柏木由紀(C)モデルプレス

柏木由紀、“スタッフに叱られるレベル”だったファッションセンスをどう変えたのか?<モデルプレスインタビュー>

2017.07.10 12:58

AKB48NGT48を兼任する柏木由紀(25)。15日に26歳の誕生日を迎える柏木だが、1日に行ったInstagramの開設を皮切りに新たな試みを続々と行う模様。そんな柏木が26歳を迎える前に、モデルプレスでは25歳の柏木が考える“今の自分のこと”を5回に渡ってお届けする。第3回は最近のゆきりんのファッション事情について聞いた。

柏木由紀、ファッションをいじられた過去

柏木由紀(C)モデルプレス
柏木由紀(C)モデルプレス
「あまりにファッションがださくて番組でいじられ、DVDの特典映像にさえなっていた…」「何着てるの?と叱られていた...」と振り返るゆきりんの女性マネージャー。ゆきりんも自覚しており、いまいちファッションには自信がないようだが、最近はそんなファッションセンスにもこだわりと変化が…?この日も自身のクローゼットからコーディネートしたファッションを披露。思わず“姉目線”でマネージャーも会話に参加したインタビューをお届けする。

ゆきりん、華麗にカジュアル転身

―最近、ファッションについてはいかがですか?

柏木:ファッションは今年に入って系統や好きなものがガラッと変わりました!今まで割と大学生とか女子アナっぽい...何ていうんでしたっけ、そういうの。

― 赤文字系?

柏木:って言う感じの(笑)花柄のスカートとかワンピースとかがすごく好きだったのに、今年に入ってからカジュアルになりました。

マネージャー:そんな格好はしなかったよね。

柏木:しなかったですね。ラフでシンプルな服がすごく好きになって。シルエットを気にするようになりました。結構ラックと引き出しも全部とっかえて。色合いも今までは淡いパステルカラーが大好きだったんですけど今はモノトーンに。黒白ベージュ、ネイビー…。

― あらー、大人ですね!チェンジのきっかけが何かあったんですか?。

柏木:きっかけはインスタでいろんな人のファッションを見ていた時に、“私こういう大人になりたいな”って思ったんです!(笑)

ファストファッション大好き!

―ファッションから大人になっていきたいと思ったんですね。

柏木:シンプルでカッコイイ大人になりたいって思った時に、今のうちから変えなきゃと思って結構変わりましたね。服もZARAとかユニクロがもう大好きで。

―ファストファッションがお好きと。

柏木:大好きです!インスタとか見ていても、これどこなんだろう?と思ったら結構ZARAとかユニクロとかGUが多いから。ほぼ毎日1アイテム入ってるぐらい着ますよ。

― ちなみに今日もカジュアルですね。でもちょっと腰回りにリボンが付いてかわいさも入っていて。

柏木由紀(C)モデルプレス
柏木由紀(C)モデルプレス
柏木由紀(C)モデルプレス
柏木由紀(C)モデルプレス
柏木:そうなんです。カジュアルだけどどこかにちょっとだけ女性らしさが入ってるみたいな感じに憧れて。だからTシャツやデニムだったとしても、ヒールを履くとか。イヤリングを付けるとか髪を巻くとか。バランスを考えるのが楽しくなってきて。でもまだ模索中です(笑)

― 目覚めちゃったんですね。

柏木:ファッションの疎さと興味の無さはもう酷かったですね。本当に(笑)何が流行ってるとかわかってなかった。自己流でした。

ゆきりん、“ファッションおブス”を払拭!

― 流行りには乗らなかったんですか?

柏木:調べてもなかったし、ファッション誌も全然読んでなかったし、ただなんとなくだったんです(笑)

マネージャー:目覚めてからお洋服を買うものの、今ひとつ似合わない感じのものを買っちゃう(笑)

柏木:私めちゃダサキャラだったんですよ(笑)

―大丈夫です!払拭してますよ!

柏木:本当ですか?でも確かに最近言われなくなったなー。ファッションが一番自信ないです。いろんなことの中で一番やばい(笑)いつも私服の撮影とかめちゃめちゃ嫌なんですよ…。

マネージャー:最近はちゃんと前日に明日は何を着ようっていうのを(ゆきりんが)ちゃんと調べるらしいんですよ。

柏木:それをやるようになりました(笑)

― おお…!

マネージャー:以前だと何着てるの?と、叱られるレベルでしたからね。

― 叱られていたんですね(笑)でも今日は本当に素敵なコーディネートですよ!

柏木:本当ですか?(笑顔)

― 自信をもっていきましょう!(続く)

次回は、ゆきりんと言えばやはり歌。自身のライブ配信でも歌を頻繁に披露し“ソロライブ”とも呼ばれているほど。そんなゆきりんが、もしまたソロライブをするなら?ということを想定し、モデルプレスと“オリジナルセットリスト”を考えた。13日配信。

柏木由紀 プロフィール

柏木由紀(C)モデルプレス
柏木由紀(C)モデルプレス
かしわぎ・ゆき。1991年7月15日生まれ、鹿児島県出身。愛称はゆきりん。AKB48として2007年から活動し、現在は新潟を拠点に置くNGT48のメンバーとしても活躍。グラビア活動や“お天気お姉さん”などタレント活動にも力を入れ、幅広く認知度もあげてきた。AKB48グループの一線で活躍し、今や欠かすことができないメンバーの一人。
【Not Sponsored 記事】

関連記事

  1. 柏木由紀、メイク&コスメについて30分熱弁 ライブでも崩れない“耐久コスメ”は?石原さとみの顔面を研究…?<モデルプレスインタビュー>
    柏木由紀、メイク&コスメについて30分熱弁 ライブでも崩れない“耐久コスメ”は?石原さとみの顔面を研究…?<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  2. 柏木由紀、Instagram開始 どんな内容にしたい?普段見てるアカウントが意外?インスタでは指原莉乃を“監視”も!<モデルプレスインタビュー>
    柏木由紀、Instagram開始 どんな内容にしたい?普段見てるアカウントが意外?インスタでは指原莉乃を“監視”も!<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  3. 柏木由紀、中山秀征とデュエットで「別れても好きな人」を歌唱 “ヒデ&ゆきりん”で意気投合
    柏木由紀、中山秀征とデュエットで「別れても好きな人」を歌唱 “ヒデ&ゆきりん”で意気投合
    モデルプレス
  4. 柏木由紀、1番泣いたスピーチは?指原莉乃・渡辺麻友…裏で語った心境<第9回AKB48選抜総選挙>
    柏木由紀、1番泣いたスピーチは?指原莉乃・渡辺麻友…裏で語った心境<第9回AKB48選抜総選挙>
    モデルプレス
  5. 柏木由紀、AKB48選抜総選挙イベント中止を受けコメント
    柏木由紀、AKB48選抜総選挙イベント中止を受けコメント
    モデルプレス
  6. AKB48選挙速報番狂わせの裏で“不出馬”柏木由紀が話題 本人言及
    AKB48選挙速報番狂わせの裏で“不出馬”柏木由紀が話題 本人言及
    モデルプレス

「インタビュー」カテゴリーの最新記事

  1. なにわ男子・高橋恭平&宮世琉弥、似た者同士で初対面から意気投合「自分を見ている感じ」互いの存在と魅力語る<「映画 マイホームヒーロー」インタビュー>
    なにわ男子・高橋恭平&宮世琉弥、似た者同士で初対面から意気投合「自分を見ている感じ」互いの存在と魅力語る<「映画 マイホームヒーロー」インタビュー>
    モデルプレス
  2. 松本まりか、苦い思い出の地で得た“幸せを感じるヒント” 明確化した役との向き合い方とは<地球の歩き方>
    松本まりか、苦い思い出の地で得た“幸せを感じるヒント” 明確化した役との向き合い方とは<地球の歩き方>
    モデルプレス
  3. 渡邊圭祐、手料理を披露したい相手は「丸山礼」?“初出し情報”も明かす<「すっぴんヒーロー」インタビュー>
    渡邊圭祐、手料理を披露したい相手は「丸山礼」?“初出し情報”も明かす<「すっぴんヒーロー」インタビュー>
    モデルプレス
  4. “K-1ベストラウンドガール”は絵本作家を夢見る美女 うららの素顔に迫る<モデルプレスインタビュー>
    “K-1ベストラウンドガール”は絵本作家を夢見る美女 うららの素顔に迫る<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  5. 乃木坂46・5期生の“夢を叶える秘訣”「過去にすがらない」「理想を高く持つ」「何事も諦めない」<池田瑛紗・川崎桜・菅原咲月「あの頃、乃木坂にいた」インタビュー>
    乃木坂46・5期生の“夢を叶える秘訣”「過去にすがらない」「理想を高く持つ」「何事も諦めない」<池田瑛紗・川崎桜・菅原咲月「あの頃、乃木坂にいた」インタビュー>
    モデルプレス
  6. 丸山礼、渡邊圭祐は“お兄ちゃん” 撮影中のハプニングも明かす「腰を痛めました」<「すっぴんヒーロー」インタビュー>
    丸山礼、渡邊圭祐は“お兄ちゃん” 撮影中のハプニングも明かす「腰を痛めました」<「すっぴんヒーロー」インタビュー>
    モデルプレス
  7. 乃木坂46池田瑛紗・川崎桜・菅原咲月、初写真集へ向けストイックな体作り “加入から2年”5期生の特別な関係性も語る<「あの頃、乃木坂にいた」インタビュー>
    乃木坂46池田瑛紗・川崎桜・菅原咲月、初写真集へ向けストイックな体作り “加入から2年”5期生の特別な関係性も語る<「あの頃、乃木坂にいた」インタビュー>
    モデルプレス
  8. <「ラブキャッチャージャパン」インタビューVol.4>モデルの谷岡美沙紀「ヒールになることは覚悟の上」嘘泣き・キス…イケメン翻弄し賞金掴んだ戦略の全貌と強さに迫る
    <「ラブキャッチャージャパン」インタビューVol.4>モデルの谷岡美沙紀「ヒールになることは覚悟の上」嘘泣き・キス…イケメン翻弄し賞金掴んだ戦略の全貌と強さに迫る
    モデルプレス
  9. <Sexy Zone中島健人インタビュー>アカデミー賞経験経てアイドルとしての感覚に変化 活躍広げるうえでのポリシーは「世界を目指さないこと」
    <Sexy Zone中島健人インタビュー>アカデミー賞経験経てアイドルとしての感覚に変化 活躍広げるうえでのポリシーは「世界を目指さないこと」
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事