中島裕翔、吉川愛/「純愛ディソナンス」最終話より(C)フジテレビ

「純愛ディソナンス」最終回での“伏線回収”が話題 これまでと繋がる演出に「仕掛けが細かくて感動」の声

2022.09.23 15:12
0
4

Hey! Say! JUMP中島裕翔が主演を務め、女優の吉川愛がヒロインを務めるフジテレビ系木曜劇場「純愛ディソナンス」(毎週木曜よる10時~)の最終話が22日に放送された。これまでの話とのリンクが話題を集めている。<※ネタバレあり>

中島裕翔主演「純愛ディソナンス」

吉川愛/「純愛ディソナンス」最終話より(C)フジテレビ
吉川愛/「純愛ディソナンス」最終話より(C)フジテレビ
新任音楽教師・正樹(中島)と生徒・冴(吉川)の“純愛”を軸にストーリーが進む今作は、常にタブーと背中合わせな2人の純愛が次第に周囲を巻き込みながら、やがて“ディソナンス=不協和音”となりドロドロな展開を生み出していく純愛×ドロドロの“純ドロ”ストーリー。

16日に放送された10話では一度別れていたものの、最終回では互いへの想いに改めて気付いた正樹と冴が結ばれ幕を閉じた。

「純愛ディソナンス」最終回での伏線回収話題に

視聴者の間では、そんなハッピーエンドを迎えた結末の他、これまでのシーンとの関連する場面が話題に。

最終回では、正樹と一緒にいることで様々な障壁にぶつかることへの負担を感じた冴から改めて別れを切り出されたことや、ビジネスに失敗したことを受け途方に暮れていた正樹が踏切の前で虚ろな表情を浮かべ立ち尽くす場面が。この踏切は1話で冴が自殺を試みた場所。そこで正樹が話しかけたことから2人の距離は縮まっており、2人の“始まり”とも言えるシチュエーションだった。

(左から)吉川愛、藤原大祐/「純愛ディソナンス」最終話より(C)フジテレビ
(左から)吉川愛、藤原大祐/「純愛ディソナンス」最終話より(C)フジテレビ
吉川愛/「純愛ディソナンス」最終話より(C)フジテレビ
吉川愛/「純愛ディソナンス」最終話より(C)フジテレビ
また最終回終盤、2人の思いが通じ合い、正樹は念願となったピアノ教室を開業。そこへ迎えに来た冴が、高校時代から変わらずに「先生!」と呼ぶと、正樹は「先生って呼ぶな」と笑顔でツッコミ。ようやく訪れた2人の和やかな時間が伝わるシーンとなっていた。

そんな「先生って呼ぶな」というセリフは、3話にて社会人となった冴と再会した正樹が告げたものと同じ。そのときは愛菜美(比嘉愛未)と結婚していたことから、冴と距離を置くため冷たく言い放っていたが、最終回では愛のこもった意味合いを持つセリフへと一変した。

最終回で回収されたこれまでのシーンとの関連性を受けて、視聴者からは「仕掛けが細かくて感動!」「最終回の深みが増す」「こう繋がっていたんだ」など驚く声が上がっていた。
(modelpress編集部)

情報:フジテレビ
【Not Sponsored 記事】

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連リンク

関連記事

  1. 「純愛ディソナンス」正樹(中島裕翔)&冴(吉川愛)の結末に感動の声「泣ける」
    「純愛ディソナンス」正樹(中島裕翔)&冴(吉川愛)の結末に感動の声「泣ける」
    モデルプレス
  2. 「純愛ディソナンス」読者が選ぶ“胸キュンシーン”ランキングを発表<1位~10位>
    「純愛ディソナンス」読者が選ぶ“胸キュンシーン”ランキングを発表<1位~10位>
    モデルプレス
  3. 吉川愛「冴ちゃんの役で良かった」と思うこと 「純愛ディソナンス」共演・中島裕翔の印象の変化、現場のほっこりエピソードも<モデルプレスインタビュー>
    吉川愛「冴ちゃんの役で良かった」と思うこと 「純愛ディソナンス」共演・中島裕翔の印象の変化、現場のほっこりエピソードも<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  4. Hey! Say! JUMP中島裕翔「大奥」水野祐之進役に決定「現代にも通ずる点がある」
    Hey! Say! JUMP中島裕翔「大奥」水野祐之進役に決定「現代にも通ずる点がある」
    モデルプレス
  5. Hey! Say! JUMP中島裕翔・冨永愛・風間俊介ら、NHKドラマ「大奥」出演決定
    Hey! Say! JUMP中島裕翔・冨永愛・風間俊介ら、NHKドラマ「大奥」出演決定
    モデルプレス
  6. Hey! Say! JUMP中島裕翔、新型コロナウイルス感染「テレビ朝日ドリームフェスティバル2022」他メンバー6人で出演へ<全文>
    Hey! Say! JUMP中島裕翔、新型コロナウイルス感染「テレビ朝日ドリームフェスティバル2022」他メンバー6人で出演へ<全文>
    モデルプレス

「ドラマ」カテゴリーの最新記事

  1. 深川麻衣、MEGUMI完全プロデュースドラマで主演決定 若手女子アナウンサーに<完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの>
    深川麻衣、MEGUMI完全プロデュースドラマで主演決定 若手女子アナウンサーに<完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの>
    モデルプレス
  2. 「新・信長公記」信長(永瀬廉)、理事長(柄本明)へ宣戦布告 特進クラスの最終決戦幕開け
    「新・信長公記」信長(永瀬廉)、理事長(柄本明)へ宣戦布告 特進クラスの最終決戦幕開け
    モデルプレス
  3. 三宅健、King & Prince高橋海人とドラマ初共演「非常に楽しみ」田中みな実の恋人役で「ボーイフレンド降臨!」出演決定
    三宅健、King & Prince高橋海人とドラマ初共演「非常に楽しみ」田中みな実の恋人役で「ボーイフレンド降臨!」出演決定
    モデルプレス
  4. 「みなしょー」草川拓弥&西垣匠、キスシーンでの“アドリブ”に驚きの声「びっくり」「尊い」
    「みなしょー」草川拓弥&西垣匠、キスシーンでの“アドリブ”に驚きの声「びっくり」「尊い」
    モデルプレス
  5. 「雪女と蟹を食う」最終回 ジャニーズWEST重岡大毅&入山法子の結末に反響 ラストシーンの演出にも注目集まる
    「雪女と蟹を食う」最終回 ジャニーズWEST重岡大毅&入山法子の結末に反響 ラストシーンの演出にも注目集まる
    モデルプレス
  6. R-指定ら、TBS“よるおびドラマ”第2弾「差出人は、誰ですか?」藤原大祐の歌う劇中ラップ監修に決定<本人コメント>
    R-指定ら、TBS“よるおびドラマ”第2弾「差出人は、誰ですか?」藤原大祐の歌う劇中ラップ監修に決定<本人コメント>
    モデルプレス
  7. バカリズム原案&脚本、水川あさみら再集結で「住住」第4弾決定 初登場キャストも解禁
    バカリズム原案&脚本、水川あさみら再集結で「住住」第4弾決定 初登場キャストも解禁
    モデルプレス
  8. 黒島結菜「ちむどんどん」最終週控え心境語る「まだまだ山あり谷ありでいろいろなことが起こります」<本人コメント>
    黒島結菜「ちむどんどん」最終週控え心境語る「まだまだ山あり谷ありでいろいろなことが起こります」<本人コメント>
    モデルプレス
  9. 仲野太賀「初めての俳優仲間」林遣都への思い吐露「初恋の悪魔」メインキャストクランクアップ
    仲野太賀「初めての俳優仲間」林遣都への思い吐露「初恋の悪魔」メインキャストクランクアップ
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事