井川遥、黒木華、小日向文世(C)TBS

黒木華・井川遥・小日向文世、鈴木亮平主演「下剋上球児」出演決定<本人コメント>

2023.08.13 12:00

俳優の黒木華井川遥小日向文世が、鈴木亮平が主演を務める10月期のTBS系日曜劇場『下剋上球児』(毎週日曜よる9時~)に出演することが決定した。


鈴木亮平主演「下剋上球児」

本作は、高校野球を通して、現代社会の教育や地域、家族が抱える問題やさまざまな愛を描く、ドリームヒューマンエンターテインメント。2018年に三重県の公立高校・白山高校が甲子園に初出場するまでの軌跡を描いた『下剋上球児』(カンゼン/菊地高弘 著)にインスピレーションを受け企画され、登場する人物・学校・団体名・あらすじはすべてフィクションで描かれる。

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』以来約2年ぶり2度目の日曜劇場主演を務める鈴木が、主人公・南雲脩司(なぐも・しゅうじ)を演じる。

黒木華、鈴木亮平と4度目の共演で野球好き教師役

鈴木との共演は日曜劇場『天皇の料理番』(2015年)やNHK大河ドラマ『西郷どん』(2018年)をはじめ今作が4度目となる黒木が演じるのは、三重県立越山(えつざん)高校に勤める南雲の同僚教師・山住香南子(やまずみ・かなこ)。家庭科教諭の山住は幼い頃に野球に魅せられ、以降、口を開けば野球の話、同級生からは「野球バカ」と揶揄されるほどの大の野球好き。選手の情報をストーカー並みに調べ上げるデータ気質の持ち主だ。

大学卒業後は横浜の強豪私立高校で教師として働き、野球部に深く関わりたいという気持ちはあるものの、女性であるという理由でなかなか深く踏み込めず、選手寮で食事の栄養バランスに関してアドバイスをしたり、持ち前のデータ分析力や交渉力を評価され選手スカウトや部員たちの悩み相談も積極的に引き受けるなど充実した日々を送っていたが、とあることがきっかけで辞職してしまう。

そんなとき、小日向演じる犬塚から誘われ三重の越山高校に赴任、南雲と共に野球部の顧問を担当することに。得意のデータ分析や、熱心なスカウトで廃部寸前の弱小野球部を再建するために奮闘していく山住と、南雲、そして球児たちとの関係性も今作の見どころである。

黒木は「私が演じる山住は、野球がとにかく好きで突っ走ってしまうようなところがある、野球愛が強い先生です。私自身はあまり野球に詳しくないので、球児役の皆さんに教えてもらいながら楽しくやれたらと思っています」と言い、「皆さんに前向きな熱いパワーを届けられる作品になるよう私も頑張ります」と意気込みを語った。

井川遥、年上女房役で3年ぶり日曜劇場出演

井川の日曜劇場への出演は『半沢直樹』(2020年)以来。今作で演じるのは姉さん女房として南雲を支える妻の南雲美香(なぐも・みか)。東京のアート系企業で働き、シングルマザーとして一人息子の青空と生活していたときに、当時、大学に再入学し教師を目指していた南雲に出会い一目惚れ。南雲と交際する中、親が倒れ、地元・三重に戻ることを決め、それをきっかけに南雲と再婚し、長女・なぎさを授かる。

明るくしっかり者で、野球部の顧問になることを迷う南雲の背中を押す存在である。妻として、一人の女性として、家庭と仕事で葛藤する美香が南雲と共に自分たちなりの家族の形を模索していく。さまざまな愛を描く本作の中で、もう一つの物語にも注目だ。

井川は本作について「この作品は高校生たちの成長物語であり、同時にそれを取り巻く人々の人間ドラマでもあります。野球好きな方も馴染みの無かった方も楽しんでいただける作品だと思います」と伝えている。

小日向文世、2クール連続で日曜劇場出演

小日向は現在放送中の日曜劇場『VIVANT』でも誤送金問題に大きく関わる重要人物を好演中で、2クール連続での日曜劇場出演となる。これまでも多くの映画やドラマに出演してきた小日向だが、主演の鈴木とは意外にも今作が初共演となる。

そんな小日向が演じるのは、地元の産業を支える名家であり先祖代々の大地主・犬塚樹生(いぬづか・みきお)。周囲からはボンクラと見られ、家族からは見放されているが、本人はあまりへこんでいない様子。初孫の翔が生まれてからは娘夫婦に嫌がられるほど愛情を注ぎ、野球少年で「メジャーに行きたい」という翔のために出資は惜しまず、越山高校に入学した翔の入学祝いとして勝手にグラウンドを建設したり、対戦相手を勝手に決めたり、顧問の南雲や山住に無理難題をふっかけるなど周囲を振り回す人物だ。

これまでも数多くの作品でさまざまな役を好演し、物語を彩ってきた小日向が今回はどのように演じるのか。小日向は初めての“おじいちゃん”役に「気合が入っています。僕の演じる犬塚はとにかく元気で、でもちょっとダメなおじいちゃんなんですけど、孫に自分の夢を託しているような感じが健気だなって思っています。でも、そのあたりを本人はあんまり悲壮感なく楽しんでいるので、そういう部分を元気に演じられたらなと思っています」と意欲を見せた。(modelpress編集部)

黒木華コメント

私が演じる山住は、野球がとにかく好きで突っ走ってしまうようなところがある、野球愛が強い先生です。
私自身はあまり野球に詳しくないので、球児役の皆さんに教えてもらいながら楽しくやれたらと思っています。

球児役の中には甲子園に出場されたメンバーもいます。元気でフレッシュで、とても素敵な方ばかりなので、球児たちのキャラクターはもちろん、チームや家族がそれぞれ成長していく姿も含め楽しんで見ていただけたらうれしいです。

皆さんに前向きな熱いパワーを届けられる作品になるよう私も頑張ります。

井川遥コメント

スポーツがテーマの作品は初めてです。球児を演じるキャストのメンバーに会って熱い想いや、若さのエネルギーをひしひしと感じました。ひとりひとりにドラマがあって、勇気を与えてくれる作品になるんじゃないかなと思っています。

南雲先生を演じる鈴木亮平さんはもうすでにみんなのリーダーで強い吸引力を感じています。私は南雲先生の妻、美香を演じます。年上女房で三重の漁師町で育った、からっとした快活なキャラクター。“お母ちゃん”としてみんなを支えていける存在になりたいです。関西弁ともまた違う三重弁はイントネーションが難しいですが、方言ならではのあったかさやテンポが生まれたらいいなと思っています。

この作品は高校生たちの成長物語であり、同時にそれを取り巻く人々の人間ドラマでもあります。野球好きな方も馴染みの無かった方も楽しんでいただける作品だと思います!ぜひご期待ください!!

小日向文世コメント

孫が高校の野球部で、そのおじいちゃんという設定は初めてなので、僕にとっては記念すべきおじいちゃん役ということで気合が入っています。僕の演じる犬塚はとにかく元気で、でもちょっとダメなおじいちゃんなんですけど、孫に自分の夢を託しているような感じが健気だなって思っています。でも、そのあたりを本人はあんまり悲壮感なく楽しんでいるので、そういう部分を元気に演じられたらなと思っています。

役作りは特にしていないですが、最近、朝自分の顔を見ると「じいさんだな~」と思うので、十分おじいちゃんになれていると思います(笑)。

今回、鈴木さんとは初めての共演で、井川さんとは本当に十何年ぶりで、華ちゃんともまたこうして共演できて、球児たちも含めて初めての方もたくさんいるし、久しぶりに共演できる方もいたり、そういった色んな方とご一緒できるのがすごく楽しみです。

この作品は若い方から大人の方たち、そして年配の方も含めて家族で一緒に楽しめる作品になると思いますので、是非たくさんの方に観てもらいたいです。
【Not Sponsored 記事】

関連リンク

関連ドラマ

  1. 下剋上球児

    下剋上球児

    2023年10月15日(日)スタート

    毎週日曜21:00 / TBS系

    詳しく見る

関連記事

  1. 井川遥、“15年ぶり”ボブヘアにイメチェンで反響「美しい」「似合ってる」
    井川遥、“15年ぶり”ボブヘアにイメチェンで反響「美しい」「似合ってる」
    モデルプレス
  2. 黒木華、ムロツヨシとの交際報道の真相告白
    黒木華、ムロツヨシとの交際報道の真相告白
    モデルプレス
  3. 黒木華、SixTONESの“ズドン”披露 プライベートでもやっていると告白
    黒木華、SixTONESの“ズドン”披露 プライベートでもやっていると告白
    モデルプレス
  4. 黒木華、道長の嫡妻に 吉高由里子と「花子とアン」以来の共演<光る君へ>
    黒木華、道長の嫡妻に 吉高由里子と「花子とアン」以来の共演<光る君へ>
    モデルプレス
  5. 中村倫也&黒木華、舞台初共演作「ケンジトシ」2年半越しの開幕 コロナ禍の困難乗り越え「2人で楽しく」
    中村倫也&黒木華、舞台初共演作「ケンジトシ」2年半越しの開幕 コロナ禍の困難乗り越え「2人で楽しく」
    モデルプレス
  6. 井川遥、仕事・育児の両立への不安を吐露「これでいいのかなって」
    井川遥、仕事・育児の両立への不安を吐露「これでいいのかなって」
    モデルプレス

「ドラマニュース」カテゴリーの最新記事

  1. Travis Japan宮近海斗、SixTONES京本大我に思わず“キュン”「お迎え渋谷くん」現場での気遣い明かす
    Travis Japan宮近海斗、SixTONES京本大我に思わず“キュン”「お迎え渋谷くん」現場での気遣い明かす
    モデルプレス
  2. 【お迎え渋谷くん 第4話】渋谷、ついに告白 愛花の元カレ登場で新展開?
    【お迎え渋谷くん 第4話】渋谷、ついに告白 愛花の元カレ登場で新展開?
    モデルプレス
  3. 【虎に翼 第18話あらすじ】梅子の家庭事情明らかに 花岡は山道でハプニング
    【虎に翼 第18話あらすじ】梅子の家庭事情明らかに 花岡は山道でハプニング
    モデルプレス
  4. 【くるり~誰が私と恋をした?~ 第3話】まこと、転落場所で朝日に遭遇
    【くるり~誰が私と恋をした?~ 第3話】まこと、転落場所で朝日に遭遇
    モデルプレス
  5. 伊藤健太郎、4年ぶり日テレドラマ出演決定 SixTONES森本慎太郎主演「街並み照らすヤツら」“重要人物”に<コメント>
    伊藤健太郎、4年ぶり日テレドラマ出演決定 SixTONES森本慎太郎主演「街並み照らすヤツら」“重要人物”に<コメント>
    モデルプレス
  6. 【Destiny 第3話】奏、父の死とカオリの事故の関係性調べ始める
    【Destiny 第3話】奏、父の死とカオリの事故の関係性調べ始める
    モデルプレス
  7. 「アンメット」後遺症背負った高校生役・島村龍乃介が話題 オーディションで出演抜擢
    「アンメット」後遺症背負った高校生役・島村龍乃介が話題 オーディションで出演抜擢
    モデルプレス
  8. 高橋一生「一瞬で気を失いそうに」過酷な撮影回顧 飯豊まりえも「息がこちらも止まってしまうくらい」<岸辺露伴は動かない>
    高橋一生「一瞬で気を失いそうに」過酷な撮影回顧 飯豊まりえも「息がこちらも止まってしまうくらい」<岸辺露伴は動かない>
    モデルプレス
  9. 北村匠海、長谷川博己「アンチヒーロー」演技の裏話告白 “脚本に書かれていない動作的な部分”に注目
    北村匠海、長谷川博己「アンチヒーロー」演技の裏話告白 “脚本に書かれていない動作的な部分”に注目
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事