<内田理央「海月姫」インタビュー>ぶっ飛び強烈キャラ“まやや”の意外な反響、演じられた理由…“映画版”太田莉菜は意識する?

参照回数:635,723

【内田理央/モデルプレス=2月11日】女優の内田理央(うちだりお・26)がフジテレビ系ドラマ「海月姫」(月曜よる9時~)にて、また強烈な役に挑んでいる。これまでも印象深い役を多数演じてきた彼女だが、今回は段違い。髪で顔の半分が隠れているため、鼻から下しか映らず、役を彼女が演じていることに気づかない視聴者もいるほどだ。モデルプレスはそんな強烈キャラを演じる内田にインタビューを行い、役作りや反響など話を聞いた。
モデルプレスのインタビューに応じた内田理央(C)モデルプレス
モデルプレスのインタビューに応じた内田理央(C)モデルプレス

「海月姫」で“まやや”が話題に

内田理央/「海月姫」より(C)フジテレビ
内田理央/「海月姫」より(C)フジテレビ
同作は「東京タラレバ娘」や「主に泣いてます」などで知られる東村アキコ氏による同名作品が原作。“オタク女子”が自分には一生縁がないと思っていた恋を知り、複雑な三角関係に巻き込まれながら新しい自分を見つけていく“シンデレラ・コメディー”だ。

同作では、主人公の月海(芳根京子)と共に男子禁制アパート「天水館」で暮らすオタク女子4人“尼~ず”の完成度が注目の的となっており、特に三国志オタクの“まやや”演じる内田が「振り切っている」と話題に。いきなり奇声をあげ、ポーズをとるなど、体当たりでオタクキャラを好演している。

内田理央“まやや”反響は?

内田理央(C)モデルプレス
内田理央(C)モデルプレス
― 今回は、かなり振り切ったお芝居をされていますね。視聴者の間でも好評ですが、そういった声を聞いていかがですか?

内田:個性的なキャラクターで、容姿、背丈、声の質感も自分とは違うイメージだったので、最初は不安がすごく大きかったです。なぜ自分にお話を下さったのだろう、というくらい不安でした。しかし放送後には「どれが内田さんか分からなかった」といった皆さんの反応が分かり「本当にありがたいな」とほっとしました。

― ご自身の周りではどのような反応がありましたか?

内田:まず決まった段階で、仲の良い友達や母親に「海月姫というドラマで、まやや、という役をやることになった。見た目はこんな感じなんだけど、大丈夫かな?」と送ったら「いつもこんな感じじゃん。だから全然平気だよ」と言われて(笑)。どういう意味で捉えたら良いのかは分からなかったのですが、でもその言葉で頑張ろう、という気持ちになりました。それから第1話が放送され、友達から「いつもの理央で安心した」とメールが来て…それもどう捉えて良いのかまだ分かってないですけど(笑)。結構、親しい人からは「ビックリした」とかではなく「普段の理央」という声が多いんです。中学時代の友人も「あの時と全く変わってなくて良かった」とメールをくれました。なんだか複雑な気持ちですが嬉しいです(笑)。

内田理央、強烈キャラ“まやや”の役作り

内田理央/「海月姫」より(C)フジテレビ
内田理央/「海月姫」より(C)フジテレビ
― まややはかなり異色なキャラクターですが、演じる上で恥じらいや抵抗感はありますか?

内田:特にないんですよ(笑)。すごく恥ずかしさを押し殺してやっているというわけではなく、普通にできてます。顔が見えないことに対しても全然抵抗はないです。ぶっとぶ役なので、目が隠れてるからこそ、やり切れる、というか…。前髪がない状態で、もし同じ演技をしろ、と言われたら、そっちの方が難しい。ただ、ずっとハイテンションな役なので、演技に緩急を付けにくくて、そこは少し難しいなと思います。

― 発声も特殊ですよね。

内田:最初のリハーサルで監督にお会いした際、「リハからぶっ飛んじゃって下さい」と言われたので、とりあえずリハからぶっ飛ぼうと思って、あんな感じでいったんです。そしたら、声が枯れてしまって…。最初は慣れなかったようで、喉に負担をかけてしまいました。そこから喉飴や喉のスプレーを常備し撮影していたのですが、今は何もしなくても声が出るようになって!声帯が強くなったみたいです(笑)。でも、頑張ってテンションを上げて演じているので、普段からずっとあんな感じではないですよ(笑)。

― スイッチがあるんですか?

内田:そうですね。意識はしていませんが、本番に入るまでは普通のテンションで、まややになる時だけハイになって、カットがかかったら、また戻る、という感じなので、あるかもしれないです。

内田理央/「海月姫」より(C)フジテレビ
内田理央/「海月姫」より(C)フジテレビ
― ご自身で放送を見られて、どうですか?

内田:自分だと細かいところをチェックしてしまいます。「もうちょっと手を右にした方が見やすかったかな」とか、「口の開け具合が分かりづらかったかな」とか細かいことなんですけど(笑)。目が隠れてる分、口と手のアクションがかなり重要なので、モニターで確認して、強弱を調整しています。テンション的にはいつも100%でできているとは思いますが、そういう細かいことはいつも反省しちゃいます。きっと自己満の世界なのでしょうけど。ですが、まややはコミカルな役柄で、ストーリー的にもシリアスなシーンより愉快なシーンが多いので、とにかく楽しんで演じています。松井玲奈ちゃんが演じるばんばさんと、2人でアドリブをして動くシーンも多く、そこは2人で楽しくやっていますね。

― お2人とも前がほぼ見えないビジュアルなのに、リアクション激しいですよね。ぶつかりそう(笑)。

内田:あは(笑)。ちょこちょこ、ぶつかっていると思います。お互いにあまり視界が良くないので、ぶつかって「あ、ゴメンね」という感じはありますね。でも撮影中は気にせず続けて、カットかかった瞬間に「大丈夫でしたか?」って。今のところ事故なく、できています(笑)。

内田理央/「海月姫」より(C)フジテレビ
内田理央/「海月姫」より(C)フジテレビ
内田理央/「海月姫」より(C)フジテレビ
内田理央/「海月姫」より(C)フジテレビ
― そんな強烈なキャラクターですが、何かイメージされたものはありますか?

内田:とにかく原作の漫画を読んでイメージをしました。あと、話し方は、漫画だと難しかったので、ガチオタクの男の人をちょっと参考にしてます。女の人ではなく、男の人。ロバートの秋山(竜次)さんがコントでオタクに扮しているのですが、それもイメージに入れてみました。語尾に息がちょっと入っちゃう感じで、語尾に特徴を毎回つけるようにしています。最初にパッと絵が思い浮かんだのが秋山さんだったんです(笑)。

― 実写化された映画やアニメは特に?

内田:アニメと映画は見ていません。最初、監督とプロデューサーさんに相談したら、見ないでください、と言われて。多分自分の中でイメージが固まってしまうからだと思うんですけど。なので今回は原作しか読まずに、とにかく漫画で受けた印象でやらせて頂きました。

― では、映画版では太田莉菜さんが演じられていますが、意識することもなかったのですか?

内田:太田さんは、私の中で原作のイメージにピッタリなんです。対して自分はあまりイメージに合っているとは思えないので、別物として頑張れれば良いな、と思っています。きっと見たら、何か思うのかもしれないですが、見ていないからこそ、意識せずに私らしくできていると思います。

内田理央/「海月姫」より(C)フジテレビ
内田理央/「海月姫」より(C)フジテレビ

海月姫、現場の雰囲気は抜群

内田理央(C)モデルプレス
内田理央(C)モデルプレス
― 現場も温かい雰囲気だと伺っています。

内田:現場は、瀬戸さんも含め尼~ずの皆さんと、仲が良くチームワーク抜群です。ずっと皆で喋って、写真を撮って…とても雰囲気が良くて、楽しいです。撮影でも、誰かの顔が変だったとかでちょっと笑ってNGになっちゃったり、カットがかかった瞬間に誰かが吹き出しちゃったり。小さなハプニングはめちゃめちゃあります。

― 皆さんインパクトのある役なので、刺激を受けることも多そうですね。

内田:毎日すごく刺激的です。アドリブを言うシーンも多く、私はちょっと苦手な方なのですが、木南(晴夏)さんがぼそっと言ったただの一言が、いつもすごく面白いんですよ。尼~ずは皆、個性豊かなキャラだけど、役者さんもそれぞれ個性的なので、頂く刺激は大きいです。

※後編へ続く。

(modelpress編集部)

内田理央 プロフィール

内田理央(C)モデルプレス
内田理央(C)モデルプレス
生年月日:1991年9月27日
出身地:東京都
身長:166cm
趣味:漫画、 アニメ、 ゲーム
特技:イラストを描くこと、 のり巻きをきれいに巻けること

雑誌「MORE」専属モデル。
2010年4月に日本テレビ「アイドルの穴~日テレジェニックを探せ!~」でデビュー。 同年6月に日テレジェニック2010に選ばれる。

「仮面ライダードライブ」(テレビ朝日系)にてヒロイン役を演じ知名度を上げ、 映画『血まみれスケバンチェーンソー』で映画初主演。 ドラマ24「侠飯~おとこめし~」(テレビ東京他)にヒロイン役で出演や、 ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)に出演し注目を集める。 FODオリジナルドラマ「将棋めし」(フジテレビ)で連続ドラマ初主演。 2016年11月28日にMORE版『内田理央写真集 だーりおのいっしゅうかん。 』と週刊プレイボーイ版『内田理央写真集 だーりおといっしゅうかん。 』(ともに集英社)を2 冊同時発売し、 即日重版が決定し話題になった。

大のアニメ・漫画好きとしても知られ、 自身のSNSでは、 独特の世界観やキャラクターを発揮し、 男女問わず注目されている。

海月姫 第5話

内田理央/「海月姫」第5話より(C)フジテレビ
内田理央/「海月姫」第5話より(C)フジテレビ
稲荷翔子(泉里香)が『天水館』の持ち主、千絵子(富山えり子)の母に直接、土地建物の売買契約を持ち込んだことを知り、倉下月海(芳根京子)たちは戦々恐々。一方、鯉淵蔵之介(瀬戸康史)も花森よしお(要潤)から、父の慶一郎(北大路欣也)が自ら主催するパーティーで天水地区再開発賛成派を表明すると聞いて危機感を募らせる。

蔵之介が『天水館』へ行くと、月海はドレスをたくさん作って販売したいと訴える。蔵之介も賛成し、慶一郎のパーティー開催日にファッションショーをやろうと言い出した。尻込みする“尼〜ず”たちだが、ジジ様(木南晴夏)はそれしかないと同意。ばんばさん(松井玲奈)、まやや(内田理央)はジジ様に儲けが出たら趣味の品を買えるかもと言われてやる気になった。

内田理央/「海月姫」第5話より(C)フジテレビ
内田理央/「海月姫」第5話より(C)フジテレビ
内田理央/「海月姫」第5話より(C)フジテレビ
内田理央/「海月姫」第5話より(C)フジテレビ
作戦会議を始めるが、販売用のドレスを作るためには“尼〜ず”たちでは手に余る。そこで縫製のプロを雇うことになった。すると千絵子は友人にプロがいると月海たちを連れて頼みに出かける。

月海たちが通された千絵子の友人、ノムさん(安達祐実)の部屋にはたくさんの人形が飾られていた。ノムさんの服作りは人形専門。しかし、ノムさんの力量は本物でクラゲのドレスを気に入って即座に人形用の型紙を作る。人間用ドレスに協力してくれたらデザインを人形にも使って良いと千絵子が条件を出すと、ノムさんは了承した。

こうして月海たちは本格的なドレス作りに着手。蔵之介はショーの会場探しを始める。



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - <内田理央「海月姫」インタビュー>ぶっ飛び強烈キャラ“まやや”の意外な反響、演じられた理由…“映画版”太田莉菜は意識する?
今読んだ記事

<内田理央「海月姫」インタビュー>ぶっ飛び強烈キャラ“まやや…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「インタビュー」カテゴリーの最新記事