MC MIRI (C)モデルプレス

「散々なめられてきた」“アイドル×HIPHOP”MC MIRIが乗り越えたグループの崩壊と再生語る モデルプレスインタビュー

2017.01.30 10:00

29日、東京・渋谷のVUENOSにて、日本初のフィメール(女性)のみのMCバトル「CINDERELLA MCBATTLE」が開催された。モデルプレスでは、会場に潜入し、大会を終えたばかりの出演者・MC MIRIにインタビューを実施した。

「CINDERELLA MCBATTLE」とは?

昨今、「高校生ラップ選手権」「フリースタイルダンジョン」など、ラップバトル・MCバトルブームが巻き起こっている中で、美しいフィメールラッパーを発掘すべく行われた今回の大会。出場者はオーディションを勝ち抜いた12名と、シード枠の5名の計17名が、一対一のトーナメントを繰り広げた。

MC MIRIは、決勝まで駒を進めるもあっこゴリラに惜しくも敗退。しかし「渋ピカ賞」を受賞し、渋谷ヒカリエで行われる「渋ピカフェス」でのLIVE出演権を獲得した。

MC MIRI (C)モデルプレス
MC MIRI (C)モデルプレス

アイドル×HIPHOPは譲れない

― お疲れ様です。今日のバトルの感想をお願いします。

MC MIRI:いや~実力負けですね。今まではアイドル、女っていうことが散々なめられてきました。今回も優勝予想を見ていたら「MIRIは可愛いから」みたいなのが多くて、誰も実力で認めてくれていない状況がすごく悔しかったので、決勝までいけた結果ができて良かったです。

― そもそもラップを始めたキッカケは?

MC MIRI:もともとはゴリゴリのアイドルをやっていたんですけど、そこから新しいグループを作るために4人集まって、それが後に今所属している“ライムベリー”になるんです。だから、最初はラップをやりたいっていうのもなく、ラップって何?ぐらいでした。そこから、ラップを教わりはじめました。

その後、“ライムベリー”が色々あった時に「自分の言葉でちゃんと伝えなきゃだめだな」って思って。 “ライムベリー”が崩壊したんですけど、結果自分にとっては崩壊が再生になり、そこから進む道が変わりました。フリースタイルを最初にやったのは、LIVE中に歌詞が飛んだ時にラップをした時です。

あっこゴリラ、MC MIRI (C)モデルプレス
あっこゴリラ、MC MIRI (C)モデルプレス
― これまでラップをやってきた中で嬉しかったこと、楽しかったことは?

MC MIRI:私、ずっとAAAのSKY-HIさんに憧れていて、以前ラップ関係でお会いすることができました。それが人生で1番ですね(笑)。

― 反対に悔しかったこと、辛かったことは?

MC MIRI:それこそアイドルが崩壊した時もそうですし、去年バトルに初めて出てきたときも「アイドルが来るべきところじゃねえ」っていう目線と雰囲気だった。自分も最初は好きでやっているわけじゃなかったんですけど、やっていくうちに「これが自分の決めた道だから」って最近思えるようになりました。

MC MIRI (C)モデルプレス
MC MIRI (C)モデルプレス
― この大会でMIRIさんへの注目も変わってくると思いますが、今後はHIPHOPを通じてどんなことを表現していきたいですか?

MC MIRI:アイドルだと人から与えられた曲・リリックを歌うんですけど、ソロでは自分の言葉をしっかりラップで伝えていきたい。アイドルもしっかりやりつつ、MC MIRIでは全く別にして言いたいことを自分の言葉で届けられたら。

アイドルとHIPHOPはすごいかけ離れた場所にいると思うんですよ。アイドルは作りもの、人に夢を見させるもの。でも、HIPHOPは“リアル”。自分のドロドロした部分も吐き出さないと勝てない。その対極にあるアイドルとHIPHOPの架け橋じゃないですけど、繋げられる唯一の存在だと思っているし、そこは誰にも譲れない。いつまでもここでは1番でいたい!

― 最後に、ファンの皆さんへメッセージをお願いします。

MC MIRI:いつも応援ありがとうございます。自分でも分かっているんですけど、バトル内で負けを認めちゃったり、自分の弱いところがあるんですけど、そういうところさえも「今回良かったから次も頑張ろう」って言ってくれることにすごく励まされています。ラップももうちょっと頑張っていこうっていう気になっています。こんなMIRIですが、これからも応援よろしくお願いします。

― ありがとうございました。

(modelpress編集部)

モデルプレスのインタビューに応じたMC MIRI (C)モデルプレス
モデルプレスのインタビューに応じたMC MIRI (C)モデルプレス

「CINDERELLA MCBATTLE」受賞者

優勝:あっこゴリラ
プラチナムプロダクション賞:a.k.a音Solar
シブピカ賞:MC MIRI
戦極賞:椿

「CINDERELLA MCBATTLE」概要

【LIVE】
COMA-CHI、S7ICKCHICKs、ちゃんみな、Reichi、ACE

【審査員】
COMA-CHI、KENTHE390、八文字

【DJ】
SION

【HOST・MC】
ACE

【出演者】
椿、FUZUIKO、LIPSTORM、あっこゴリラ、MC MIRI、まゆちゃむ。、a.k.a音Solar、MC MIHO、PARAKEET、MC AKANE、MC frog、honey、いくちゃん(当日は体調不良で不参加)、ワッショイサンバ、無能、Yasco.、MCビキニ a.k.a 藤田恵名、MC Mystie

【Not Sponsored 記事】

関連記事

  1. ビキニでラップバトル参戦「負けっぱなしの人生だった」MCビキニ(藤田恵名)が涙した理由<シンデレラMCバトル>
    ビキニでラップバトル参戦「負けっぱなしの人生だった」MCビキニ(藤田恵名)が涙した理由<シンデレラMCバトル>
    モデルプレス
  2. 「噛ませ犬にもならなかった」悔しさに誓ったワッショイサンバのさらなる飛躍「愉快な名前をしているから…」 モデルプレスインタビュー
    「噛ませ犬にもならなかった」悔しさに誓ったワッショイサンバのさらなる飛躍「愉快な名前をしているから…」 モデルプレスインタビュー
    モデルプレス
  3. 「私、めちゃくちゃ貧乏なんですよ」モデルa.k.a音Solarがラップを始めたキッカケ明かす モデルプレスインタビュー
    「私、めちゃくちゃ貧乏なんですよ」モデルa.k.a音Solarがラップを始めたキッカケ明かす モデルプレスインタビュー
    モデルプレス
  4. 「社畜と言われることが悔しい」“4足のわらじ”ラッパーYasco.が伝えたいこと モデルプレスインタビュー
    「社畜と言われることが悔しい」“4足のわらじ”ラッパーYasco.が伝えたいこと モデルプレスインタビュー
    モデルプレス
  5. ラッパーFUZIKOの“10年分の復讐” 確信得た初参戦で得たモノは? モデルプレスインタビュー
    ラッパーFUZIKOの“10年分の復讐” 確信得た初参戦で得たモノは? モデルプレスインタビュー
    モデルプレス
  6. “女性No.1MC”あっこゴリラの人生アドバイス…「病んでたらラップ」「負けても良い」バトルの先に見えたこと モデルプレスインタビュー
    “女性No.1MC”あっこゴリラの人生アドバイス…「病んでたらラップ」「負けても良い」バトルの先に見えたこと モデルプレスインタビュー
    モデルプレス

「インタビュー」カテゴリーの最新記事

  1. 松本まりか、苦い思い出の地で得た“幸せを感じるヒント” 明確化した役との向き合い方とは<地球の歩き方>
    松本まりか、苦い思い出の地で得た“幸せを感じるヒント” 明確化した役との向き合い方とは<地球の歩き方>
    モデルプレス
  2. 渡邊圭祐、手料理を披露したい相手は「丸山礼」?“初出し情報”も明かす<「すっぴんヒーロー」インタビュー>
    渡邊圭祐、手料理を披露したい相手は「丸山礼」?“初出し情報”も明かす<「すっぴんヒーロー」インタビュー>
    モデルプレス
  3. “K-1ベストラウンドガール”は絵本作家を夢見る美女 うららの素顔に迫る<モデルプレスインタビュー>
    “K-1ベストラウンドガール”は絵本作家を夢見る美女 うららの素顔に迫る<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  4. 乃木坂46・5期生の“夢を叶える秘訣”「過去にすがらない」「理想を高く持つ」「何事も諦めない」<池田瑛紗・川崎桜・菅原咲月「あの頃、乃木坂にいた」インタビュー>
    乃木坂46・5期生の“夢を叶える秘訣”「過去にすがらない」「理想を高く持つ」「何事も諦めない」<池田瑛紗・川崎桜・菅原咲月「あの頃、乃木坂にいた」インタビュー>
    モデルプレス
  5. 丸山礼、渡邊圭祐は“お兄ちゃん” 撮影中のハプニングも明かす「腰を痛めました」<「すっぴんヒーロー」インタビュー>
    丸山礼、渡邊圭祐は“お兄ちゃん” 撮影中のハプニングも明かす「腰を痛めました」<「すっぴんヒーロー」インタビュー>
    モデルプレス
  6. 乃木坂46池田瑛紗・川崎桜・菅原咲月、初写真集へ向けストイックな体作り “加入から2年”5期生の特別な関係性も語る<「あの頃、乃木坂にいた」インタビュー>
    乃木坂46池田瑛紗・川崎桜・菅原咲月、初写真集へ向けストイックな体作り “加入から2年”5期生の特別な関係性も語る<「あの頃、乃木坂にいた」インタビュー>
    モデルプレス
  7. <「ラブキャッチャージャパン」インタビューVol.4>モデルの谷岡美沙紀「ヒールになることは覚悟の上」嘘泣き・キス…イケメン翻弄し賞金掴んだ戦略の全貌と強さに迫る
    <「ラブキャッチャージャパン」インタビューVol.4>モデルの谷岡美沙紀「ヒールになることは覚悟の上」嘘泣き・キス…イケメン翻弄し賞金掴んだ戦略の全貌と強さに迫る
    モデルプレス
  8. <Sexy Zone中島健人インタビュー>アカデミー賞経験経てアイドルとしての感覚に変化 活躍広げるうえでのポリシーは「世界を目指さないこと」
    <Sexy Zone中島健人インタビュー>アカデミー賞経験経てアイドルとしての感覚に変化 活躍広げるうえでのポリシーは「世界を目指さないこと」
    モデルプレス
  9. <「ラブキャッチャージャパン」インタビューVol.3>経営者のヴァッツ美良、500万獲得までの苦悩と揺るぎない理由 イケメン2人からの告白も“愛”選ばず「罪悪感に襲われて前を向けなかった」
    <「ラブキャッチャージャパン」インタビューVol.3>経営者のヴァッツ美良、500万獲得までの苦悩と揺るぎない理由 イケメン2人からの告白も“愛”選ばず「罪悪感に襲われて前を向けなかった」
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事