男性がうんざりしてしまう“恋愛クラッシャー女子”の特徴5つ

せっかく男性を好きになって付き合ったのに、自分の行動が原因で関係を駄目にしてしまう“恋愛クラッシャー女子”という層が一定数います。しかも彼女たちは、自分たちの行動に気づけていないのがほとんど。そこで今回は、男性がうんざりする恋愛クラッシャー女子の特徴をご紹介します。
男性がうんざりしてしまう“恋愛クラッシャー女子”の特徴5つ/photo by GAHAG
男性がうんざりしてしまう“恋愛クラッシャー女子”の特徴5つ/photo by GAHAG

まだ関係が浅いのに過去のトラウマを話す

知り合ってからの日が浅く、まだ深い話をするような関係でもないのに過去のトラウマを話してくる女性に対して、男性はどう話を聞いたら良いか分からない…となってしまいます。

「過去のトラウマを受け入れて欲しい」という気持ちを持っている女性もいるかもしれませんが、一旦ストップ。

話して良いこととそうでないことを、まずは冷静に考えるようにしましょう。

このような話をする女性を見て「あ~この子は重たそう…付き合えないかも」と思う男性は、意外と多くいますよ。

「だって」「でも」が口癖になっている

会話の節々に「だって」と言い訳し「でも」と否定をするのが癖になっていませんか?

自分の非を認めることができないため、男性から見ると「何か子供っぽいな~」という印象に。

こういう女性は気を許した相手にほどこういう言葉を使いがちなので、彼氏になるとイラッとしてしまうことが多いでしょう。

喧嘩や言い争いになることが増えて、トラブルの絶えないカップルになってしまう可能性が高いため、言い訳する前にまずは相手の話をきちんと聞くところからはじめましょう。

「でも」を言う前に彼の話を聞いてみて/photo by GAHAG
「でも」を言う前に彼の話を聞いてみて/photo by GAHAG

極度の寂しがり屋

いつもスマホを肌身離さず持っていて常に誰かと連絡をとっているような極度の寂しがり屋も、恋愛クラッシャーの特徴の一つ。

寂しがりやの女性は彼氏とは常に一緒にいたい、連絡を取っていたいと思うので束縛が強くなってしまいます。

また、彼氏が忙しくて構えない時間があると他の男性に目移りしてしまうため、彼をヒヤヒヤさせることも。

寂しい気持ちを埋めたいのであれば、男性ばかりに目を向けるのではなく趣味や娯楽を探してみるようにしましょう。

口が軽く秘密を喋ってしまう

付き合っていれば二人だけの秘密とか、親しいからこそ言える秘密の話などもすることがあるでしょう。

しかし、恋愛クラッシャーの中には口が軽くすぐに秘密をばらしてしまう人もいるので、彼氏に信頼してもらえない…という現象が起きることも。

もちろんそれは彼氏だけではなく友達や家族でも同じで、周囲からの信頼度が低く秘密を共有できない相手だと認識されています。

秘密をばらすような相手とは信頼関係を築くことも難しいので、彼氏とも長続きしないことが多いですよ。

「ずるい」と周りをすぐ羨む

何か嬉しかった話や楽しかった話をすると、すぐに「ずるい」と羨ましがる女性も、恋愛クラッシャーである可能性が高いです。

人の利益が自分の損失であると考えてしまうタイプなので、自分には関係ないことでもずるいと考えてしまうように。

こういう女性は例えば彼氏がボーナスをもらったら、「ずるい、何か買って」と図々しいお願いをしてくることも。

次第に彼氏の方がうんざりしてしまい、最終的には別れに至ることもあるので気をつけましょう。

当てはまるものがあったら改善に意識を向けよう/photo by GAHAG
当てはまるものがあったら改善に意識を向けよう/photo by GAHAG
「もしかしたら私、無意識にやっていたかも…」と思う行動はありましたか?

もし当てはまるような特徴があったら“自分のため”という意識を持って、改善に取り組んでみましょう。

そんなあなたの姿を見て、男性も「何かイイ女になったな」とあなたへの印象が変わるかもしれません。

そこから恋愛が芽生える…ということもありますからね。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 男性がうんざりしてしまう“恋愛クラッシャー女子”の特徴5つ
今読んだ記事

男性がうんざりしてしまう“恋愛クラッシャー女子”の特徴5つ

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事