ありがとうございました!

※AKB48卒業後のバイト時代、炎上への本音などを聞いたインタビュー後編も近日配信。

(modelpress編集部)

西野未姫(にしの・みき/20)プロフィール

誕生日:1999年 4月4日
血液型:O型
出身地:静岡県
特技:魚をさばくこと(実家が漁師一家)

1999年4月4日生まれ、静岡県出身。2012年にAKB48の14期生としてデビュー。研究生時代より、現エースの岡田奈々や小嶋真子とともに三銃士として注目される。しかし顔芸などを全力で披露したり、リアクションが大きすぎる為、正統派アイドル路線から逸れていき、AKB48の中では体を張ってオチを任されるなどバラエティ担当として重宝されてきた。2017年3月に卒業。その後は多数のバラエティ番組に出演している。

西野未姫ダイエット本「デブぬけ 激太りした元アイドルが食べながらやせた奇跡のダイエット方法」(宝島社)

https://www.amazon.co.jp/dp/4299001982/ref=cm_sw_r_li_dp_U_5NYaEb5CPPTRC
【Not Sponsored 記事】

関連リンク

関連記事

  1. 鈴木奈々、西野未姫とのスッピン2ショット公開「めっちゃ可愛い」と絶賛の声
    鈴木奈々、西野未姫とのスッピン2ショット公開「めっちゃ可愛い」と絶賛の声
    モデルプレス
  2. 【注目の新成人】西野未姫「余裕のあるモテ女目指します!」
    【注目の新成人】西野未姫「余裕のあるモテ女目指します!」
    モデルプレス
  3. 西野未姫「片思いの人がいる」恋愛事情を告白
    西野未姫「片思いの人がいる」恋愛事情を告白
    モデルプレス
  4. ダイエット成功の西野未姫、“第二のまゆゆ”復活宣言 前髪カットで「超似てる」の声相次ぐ
    ダイエット成功の西野未姫、“第二のまゆゆ”復活宣言 前髪カットで「超似てる」の声相次ぐ
    モデルプレス
  5. 西野未姫、ダイエットのビフォーアフター公開 現在の体重も明かす
    西野未姫、ダイエットのビフォーアフター公開 現在の体重も明かす
    モデルプレス
  6. 西野未姫、ダイエット本を発表 奇跡の肉体変化方法に迫る
    西野未姫、ダイエット本を発表 奇跡の肉体変化方法に迫る
    モデルプレス

「インタビュー」カテゴリーの最新記事

  1. 三代目JSB“岩田剛典宅開催”クリパの全貌 12年間築き上げてきた関係性&毛色の違う7人がグループで輝く理由が見えてきた<「STARS」インタビュー後編>
    三代目JSB“岩田剛典宅開催”クリパの全貌 12年間築き上げてきた関係性&毛色の違う7人がグループで輝く理由が見えてきた<「STARS」インタビュー後編>
    モデルプレス
  2. 三代目JSB、グループ活動休止は「必要な1年だった」再始動に向けて話し合ったこと・“再起を懸けた” 2023年への強い覚悟<「STARS」インタビュー前編>
    三代目JSB、グループ活動休止は「必要な1年だった」再始動に向けて話し合ったこと・“再起を懸けた” 2023年への強い覚悟<「STARS」インタビュー前編>
    モデルプレス
  3. 鈴木仁の“運命的な出会い” 何でも打ち明けられる相手とは<「今夜すきやきだよ」インタビュー後編>
    鈴木仁の“運命的な出会い” 何でも打ち明けられる相手とは<「今夜すきやきだよ」インタビュー後編>
    モデルプレス
  4. 鈴木仁「今夜すきやきだよ」実年齢より年上の“年下彼氏”役…繊細な調整に挑む ジェンダー観で新たな気付きも<インタビュー前編>
    鈴木仁「今夜すきやきだよ」実年齢より年上の“年下彼氏”役…繊細な調整に挑む ジェンダー観で新たな気付きも<インタビュー前編>
    モデルプレス
  5. フィッシャーズ×水溜りボンドが語る“夢を叶える秘訣” 互いへの本音とトップランナーが今感じるYouTube界の変化 
    フィッシャーズ×水溜りボンドが語る“夢を叶える秘訣” 互いへの本音とトップランナーが今感じるYouTube界の変化 
    モデルプレス
  6. 今勢いに乗るYouTuber・エスポワール・トライブ、人生が変わった3年の思いと夢を叶える秘訣「東海オンエア・フィッシャーズと肩を並べたい」
    今勢いに乗るYouTuber・エスポワール・トライブ、人生が変わった3年の思いと夢を叶える秘訣「東海オンエア・フィッシャーズと肩を並べたい」
    モデルプレス
  7. 小森隼「実らない恋の方が魅力を感じる」恋愛観が形成されるまで GENERATIONS10周年で感じた“夢を叶える秘訣”<「恋愛ドラマな恋がしたい in NEW YORK」独占インタビュー>
    小森隼「実らない恋の方が魅力を感じる」恋愛観が形成されるまで GENERATIONS10周年で感じた“夢を叶える秘訣”<「恋愛ドラマな恋がしたい in NEW YORK」独占インタビュー>
    モデルプレス
  8. 乃木坂46菅原咲月、センター曲初披露直前に流した涙 隣で支えた井上和の存在・ツアー中の葛藤語る<「乃木撮」インタビュー>
    乃木坂46菅原咲月、センター曲初披露直前に流した涙 隣で支えた井上和の存在・ツアー中の葛藤語る<「乃木撮」インタビュー>
    モデルプレス
  9. 乃木坂46井上和、グループ加入数ヶ月で感じた“重み”「感情が追いつかなかった」時期を乗り越え得たもの<「乃木撮」インタビュー>
    乃木坂46井上和、グループ加入数ヶ月で感じた“重み”「感情が追いつかなかった」時期を乗り越え得たもの<「乃木撮」インタビュー>
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事