多部未華子、恋愛は「安心感」がキーワード “キング”藤ヶ谷太輔はピンチ?「7位獲ったら…」<「キスブサ」潜入インタビュー>

0
0
女優の多部未華子が、14日放送のフジテレビ系バラエティ番組『キスマイBUSAIKU!?』(23時~)にゲスト出演。モデルプレスでは、収録現場に潜入し、多部にインタビューを実施した。
モデルプレスのインタビューに応じた多部未華子(C)モデルプレス
モデルプレスのインタビューに応じた多部未華子(C)モデルプレス
多部未華子(C)モデルプレス
多部未華子(C)モデルプレス
今回の放送では、「ゲレンデで転んだ女性のカッコいい助け方」をテーマに北山宏光、藤ヶ谷太輔、玉森裕太、宮田俊哉、千賀健永、横尾渉、二階堂高嗣の7人が、お馴染みの「BUSAIKU!?ランキング」でトップを目指す。

今回の放送では、マイコとは初対面の設定。ゲレンデで転んでいる見知らぬ女性マイコを助けるという設定。初対面の女性に恋の予感を感じさせられるか?女性のところまでカッコよく滑ることができるか?がポイントとなる。

藤ヶ谷太輔、スノボセット購入!“カッコいい”初対面を果たすのは…?

スキーの経験が「数回だけしかない」という多部は、「上手く滑っているとカッコよく見える」とにっこり。

一方、今回が初体験だったという北山、藤ヶ谷、宮田の3人。中でも“キング”こと藤ヶ谷は、収録のため「(スノーボードセットを)プライベートで、一式買いました」という気合の入りようで、「7位獲ったら一生ゲレンデ行かない!」と宣言。

このほか、経験者たちは「滑りがマジカッコいい、俺」(横尾)、「めっちゃ練習しました」(玉森)、「自分で決めたことが全部できなかった。でも、それがリアルで完璧」(二階堂)、「皆さんと一緒のことをしてもしょうがないと思ったので、技を入れました」(千賀)と思い思いにコメント。

4位も“カッコいい”にランキングされる高評価となったが、果たしてその結果は一体?

多部未華子(C)モデルプレス
多部未華子(C)モデルプレス

恋愛は“安心感”がキーワード

収録中も笑顔が耐えなかった多部は、インタビューではランキングについて「4位の方の程よい馴れ馴れしさが良かったです。名前も自分から名乗ってくれていて、安心感がありました。逆に6位の方は、全然安心できなさそうでちょっと…(笑)」とコメント。

また、「安心できる人」がタイプだと明かし、「いつでも味方をしてくれて、精神的に弱っているときも助けてくれそうな安心感がほしいです」と恋愛観を告白。それゆえ、下位のメンバーについては「あまり守ってくれそうにないイメージが…」と本音が飛び出し、「カッコよく現れて、そっと手を差し伸べてほしいです!」と理想のシチュエーションに妄想を膨らませた。

今回の放送では、マイコ目線のカメラアングルも多数盛り込まれており、「なりきるというか、その視点で友達と一緒に盛り上がると楽しいと思います」と視聴者へメッセージも送った。(modelpress編集部)

多部未華子 プロフィール

1989年1月25日生まれ。東京都出身。2002年、女優デビュー。2007年「山田太郎ものがたり」(TBS系)で民放連続ドラマ初出演、2009年NHK連続テレビ小説「つばさ」でヒロインを演じ、広く名前が知られる。2010年には、高い演技力が評価され、エランドール賞新人賞を受賞した。

さらに、2011年「デカワンコ」(日本テレビ系)にて民放連続ドラマの初主演を飾り、「君に届け」(2010年)「LIAR GAME -再生-」(2012年)「ピース オブ ケイク」(2015年)など数多くの映画にも主演。4月1日には、主演映画「あやしい彼女」の公開も控えており、劇中で歌声を披露するなど、早くも話題を集めている。
【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - 多部未華子、恋愛は「安心感」がキーワード “キング”藤ヶ谷太輔はピンチ?「7位獲ったら…」<「キスブサ」潜入インタビュー>
今読んだ記事

多部未華子、恋愛は「安心感」がキーワード “キング”藤ヶ谷太…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「インタビュー」カテゴリーの最新記事