「トドメの接吻」新田真剣佑インタビュー“最難関”な役に向き合う 山崎賢人にキュンとした現場での姿とは?

参照回数:515,168

【新田真剣佑/モデルプレス=1月28日】山崎賢人(※「崎」は正式には「たつさき」)主演ドラマ「トドメの接吻(読み:キス)」(日本テレビ系、日曜よる10時30分~)に出演中の新田真剣佑(21)が、モデルプレスのインタビューに応じた。今作は、山崎演じる“愛に歪んだクズなナンバーワンホスト”堂島旺太郎(エイト)が、謎の女・佐藤宰子(門脇麦)のキスによって繰り返される“死のタイムリープ”に翻ろうされながらも、カネと権力で成り上がろうとする刺激的なラブストーリー。新田が演じるのは、旺太郎のライバルとなる“完璧紳士の御曹司” 並樹尊氏役。血の繋がっていない妹・美尊(新木優子)へ特別な思いを寄せながら、ある秘密を抱えるキーパーソンとなる役どころを好演している。
モデルプレスのインタビューに応じた新田真剣佑(C)モデルプレス
モデルプレスのインタビューに応じた新田真剣佑(C)モデルプレス

新田真剣佑、“完璧紳士の御曹司” キラキラ役は「苦手」

― 今回は謎の多いイケメン御曹司役ですが演じていていかがですか?

新田:最初にオファーを頂いた時は、前回ドラマで演じた役がちょっと嫌な役だったので、こういった役も挑戦したいと思いました。後半になるにつれて変わっていく人物なので面白い役です。でも僕はこういうキラキラ系が苦手なんですよ。

― それは意外です!

新田:苦手ですね(笑)。最も難しいと思うので、そういう役を多く演じてきた賢人はすごいなと思います。考えすぎてしまっても空回りしてしまうので、すごく難しいところで…。自分の演技を見るとたくさん弱点が見つかってなかなか克服は出来ないですけど、頑張っています。

佐野勇斗、新田真剣佑(画像提供:日本テレビ)
佐野勇斗、新田真剣佑(画像提供:日本テレビ)

役作りはビジュアルから “溺愛”妹との展開は…

― 今回は役作りのためにパーマもかけられたそうですね。役を作るにあたって意識されていることは?

新田:役作りでは、そこから役のヒントをもらえるので、ビジュアルから入ることが多いです。全て自分で作っていくので、パーマをかけるというのも自分から提案しました。それから尊氏は抱えているものもあって、重圧がすごい中で生きているので、そういった部分を自分なりに考えて役の中に入れて、このドラマの中で生きられるようにしています。

新田真剣佑、新木優子(画像提供:日本テレビ)
新田真剣佑、新木優子(画像提供:日本テレビ)
― 新木さん演じる美尊との関係性も注目されています。

新田:役の関係性を作る上で意識して現場で何かするということはないんですが、新木さんとは兄妹役なのであまり敬語は使わないようにしています。ちゃんと「美尊」と名前で呼ぶようにもしています。たまに美尊が敬語を使うので、それはやめてと言ったり(笑)。そのおかげで距離が縮まった感じはあります。

美尊に対しては旺太郎が狙ってくるので、それをかばうお兄ちゃんの顔もありますし、また違った顔も見えてくる。本当に謎に包まれているので、掘れば掘るほど出てくる感じが面白いなと思います。

新田真剣佑、“親友”山崎賢人との撮影現場は―

新田真剣佑(C)モデルプレス
新田真剣佑(C)モデルプレス
― プライベートでも仲のいい山崎さんとのライバル役はいかがですか。

新田:ライバルといっても旺太郎がライバル心を燃やすだけで尊氏はあんまり相手にしていない感じで。でもだんだんと旺太郎によってそれが変えられていく。どこまでも変えられていくので、尊氏の気持ちの変化に注目してほしいですし、旺太郎がタイムリープして何が変わったのかという点も注目して楽しんでいただきたいです。

― 旺太郎との関係性の変化も今後のポイントですね。

新田:尊氏はタイムリープしていることを知らないので、旺太郎の手の上でコロコロ転がされている感じですよね。物語として話を重ねるごとに面白く、全く予想もできない結末が待っているので、ぜひついてきてもらいたいなと思います。

山崎賢人、新田真剣佑、新木優子(画像提供:日本テレビ)
山崎賢人、新田真剣佑、新木優子(画像提供:日本テレビ)
― 現場での山崎さんはどんな印象ですか。

新田:ライバル役ではあるんですが、現場では距離を取ったりすることも全くなく、いつも通り和気あいあいとやっています。いつもの山崎賢人だなと思いながら。でも普段よりも頑張っていて忙しそうですし、ちゃんと寝られているかなって心配したりもしています(笑)。

― 今回は山崎さん、新木さんはじめ同世代の役者さんが多いかと思いますが、刺激を受けることはありますか。

新田:そうですね。刺激を受けることもあります。でもやっぱりベテラン俳優さんとの絡みが1番刺激的で、今回だと(並木グループ社長秘書・新井役の)小市慢太郎さん。シビれました。僕もお芝居をしっかり頑張りたいなと思いました。それから同世代だと以前共演した北村匠海(DISH//)が気になりますね。

新田真剣佑の2018年は―

― 「トドメの接吻」から始まった2018年、どんな年にしたいですか?

新田:いろんなことに挑戦する1年にしたいです。そして、役者としてレベルアップできたらいいなと思います。まずはミュージカルが始まるのでしっかり務めたいなと。それから作品では、ヒューマンドラマの重い映画にも挑戦してみたいです。

新田真剣佑に効く“トドメの○○”

新田真剣佑(C)モデルプレス
新田真剣佑(C)モデルプレス
― では最後に、女性から言われたりされたりしたらたまらない、新田さんに効く“トドメの○○”を教えてください。

新田:なんだろうな。僕何にも弱くないと思いますよ。僕をキュンとはさせられないと思います。

― おお(笑)。鉄壁。

新田:(笑)。でもやっぱり笑顔ですかね。笑顔は絶対見ちゃいますし、いいなと思います。あとはトドメの賢人!

― さすが山崎さん(笑)。

新田:朝の寝癖とか、撮影が終わって髪をグシャグシャとしているところとか、肌もきれいです(笑)。

― ありがとうございました。

(modelpress編集部)


新田真剣佑(あらた・まっけんゆう)プロフィール

1996年11月16日生まれ。ロサンゼルス出身で、2014年より日本での活動をスタート。2016年公開の映画「ちはやふる」(上の句・下の句)では第40回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。ドラマ、映画と多数の話題作に出演し、今後は映画「不能犯」(2月1日公開)、「ちはやふる-結び-」(3月17日公開)、「パシフィック・リム: アップライジング」 (4月公開)、「OVER DRIVE」 (6月1日公開)の公開を控える。また、4月より舞台「地球ゴージャスプロデュース公演Vol.15『ZEROTOPIA』」に出演する。

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 「トドメの接吻」新田真剣佑インタビュー“最難関”な役に向き合う 山崎賢人にキュンとした現場での姿とは?
今読んだ記事

「トドメの接吻」新田真剣佑インタビュー“最難関”な役に向き合…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「インタビュー」カテゴリーの最新記事