堀田茜「好きなオトコと別れたい」第11話(C)テレビ東京

【好きなオトコと別れたい 第11話】郁子、浩次の言葉に泣き崩れる

2024.06.12 06:00

女優の堀田茜が主演を務めるテレビ東京系ドラマNEXT「好きなオトコと別れたい」(毎週水曜深夜24時30分~)の第11話が、12日に放送される。


堀田茜主演「好きなオトコと別れたい」

紺野彩夏、柏木悠「好きなオトコと別れたい」第11話(C)テレビ東京
紺野彩夏、柏木悠「好きなオトコと別れたい」第11話(C)テレビ東京
同作は、デジタル恋愛コミック誌「comic tint」(講談社)に掲載され、同世代の読者から共感の声を集めた藤緒あいによる同名作を実写ドラマ化。将来を考えるアラサー女性会社員が“別れたくても別れられない”ダメ男の魅力にハマり、その沼から抜け出せないループな恋を繰り広げる。

ダメ男に何度か別れを切り出しつつも結局別れられずにいる白石郁子役を堀田が、定職に就かず郁子の家に居候するヒモ男ながら憎めない性格の黒川浩次役を毎熊克哉が演じるほか、木村慧人(FANTASTICS)、紺野彩夏、柏木悠(超特急)らが出演する。

「好きなオトコと別れたい」第11話

木村慧人「好きなオトコと別れたい」第11話(C)テレビ東京
木村慧人「好きなオトコと別れたい」第11話(C)テレビ東京
青山(木村)の言葉で、自分の気持ちを再確認した郁子(堀田)。浩次(毎熊)の行方がわからない中、しのぶ(相田周二)から浩次がダメ男になってしまった悲しい過去を聞く。

毎熊克哉「好きなオトコと別れたい」第11話(C)テレビ東京
毎熊克哉「好きなオトコと別れたい」第11話(C)テレビ東京
一方、青山は偶然、浩次と出会う。浩次が郁子の彼氏だと知った青山は「郁子が好きだ」と浩次に伝える。さらに、通りかかった郁子は2人に気づくが、聞こえてきた浩次の言葉にショックを受け泣き崩れてしまう。

(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】

関連リンク

関連ドラマ

  1. 好きなオトコと別れたい

    好きなオトコと別れたい

    2024年04月03日(水)スタート

    毎週水曜24:30 / テレビ東京系

    詳しく見る

関連記事

  1. 【好きなオトコと別れたい 第10話】郁子、“ダメ男”浩次に未練 ハイスペイケメン・青山とデートへ
    【好きなオトコと別れたい 第10話】郁子、“ダメ男”浩次に未練 ハイスペイケメン・青山とデートへ
    モデルプレス
  2. 【好きなオトコと別れたい 第9話】浩次、家出で郁子と青山が急接近
    【好きなオトコと別れたい 第9話】浩次、家出で郁子と青山が急接近
    モデルプレス
  3. 【好きなオトコと別れたい 第8話】浩次、クビ宣告で決断 郁子に伝えたこととは?
    【好きなオトコと別れたい 第8話】浩次、クビ宣告で決断 郁子に伝えたこととは?
    モデルプレス
  4. 堀田茜「イッテQ!」共演者に結婚を事前報告しなかった理由とは
    堀田茜「イッテQ!」共演者に結婚を事前報告しなかった理由とは
    モデルプレス
  5. 【好きなオトコと別れたい 第7話】郁子、就職した浩次とすれ違いの日々 ナナは元恋人と復縁
    【好きなオトコと別れたい 第7話】郁子、就職した浩次とすれ違いの日々 ナナは元恋人と復縁
    モデルプレス
  6. 【好きなオトコと別れたい 第6話】郁子、“ダメ男”浩次と2人で温泉旅行に
    【好きなオトコと別れたい 第6話】郁子、“ダメ男”浩次と2人で温泉旅行に
    モデルプレス

「ドラマニュース」カテゴリーの最新記事

  1. 「アンチヒーロー」最終回、トレンド1位&関連ワード9語浮上でSNS席巻 ノーカット35分のエンディングに視聴者涙
    「アンチヒーロー」最終回、トレンド1位&関連ワード9語浮上でSNS席巻 ノーカット35分のエンディングに視聴者涙
    モデルプレス
  2. 「アンチヒーロー」最終回、赤峰(北村匠海)がタイトル回収 初回との“別人級”変化に視聴者震撼「鳥肌立った」
    「アンチヒーロー」最終回、赤峰(北村匠海)がタイトル回収 初回との“別人級”変化に視聴者震撼「鳥肌立った」
    モデルプレス
  3. 「アンチヒーロー」最終回、“ラスト”サプライズゲストが一瞬登場「強すぎる」「盲点だった」と驚きの声
    「アンチヒーロー」最終回、“ラスト”サプライズゲストが一瞬登場「強すぎる」「盲点だった」と驚きの声
    モデルプレス
  4. 「アンチヒーロー」最終回 白木(大島優子)のビジュアル変化に注目集まる「演出が細かい」「雰囲気変わる」
    「アンチヒーロー」最終回 白木(大島優子)のビジュアル変化に注目集まる「演出が細かい」「雰囲気変わる」
    モデルプレス
  5. 「アンチヒーロー」最終回、緑川(木村佳乃)の正体判明 伏線になっていた9話シーン&役名に反響「最初から繋がってたんだ」「やっぱり」
    「アンチヒーロー」最終回、緑川(木村佳乃)の正体判明 伏線になっていた9話シーン&役名に反響「最初から繋がってたんだ」「やっぱり」
    モデルプレス
  6. 「アンチヒーロー」最終回 明墨(長谷川博己)&赤峰(北村匠海)接見シーン、初回とリンクした“緻密すぎる演出” 想像を超えた北村の演技とは「ほぼ本人」【飯田和孝P囲み取材Vol.4】
    「アンチヒーロー」最終回 明墨(長谷川博己)&赤峰(北村匠海)接見シーン、初回とリンクした“緻密すぎる演出” 想像を超えた北村の演技とは「ほぼ本人」【飯田和孝P囲み取材Vol.4】
    モデルプレス
  7. 「アンチヒーロー」続編の可能性は?最終回で真犯人明かさなかった理由をプロデューサーが説明【飯田和孝P囲み取材Vol.3】
    「アンチヒーロー」続編の可能性は?最終回で真犯人明かさなかった理由をプロデューサーが説明【飯田和孝P囲み取材Vol.3】
    モデルプレス
  8. 「光る君へ」松下洸平が語る周明のまひろ(吉高由里子)への本心と葛藤「ずっと孤独だった」議論重ねた演出明かす
    「光る君へ」松下洸平が語る周明のまひろ(吉高由里子)への本心と葛藤「ずっと孤独だった」議論重ねた演出明かす
    モデルプレス
  9. 二宮和也&竹内涼真「ブラックペアン2」で日本ドラマ異例の撮影挑戦 “直接対決”の見どころ語る
    二宮和也&竹内涼真「ブラックペアン2」で日本ドラマ異例の撮影挑戦 “直接対決”の見どころ語る
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事