北川景子、吉岡里帆(提供写真)

北川景子、吉岡里帆と初共演 湊かなえ氏原作「落日」ドラマ化で主演

2023.05.31 05:00

女優の北川景子が、9月放送・配信スタートのWOWOW「連続ドラマW 湊かなえ『落日』」(全4話)で主演を務めることが決定。併せて、共演者に女優の吉岡里帆が発表となった。本作で、北川と吉岡は初共演となる。


湊かなえ原作「落日」

人気作家・湊かなえ氏が2019年に作家生活10周年の節目の作品として書き下ろしたミステリー長編「落日」。

2008年のデビュー作「告白」がミリオンセラーとなり、その後も「贖罪」「Nのために」「リバース」など途切れなくヒット作を生み、エンターテインメント小説界をけん引する湊かなえ氏。湊かなえ氏の原作小説のWOWOWでのドラマ化は、連鎖する悲劇と登場人物たちの心の闇を描き国内外で喝采を浴びた「連続ドラマW 贖罪」(2012年)、“母と娘”をテーマに毒を抱えた6人の主演女優たちが織り成す「連続ドラマW 湊かなえ ポイズンドーター・ホーリーマザー」(2019)に続き3作品目となる。

脚本には「連続ドラマW 宮部みゆき『ソロモンの偽証』」、「連続ドラマW インフルエンス」、「連続ドラマW 坂の途中の家」などWOWOWの数々のヒット作を手掛けた篠崎絵里子氏(※「崎」は正式には「たつさき」)。そして、本作で監督を務めるのは、第44回日本アカデミー賞で最優秀作品賞に輝いた『ミッドナイトスワン』の内田英治監督。内田監督が本格ミステリー原作の映像化を手掛けるのは初でもあり、作り上げられる世界観にも期待が高まる。

本作のキーワードとなるのは「裁判」と「映画」。二人の女性、実際に起きた一家殺害事件の映画化を持ち掛けた香と相談を受けた真尋が軸となって物語は展開する。15年前の事件の真相を追うことは、重い十字架を背負う主人公たちが抱える過去と向き合うことを意味していた。登場人物たちの魂の叫び、そして、香と真尋がたどり着いた衝撃の真実とは。

北川景子&吉岡里帆「落日」出演決定

この度、北川が主演を務めることが決定。WOWOWでの主演は「連続ドラマW ヒポクラテスの誓い」以来、約7年ぶりとなる。北川は、新進気鋭の映画監督で、他人に迎合することなく自分の信念で行動する主人公・長谷部香役を演じる。

また、香が幼い頃に住んでいた笹塚町出身の脚本家ということで運命の輪に巻き込まれていく甲斐真尋役で吉岡の出演も決定。北川と吉岡は本作が初共演となる。香と真尋は、映画を作るために15年前に起きた『笹塚町一家殺害事件』の真相を探っていく。二人はお互いに秘密にしていたが、それぞれ過去に身近な人を失ったことで、深いトラウマを抱えていた。やがて明らかになる、大切な人々の死の真相の先にあるものとは。

後日追加で発表される豪華共演陣にも注目である。(modelpress編集部)

北川景子(長谷部香役)コメント

― 本作のオファーを受けた際のお気持ち

湊かなえさんの作品が大好きで、元々たくさん読ませて頂いていた中に「落日」もありました。香と真尋が一つの事件を調査していく過程で、自分の過去や生い立ち、家族についてさまざまな真実に辿り着いていき、2人の人生がじわじわと交わっていくストーリー展開に感動した作品でした。オファーをいただいた時は驚きましたし、湊さんの作品に携われることがとても嬉しかったです。

― 脚本を読まれた際の感想

一見接点のない登場人物たちが過去に深く関わりがあり、その真実が明らかになるにつれ、それぞれが心にしまっていた悲しみやトラウマを昇華していく展開が、原作同様、ライブ感がありました。真実とは、事実とは、そしてそれを受け入れることとは何なのか。知ることに果たして救いはあるのか。原作のテーマが落とし込まれた脚本で惹き込まれました。タイトルの通り、落日が度々物語に出てきます。日が沈むまでの短い時間に、それぞれが同じ夕日に思いを馳せていたと思うと切なかったのですが、一歩ずつ前に進んで欲しいと思いましたし、とにかく天候に恵まれ、この夕日のシーンの撮影がうまくいきますようにと願いました(笑)。

― 今回演じられた新鋭映画監督・長谷部香という役について役作りで心がけたことや、撮影現場の印象

香は“知ること”が“救い”だと言い、「なぜそうなってしまったのかが、知りたい」と言い続けます。真実を知ることで傷つくことや、かえって苦しむことになったとしても、真実に近づこうとする執念を持つ人です。役を作るにあたり、この人は何故そんなに知りたがるのか沢山考えたのですが、香という人物は過去も含め自分という存在を赦すために知ろうとしていて、知ることでしか本当に前に進めないのだとわかりました。真実に近づくためには手段を選ばなかったり突き進んでしまうところがあり、それ故に周りを傷つけてしまい、またそのことにも傷ついてしまう香の繊細さを表現したいと思い撮影に臨んでいました。撮影現場は大変和やかで、内田監督や内田組の皆様がとても温かく迎え入れてくださり、皆様とコミュニケーションをとるのが楽しかったです。作品の真剣なムードとはまた違って、和やかで楽しい日々でした。

― 視聴者の皆様へメッセージ

心に悲しみや傷を抱えたまま蓋をして生きていた登場人物たちが、それぞれの救いを見つけ前に進んでいく姿に私は勇気をもらいました。日常生活を送る中で、時として私たちは普通を装い、悲しみやトラウマ、知られたくない感情が表層に浮かび上がらないよう取り繕って生きていますが、実はそれぞれに何かを抱えていて、皆救いを求めているのだと思います。この落日という作品が、皆様にとって一瞬でも、何かの救いや励ましになったら幸いです。

吉岡里帆(甲斐真尋役)コメント

― 本作のオファーを受けた際のお気持ち

北川景子さん主演作、湊かなえさん原作ということで、世に残る作品を一緒に作っていける喜びでいっぱいになりました。仲良しのヘアメイクさんがいらっしゃったり、いつか仕事をしたかった内田英治監督にカメラマンの伊藤麻樹さんも一緒で座組としても心強いなと感じました。

― 脚本を読まれた際の感想

湊さん原作の「落日」のテーマである、苦しみからの成長・希望を忘れない精神の美しさに感動していたので読みながら大事なポイントを探りました。どんな過去を背負っていても向き合っていこうとする映画監督の香と、現実をまだ直視出来ない脚本家の真尋が邂逅していく姿がスリリングに、かつ柔らかさも持って描かれているように思いました。

― 今回演じられた新人脚本家・甲斐真尋という役について役作りで心がけたことや、撮影現場の印象

真尋は脚本家としての自分に自信が無く、ひねくれていてうだつが上がらない臆病な人間です。過去のトラウマから後ろ向きな性格になってしまった姿を、苦しみながらも何とか前に進んでいく主人公の香さんと対比になるよう気をつけながら演じました。

― 視聴者の皆様へメッセージ

ドラマ「落日」は繊細で痛みのある切ない物語であると共に、優しいメッセージの詰まった希望を描いた作品でもあります。最後のエンディングがとても素敵なので、ぜひ4話続けて見て頂きたいです。

原作:湊かなえコメント

― 「落日」がWOWOWでドラマ化されることについてのお気持ち

自分の都合のいいものだけを見て生きる。しかし、日が沈まなければ明日が来ないように、真実を知るからこそ訪れる明るい未来もあると思うのです。それを、映像で感じることができることに大きな希望を抱いています。文章では表現の限界のある「落日」を突き付けられ、心地よい敗北感を抱けたら、最高に幸せです。

― 主演の北川景子さん、共演の吉岡里帆さんについての印象や期待したいポイント、脚本を読まれてドラマに期待すること

北川さん、吉岡さん、どちらも大きな問題を内に抱えた役柄ですが、言葉にしなくても、表情や些細な動作にそれがにじみ出る演技をしてくださるお2人だと確信し、期待が膨らみ、ドキドキしています。脚本も作品の意図を丁寧にくみ取っていただいており、監督を中心に、皆のパワーがこもった作品になるのではないかと思
います。

― 視聴者の皆様へメッセージ

自分と重なる人物、または、寄り添いたい人物が作中にいると思いますので、物語を楽しんだ後は、ご自分の胸の内に目を向け、明日への希望となるヒントを見出していただけるのではないでしょうか。また、この作品のスタートは「映画」と「裁判」というワードです。ここに注目して見てくださると、新しい発見があるかもしれません。どうぞよろしくお願いします。

監督:内田英治コメント

― 本作をWOWOWでドラマ化するにあたっての意気込み

じつは私、ミステリー小説ファンなのですが。このような形で本格ミステリーの原作をはじめてやらせていただくわけで、とても緊張し、とても意気込んでおります。原作者の湊かなえさんが描いた、繊細な登場人物たちを撮影で甦らせようと四苦八苦した作品でございます。その結果をぜひ見ていただきたいと思います。

― 主演の北川景子さん、共演の吉岡里帆さんについての印象

おふたりとも初めてご一緒させていただきましたが、おふたりともによい意味で想像ととても違っておりました。北川さんは内に秘めたものが爆発するかしないかという境界線を演じるのがとてもお上手だと感じました。吉岡さんは明るい役のイメージがあったのですが、逆に繊細で感情がふつふつと煮込まれゆく演技などをもっと見たいと現場で思いました。

― 視聴者の皆様へメッセージ

2人の女性が自らの歴史をたどりながら謎を解明してゆく。北川景子さん、吉岡里帆さんがそれぞれ演じるわけですが、とても刺激的な撮影の日々でした。きっとそれが画面に現れている作品だと思います。皆様ぜひ見てください!

ストーリー

新進気鋭の映画監督・長谷部香(北川景子)は、新人脚本家・甲斐真尋(吉岡里帆)に映画の脚本の相談を持ち掛ける。その元となるのは、15年前、引きこもりの男性が高校生の妹を自宅で刺殺後、放火して両親も死に至らしめた『笹塚町一家殺害事件』。そして事件が起きた小さな町、笹塚町は真尋の生まれ故郷でもあった。判決も確定しているこの事件を、香はなぜ撮りたいのか。真尋はどう向き合うのか。事件を調べていくうちに、衝撃の真実にたどりつく……。
【Not Sponsored 記事】

関連リンク

関連ドラマ

  1. 落日

    落日

    2023年09月10日(日)スタート

    毎週日曜22:00 / NHK総合ほか

    詳しく見る

関連記事

  1. DAIGOが驚いた妻・北川景子の娘への怒り方とは
    DAIGOが驚いた妻・北川景子の娘への怒り方とは
    モデルプレス
  2. 吉岡里帆・笑福亭鶴瓶・Hey! Say! JUMP中島裕翔出演「しずかちゃんとパパ」再編集版で地上波放送決定
    吉岡里帆・笑福亭鶴瓶・Hey! Say! JUMP中島裕翔出演「しずかちゃんとパパ」再編集版で地上波放送決定
    モデルプレス
  3. 吉岡里帆・田中圭ら、岸優太主演「Gメン」役柄&ビジュアル第3弾解禁 恒松祐里演じる“ピュアなレディース”キャラPVも公開
    吉岡里帆・田中圭ら、岸優太主演「Gメン」役柄&ビジュアル第3弾解禁 恒松祐里演じる“ピュアなレディース”キャラPVも公開
    モデルプレス
  4. 吉岡里帆、戦争題材で「自分自身が無知であることを痛感する毎日」助演女優賞受賞に感慨<第32回日本映画批評家大賞>
    吉岡里帆、戦争題材で「自分自身が無知であることを痛感する毎日」助演女優賞受賞に感慨<第32回日本映画批評家大賞>
    モデルプレス
  5. 北川景子「ペントレ」リアタイ視聴で涙 山田裕貴も反応でやり取りにファン歓喜「なんて素敵な感想」「テミスコンビが」
    北川景子「ペントレ」リアタイ視聴で涙 山田裕貴も反応でやり取りにファン歓喜「なんて素敵な感想」「テミスコンビが」
    モデルプレス
  6. 吉岡里帆、胸元チラリ“ツヤツヤ”美ボディの秘訣語る
    吉岡里帆、胸元チラリ“ツヤツヤ”美ボディの秘訣語る
    モデルプレス

「ドラマニュース」カテゴリーの最新記事

  1. 山下幸輝「TGC」早着替え舞台裏公開「まさか見れるとは」「想像以上に早すぎる」の声
    山下幸輝「TGC」早着替え舞台裏公開「まさか見れるとは」「想像以上に早すぎる」の声
    モデルプレス
  2. 鈴木愛理、℃-ute解散時を回顧「ファンの皆さんがお芝居の参考になる」<推しが上司になりまして>
    鈴木愛理、℃-ute解散時を回顧「ファンの皆さんがお芝居の参考になる」<推しが上司になりまして>
    モデルプレス
  3. 鈴木愛理&GENERATIONS片寄涼太、推しの存在明かす<推しが上司になりまして>
    鈴木愛理&GENERATIONS片寄涼太、推しの存在明かす<推しが上司になりまして>
    モデルプレス
  4. 「らんまん」寿恵子(浜辺美波)に異変 朝ドラ受けで心配の声「表情も…」
    「らんまん」寿恵子(浜辺美波)に異変 朝ドラ受けで心配の声「表情も…」
    モデルプレス
  5. 富栄ドラム「VIVANT」ならではの撮影NG秘話明かす
    富栄ドラム「VIVANT」ならではの撮影NG秘話明かす
    モデルプレス
  6. 吉岡里帆、永山瑛太と「時をかけるな、恋人たち」現場で“粘り続けていること”
    吉岡里帆、永山瑛太と「時をかけるな、恋人たち」現場で“粘り続けていること”
    モデルプレス
  7. Lil かんさい西村拓哉、“天使役”で連ドラ初主演が話題「すでにハマり役」「役というかもはや天使」
    Lil かんさい西村拓哉、“天使役”で連ドラ初主演が話題「すでにハマり役」「役というかもはや天使」
    モデルプレス
  8. 「VIVANT」富栄ドラム、バルカ警察オーディションに参加していた「チンギスさんのモンゴル語のセリフで」
    「VIVANT」富栄ドラム、バルカ警察オーディションに参加していた「チンギスさんのモンゴル語のセリフで」
    モデルプレス
  9. 「VIVANT」富栄ドラム、堺雅人&阿部寛との共演エピソード告白「NGを出しても」
    「VIVANT」富栄ドラム、堺雅人&阿部寛との共演エピソード告白「NGを出しても」
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事