<欅坂46渡邉理佐インタビュー>20cm髪バッサリが転機!デビュー1年で大きく変わった“ベリサ”の抱負と夢

【欅坂46・渡邉理佐/モデルプレス=1月10日】デビュー8ヶ月で「NHK紅白歌合戦」に初出場した欅坂46。音楽業界で旋風を巻き起こした彼女たちは、最高の形で2016年を締めくくった。センター・平手友梨奈の中学生とは思えない圧巻の表現力はメディアでも大きく取り上げられたが、グループには15年8月の結成からビジュアルを含め、一番大きな変化を遂げたと評判の女の子がいる。小顔に長い手脚が目を引く、渡邉理佐(わたなべりさ・18)だ。モデルプレスは、ファンから“ベリサ”と愛される渡邉本人に、激動の一年と今年の抱負を聞いた。
モデルプレスのインタビューに応じた、渡邉理佐(C)モデルプレス
モデルプレスのインタビューに応じた、渡邉理佐(C)モデルプレス




2016年を振り返って



― 2016年はどんな一年になりましたか?

渡邉:たくさんのことを経験させていただき、とても充実した一年になりました。ものすごく濃かったです。一番大変だったのはドラマ(『徳山大五郎を誰が殺したか?』)。ずっと室内で撮影していたので、天気もわからなかったですし、今日が何曜日なのかもわからなくなってしまって。同じような生活が何日も続いたので精神的にいっぱいいっぱいでした。

― 逆に一番楽しかったことを挙げるとすればなんですか?

渡邉:全部楽しかったので選ぶのがとても難しいですが、最近の出来事としてはやっぱりクリスマスに行ったワンマンライブです。ライブをすることも体を動かすことも好きなので、とても幸せな2日間でした。リハーサルやそれに向けたレッスンもメンバー同士で意見を出し合って、振付のTAKAHIRO先生にも細かいところまで修正を入れていただいてを何度も繰り返して。本当にみんなで作り上げたライブだったなと思います。

“ヘアチェンジ”が転機に



― 2ndシングル『世界には愛しかない』(8月発売)でフロントメンバーに抜てきされ、7月から12月にかけて『LARME』などの女性誌にも続々と登場。10月の「GirlsAward 2016 AUTUMN/WINTER」ではモデルとしてランウェイも歩きました。ヘアスタイルを“ショートカット”にしたことが、大きな転機になったように思います。

渡邉:そうですね、髪を20センチ切ったことはとても大きかったと思います。切る前は髪の短い自分が想像できなかったんですが、周りの方の意見を聞いて本当に良かったです。でも今はだいぶ伸びてきました。ロングではなくて肩につくくらいのミディアム、いろんなアレンジを楽しんでいます。

「GirlsAward」のランウェイを歩かせていただけたのはすごく貴重な経験でした。歩き方のスピードや姿勢、目線など、ウォーキングの先生に細かく教えていただきながら、当日に向けて一生懸命、練習もしました。本番は緊張しましたが、いつかまた出られたらなって思います。

渡邉理佐/2016年10月「GirlsAward 2016 AUTUMN/WINTER」にて撮影(C)モデルプレス
渡邉理佐/2016年10月「GirlsAward 2016 AUTUMN/WINTER」にて撮影(C)モデルプレス
― ファッションショーや女性誌は同性の方にも知っていただける良い機会になっていますね。

渡邉:握手会でも「ファッション誌を見て好きになりました」とか言ってくれる子がいて、本当に嬉しい気持ちになります。そしてそのたびにもっと頑張ろうって思います。欅坂46にはパフォーマンスがカッコ良い楽曲が多いです。みんな普段はわりと笑顔で話したりワイワイしている方だと思うんですけど、ライブになるとスイッチが入ってガラッと表情も変わります。そういうギャップを女の子にも見てほしいなって思います。

私のここを見て!



― 渡邉さん自身では、女の子に「ここを見てほしい」というところはありますか?

渡邉:クールと言われがちですが、結構はしゃいだりするタイプです。テンションも上がります(笑)。メンバーといる時は特に!最近はいろんなところで、少しずつですが普段の自分を出せてきているんじゃないかなと思っています。

― 場数を踏んできたことで内面も変わってきたということですか?

渡邉:今も人見知りではあるんですけど、少しは変わったかなと思います。以前はインタビューしていただく時も、黙ってから話し出すことが多かったんですけど、今は思ったことをすぐに言えるようになってきました。そこは成長したかなって思います。でもまだ緊張してしまう時はたくさん。ライブ前などは、緊張をほぐすために、ステージの袖でメンバーに背中を叩いてもらったり、大声を出したりしています(笑)。けっこう落ち着くんです。

― 大声?あまり想像つかないですね(笑)。

渡邉:「うわ~~!」って叫びます。私の最大の声で(笑)。「Overture」が流れているので、私がどれだけ大声を出しても遠くまでは聞こえないはずです。

2017年の抱負



― 2017年の抱負を教えてください。

渡邉:グループとしてはツアーをやってみたいと思っています。ライブが好きなので、もっといろんな場所を回って、たくさんの方に欅坂46の存在を知ってもらいたいです。個人としてはもっと思ったことを自分から言えるように、そしてもう少し自分を出すのが目標です。あとは洋服が好きなのでモデルの活動にとても興味があります。辛いことはいっぱいあると思うんですけど、できるのであればどんどん挑戦していきたいです。欅坂46はメンバーから本当に刺激を受けます。みんなに違う個性があるので、良いところを全部吸収して、自分も力をつけていけたら。2017年は昨年以上に頑張ります!

夢を叶える秘訣



― 夢を叶えたいと頑張っている女の子にメッセージをお願いします。

渡邉:研究すること。「こうなりたい!」っていう目標があったら、それに近づくために、自分に合った努力の方法を見つけることが大切なのかなって思います。あとは「何がしたい!」ということを口に出して言っていった方がいいと思います。

― 渡邉さんの夢はなんですか?

渡邉:夢?なんでもいいですか?……どこかは決めてないんですけど、海外に住むことです(笑)。まだ人生で一度も海外に行ったことはないですが…(苦笑い)。いずれお仕事でも海外に行けたらいいなって思いますが、初めての海外はプライベートで行きたい!しかもそれはハワイって決めているんです(笑)。お仕事での夢は大きな会場でライブをやることです!

バラエティ番組で見せるサバサバとしたクールな性格、それでいて不器用な優しさを持つことからにじみ出るギャップ。クール? キュート? ファンを虜にする独特な雰囲気を持つ“ベリサ”。ファンの間では「表には出さないけど、絶対に負けず嫌い」の声もあり、それをぶつけてみると……「やるからにはやっぱり負けたくない、やり遂げたいって思うんです!」ときっぱり。モデルプレスでは彼女がソロ活動も充実させていくと確信している。「皆さんの私に対するいろんなイメージを壊していきたい」―――2017年は静かに闘志を燃やす“ベリサ”に注目だ。(modelpress編集部)



渡邉理佐(わたなべ・りさ)プロフィール



生年月日:1998年7月27日/星座:しし座/身長:163cm/出身地:茨城県/血液型:O型
欅坂46のクールビューティー。愛称は“ベリサ”。7月発売の女性ファッション誌『LARME 023』(徳間書店)に出演するなど、モデルとしての活躍も期待される。欅坂46の3rdシングル『二人セゾン』が好評発売中。


欅坂46
欅坂46
欅坂46 3rdシングル「二人セゾン」(2016年11月30日発売)初回盤A
欅坂46 3rdシングル「二人セゾン」(2016年11月30日発売)初回盤A
欅坂46 3rdシングル「二人セゾン」(2016年11月30日発売)初回盤B
欅坂46 3rdシングル「二人セゾン」(2016年11月30日発売)初回盤B
欅坂46 3rdシングル「二人セゾン」(2016年11月30日発売)初回盤C
欅坂46 3rdシングル「二人セゾン」(2016年11月30日発売)初回盤C
欅坂46 3rdシングル「二人セゾン」(2016年11月30日発売)通常盤
欅坂46 3rdシングル「二人セゾン」(2016年11月30日発売)通常盤
モデルプレス

Interview Rankingインタビューランキング

Photo Ranking画像ランキング

Interview Listインタビュー一覧

YouTube Channel


TOP