うつ治療中報道のジャスティン・ビーバー、精神状態を告白

2月にうつ病の治療中と報じられたカナダ出身ミュージシャンのジャスティン・ビーバーが9日、自身のInstagramにて現在の精神状態を明かした。
ジャスティン・ビーバー(Photo by Getty Images)
ジャスティン・ビーバー(Photo by Getty Images)
ジャスティンはカニエ・ウェストや自身のマネジャーと写っている写真を投稿。「僕が経験していることを皆に共鳴してもらえることを祈って、ただ近況を伝えたいと思ったんだ」と切り出し「ものすごく疎外感を感じて、奇妙な感じがする。僕はいつも立ち直るし、心配はしてない。ただ皆に、手を伸ばして僕のために祈ってくれるように頼みたかったんだ」と心境を吐露。

「神様は忠実であり、皆の祈りは効果がある。ありがとう」とし、「僕が今まで直面してきた中で最も人間的な時期だ」とつづっている。


ジャスティン・ビーバー、自身を「感情が不安定な性格」と明かす

ジャスティン・ビーバー (C)モデルプレス
ジャスティン・ビーバー (C)モデルプレス
ジャスティンは2月中旬、米「PEOPLE」などによってうつ病のため治療を受けていることを報じられた。関係者は、「ジャスティンは落ち込み疲れている。精神的にもがき苦しんでおり。周囲からの助けや治療も受けている」と話したという。

またアメリカ版「VOGUE」3月号のインタビューでは、13歳にして世界のトップスターに駆け上がった後、荒れた行動が目立つようになった当時は抗不安作用のあるザナックスという薬物に依存していたことを告白。


自身を「感情が不安定な性格」と語り、昨年結婚した妻でモデルのヘイリー・ボールドウィンの論理的な性格に助けられているとも明かしていた。(modelpress編集部)

ジャスティン・ビーバー、薬物依存の過去 結婚までの禁欲生活も赤裸々告白



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - うつ治療中報道のジャスティン・ビーバー、精神状態を告白
今読んだ記事

うつ治療中報道のジャスティン・ビーバー、精神状態を告白

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「海外」カテゴリーの最新記事