男性の気持ちが冷める初デートでの行動4つ

好きな彼と仲良くなって、初デートもした!なのに、なぜかその先に進展することがない…。このような恋愛パターンが続くようであれば、あなた自身の言動を見て「この先はないな」と判断されているのかもしれません。今回は、男性の気持ちが冷める初デートの行動を4つご紹介します。
男性の気持ちが冷める初デートでの行動4つ/photo by GAHAG
男性の気持ちが冷める初デートでの行動4つ/photo by GAHAG

自分のことを話しすぎる

2人きりで会おうとしてくれているということは、あなた自身に興味を持っていること、恋人候補として「あり」なのは間違いありません。

しかし、だからといってしょっぱなかな「自分のことを何もかも分かってほしい」と言わんばかりに、自分のことを話すのは控えたいところ。

特に「元カレの話」などは、男性もどう反応したら良いか分からずに戸惑ってしまいます。

どうして別れたかなどの詳細は、聞かれてから話す方が無難です。

また、実家の問題であったり、職場の愚痴も控えた方が良いでしょう。

それらの話は本当にお付き合いをはじめて、数か月後に打ち明けることで少しずつ距離を縮めていくのがベターです。

過剰なリアクションをとる

大人であれば大人なほど、多くの男性は女性に「一緒に連れて恥ずかしくない人」を求める傾向にあります。

具体的に言うと、喜怒哀楽が激しすぎずヒステリックにならないで会話できる人。

「ノリのよさをアピールしたい」「デートを盛り上げたい」という思いから、ほんの少しのことで大声で笑ったり、手を叩いたりしていませんか?

男性によっては、このような過剰なリアクションに違和感を覚える人もいます。

「この子は落ち着きがないのかな…?」なんて思われてしまうことも。

盛り上げたい一心で過剰なリアクションをするのではなく、いつも通りのリアクションを心がけるようにしましょう。

自然な姿でデートを楽しむ女性が良いという男性は多くいますよ。

ありのままのリアクションを取るのが◎/photo by GAHAG
ありのままのリアクションを取るのが◎/photo by GAHAG

自分から会話を振ろうとしない

「会話はきっと彼がリードしてくれるはず」という気持ちでデートに臨み、彼からの会話待ちをしていませんか?

このような態度だと「俺とのデート、楽しくないのかな?」と不安な気持ちを抱かせてしまいます。

例えば彼が「どこに住んでるの?」と聞いてきたとして、「○○だよ」だけでは、終わってしまいますよね。

そうではなくて、彼が投げてきてくれたボールはしっかり拾って返しましょう。

例えば、「○○です。知ってます?」でもいいし、単純に「△△くんはどこ?」と返すのでもOK。

受け身では相手の男性も疲れてしまうので、あなた自身も彼の気になる部分があったら積極的に聞いてみましょう。

「また会いたい」という雰囲気がない

初デートとなると「自分のことを受け入れてもらえるか」「次のデートにつながるか」といった部分が気になるもの。

もしデートが楽しくてまた彼に会いたいと思うのであれば、その気持ちを伝えるように意識しましょう。

次につながるような雰囲気が感じられないと、初デート以降は何も起きない…という状況になってしまいます。

「また会えたら良いな」という言葉を言うのが恥ずかしいのであれば、デート中は笑顔を見せて楽しそうにするというのでも良いでしょう。

初デートは相手を見極める大事な瞬間/photo by GAHAG
初デートは相手を見極める大事な瞬間/photo by GAHAG
いかがでしたか?

初デートは「相手がどんな人か」を見極める大事なシチュエーションになります。

後悔のないよう、あなたのいい部分が極力伝わるように意識してみましょう。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 男性の気持ちが冷める初デートでの行動4つ
今読んだ記事

男性の気持ちが冷める初デートでの行動4つ

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事