伊藤沙莉、土居志央梨(C)モデルプレス

「虎に翼」伊藤沙莉&土居志央梨、プライベートで“こっそり旅”へ お揃いコーデに反響「リアル寅子とよねさんだ」

2024.06.10 18:14

連続テレビ小説『虎に翼』(NHK総合・毎週月~土あさ8時~ほか)に出演する女優の土居志央梨が10日、自身のInstagramを更新。ヒロインを務める女優の伊藤沙莉との旅行を報告した。


伊藤沙莉ヒロイン朝ドラ「虎に翼」

第110作目の連続テレビ小説となる本作は、日本初の女性弁護士である三淵嘉子(みぶち・よしこ)さんをモデルに描くリーガルエンターテインメント。

主人公の猪爪寅子、通称・トラコを伊藤が、寅子の大学の同級生で、男装の女性・山田よねを土居が演じる。


伊藤沙莉&土居志央梨「虎に翼」コンビの旅行ショットに反響

同日放送された第51話で再登場を果たしたよね。このタイミングを狙っていたかのように土居は「いつの日か、大好きなこの人とこっそり旅してましたとさ」と伊藤と2人で旅行していたことを報告。色違いでお揃いのサマーコートに身を包んだ2ショットを披露し「旅の締めに結局カラオケに寄ってしまった つまり最高 伊藤沙莉って本当に最高すぎるんだ、、いつもありがとう」と感謝をつづった。

伊藤沙莉(C)モデルプレス
伊藤沙莉(C)モデルプレス
土居の投稿から約1時間後、伊藤も自身のInstagramを更新し「そう…あたいたちは密かに旅行をしていた…」と投稿。お互いを撮影した写真とともに「楽しすぎて眠る頃には時間の惜しさにぐずっていた…結局帰京しても尚…遊んでいた…」と満喫した様子を見せ「#よねさん」「#こちらこそがいつもありがとう」「#ビッグなラブ」と土居のメッセージにハッシュタグで返事していた。

2人の投稿にネット上では「寅子とよねさん!?激アツすぎる」「リアル寅子とよねさんだ…感動」「この投稿だけでハッピー」「興奮が止まらない。お揃い可愛すぎ」「よねさんの安否がわからないから、土居さんもポストしないで息を潜めてたのか」など反響が寄せられている。(modelpress編集部)

情報:NHK
【Not Sponsored 記事】

関連リンク

関連ドラマ

  1. 虎に翼

    虎に翼

    2024年04月01日(月)スタート

    毎週月〜土曜08:00 / NHK総合ほか

    詳しく見る

関連記事

  1. 「虎に翼」脚本家、轟(戸塚純貴)のセクシュアリティに言及「同性愛は設定でもなんでもないです」
    「虎に翼」脚本家、轟(戸塚純貴)のセクシュアリティに言及「同性愛は設定でもなんでもないです」
    モデルプレス
  2. 「虎に翼」轟(戸塚純貴)、花岡(岩田剛典)に惚れていた?クレジットに注目集まる「誠実さが伝わる」
    「虎に翼」轟(戸塚純貴)、花岡(岩田剛典)に惚れていた?クレジットに注目集まる「誠実さが伝わる」
    モデルプレス
  3. 「虎に翼」よね(土居志央梨)&轟(戸塚純貴)が再会・バディ結成…胸熱展開でトレンド席巻「朝から号泣」
    「虎に翼」よね(土居志央梨)&轟(戸塚純貴)が再会・バディ結成…胸熱展開でトレンド席巻「朝から号泣」
    モデルプレス
  4. 【虎に翼 第52話あらすじ】寅子、家庭裁判所設立準備室に異動になる
    【虎に翼 第52話あらすじ】寅子、家庭裁判所設立準備室に異動になる
    モデルプレス
  5. 【来週の虎に翼 あらすじ】寅子、花岡の死を知る 轟とよねは再会
    【来週の虎に翼 あらすじ】寅子、花岡の死を知る 轟とよねは再会
    モデルプレス
  6. 【虎に翼 第51話あらすじ】花岡、栄養失調で亡くなる
    【虎に翼 第51話あらすじ】花岡、栄養失調で亡くなる
    モデルプレス

「ドラマニュース」カテゴリーの最新記事

  1. 「アンチヒーロー」最終回、トレンド1位&関連ワード9語浮上でSNS席巻 ノーカット35分のエンディングに視聴者涙
    「アンチヒーロー」最終回、トレンド1位&関連ワード9語浮上でSNS席巻 ノーカット35分のエンディングに視聴者涙
    モデルプレス
  2. 「アンチヒーロー」最終回、赤峰(北村匠海)がタイトル回収 “別人級”変化・意味深ラストに視聴者震撼「鳥肌立った」
    「アンチヒーロー」最終回、赤峰(北村匠海)がタイトル回収 “別人級”変化・意味深ラストに視聴者震撼「鳥肌立った」
    モデルプレス
  3. 「アンチヒーロー」最終回、“ラスト”サプライズゲストが一瞬登場「強すぎる」「盲点だった」と驚きの声
    「アンチヒーロー」最終回、“ラスト”サプライズゲストが一瞬登場「強すぎる」「盲点だった」と驚きの声
    モデルプレス
  4. 「アンチヒーロー」最終回 白木(大島優子)のビジュアル変化に注目集まる「演出が細かい」「雰囲気変わる」
    「アンチヒーロー」最終回 白木(大島優子)のビジュアル変化に注目集まる「演出が細かい」「雰囲気変わる」
    モデルプレス
  5. 「アンチヒーロー」最終回、緑川(木村佳乃)の正体判明 伏線になっていた9話シーン&役名に反響「最初から繋がってたんだ」「やっぱり」
    「アンチヒーロー」最終回、緑川(木村佳乃)の正体判明 伏線になっていた9話シーン&役名に反響「最初から繋がってたんだ」「やっぱり」
    モデルプレス
  6. 「アンチヒーロー」最終回 明墨(長谷川博己)&赤峰(北村匠海)接見シーン、初回とリンクした“緻密すぎる演出” 想像を超えた北村の演技とは「ほぼ本人」【飯田和孝P囲み取材Vol.4】
    「アンチヒーロー」最終回 明墨(長谷川博己)&赤峰(北村匠海)接見シーン、初回とリンクした“緻密すぎる演出” 想像を超えた北村の演技とは「ほぼ本人」【飯田和孝P囲み取材Vol.4】
    モデルプレス
  7. 「アンチヒーロー」続編の可能性は?最終回で真犯人明かさなかった理由をプロデューサーが説明【飯田和孝P囲み取材Vol.3】
    「アンチヒーロー」続編の可能性は?最終回で真犯人明かさなかった理由をプロデューサーが説明【飯田和孝P囲み取材Vol.3】
    モデルプレス
  8. 「光る君へ」松下洸平が語る周明のまひろ(吉高由里子)への本心と葛藤「ずっと孤独だった」議論重ねた演出明かす
    「光る君へ」松下洸平が語る周明のまひろ(吉高由里子)への本心と葛藤「ずっと孤独だった」議論重ねた演出明かす
    モデルプレス
  9. 二宮和也&竹内涼真「ブラックペアン2」で日本ドラマ異例の撮影挑戦 “直接対決”の見どころ語る
    二宮和也&竹内涼真「ブラックペアン2」で日本ドラマ異例の撮影挑戦 “直接対決”の見どころ語る
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事