彼氏を上手に怒る方法9選 大好きだからこそ考えてみて!

「もう頭にきた!」と彼氏に怒りたくなることってありますよね。感情のままに怒るのはよくありませんが「彼氏のことは大好きだし…嫌われたくない」と怒る気持ちを抑えると、あなたのストレスの原因になることも。今回は、彼氏への上手な怒り方についてまとめました。上手に怒れるようになれば、ストレスをためないだけでなく、彼氏との関係もより良くなっていくはずですよ。「彼氏を上手に怒る方法が知りたい」という人は要チェックです。
彼氏を上手に怒る方法9選 大好きだからこそ考えてみて!/photo by GAHAG
彼氏を上手に怒る方法9選 大好きだからこそ考えてみて!/photo by GAHAG

なるべく落ち着いて話す

・「どうして怒っているのか」をしっかり伝える

理由が分からないまま怒られると「どうしていいのか分からない」と思う男性は多くいます。

彼氏に怒るときは「彼氏のどういうところが嫌だったのか」を、丁寧に伝えるのがポイントです。

また、話しているときに一方的にならないのも大切。

彼氏の意見もきちんと聞くようにしましょう。

問題点についてふたりで冷静に話し合えば、仲直りも早いはずですよ。

・ヒステリックにならない
落ち着ける場所で話し合いをしよう/photo by GAHAG
落ち着ける場所で話し合いをしよう/photo by GAHAG
多くの男性は、女性のヒステリックな声にいいイメージを持っていません。

怒っているときは、なるべく感情的にならずに、落ち着いた声のトーンで話すようにしましょう。

「ふたりきりの空間だと感情が高ぶってしまう」という人は、カフェなどの人がいる場所で彼氏と話し合うようにするといいですね。

・泣かないようにする

「怒りのボルテージが上がると泣いてしまう」という女性は多いもの。

ですが、泣きながら怒ってしまうと感情がより不安定になり、冷静に話せなくなってしまいます。

涙は生理現象なのでコントロールが難しいですが、怒っているときはなるべく涙をガマンしましょう。

どうしても涙がこぼれてしまうときは、一度深呼吸して落ち着くといいですね。

言い方を工夫する

言い方を工夫すれば話を聞いてくれるはず/Photo by ぱくたそ
言い方を工夫すれば話を聞いてくれるはず/Photo by ぱくたそ
・「好きだから怒ってしまう」と伝える

「なんで俺にばっかりに文句を言うの?」と言われたときには「あなたのことが好きだから怒るんだよ」と素直に伝えましょう。

そうすれば、彼氏も真剣にあなたの話を聞いてくれるようになるはずです。

ふたりでこの先も一緒にいるためには、お互いの意見をぶつけ合うのも大切なこと。

「愛ゆえにぶつかることもある」と彼氏に理解してもらいましょう。

・彼氏の人格を否定しない
いくら怒っていても人格を否定しない/photo by GAHAG
いくら怒っていても人格を否定しない/photo by GAHAG
怒っているからといって、彼氏の人格を否定するのは絶対にNG。

人格を否定されて傷ついた彼は、あなたとの別れを選択する可能性もあります。

怒るときは彼の人格を否定するのではなく、彼の「行動」に対して怒るようにしましょう。

「あなたのことは好きだけど、この部分が嫌だったの」と具体的に言ってあげるのもオススメですよ。

思いきり怒った方がいいときも

・彼氏が悪いことをしたとき

彼氏が悪いことをしたときに、正しい道を歩めるように支えてあげるのも彼女の役目。

「社会的なルールを破る」「人を傷つける」「危険な行動をする」など、彼氏が明らかに悪いことをしたときは、あなたが思いきり怒りましょう。

大好きな彼女に怒られれば、彼氏も改心するはずですよ。

「悪いことを悪い」と言うのは勇気がいることですが、大好きな彼氏のためにも頑張ってくださいね。

・約束を何度も破ったとき
約束を破った時は本気で怒る/Photo by ぱくたそ
約束を破った時は本気で怒る/Photo by ぱくたそ
「浮気をしない」「定期的に出会う」「2日に1回は連絡をする」など、恋人関係は多くの「約束」で成り立っています。

結婚のように法的な縛りがないからこそ、恋人関係には約束を守るのがとても大切です。

彼氏があなたとの約束を何度も破る場合は、本気で怒ってもいいでしょう。

「どうしたら約束を守れるのか」について、真剣に話し合ってみてください。

怒る気持ちを引きずらない

・昔の話を持ち出さない
昔の話は持ち出さない/Photo by ぱくたそ
昔の話は持ち出さない/Photo by ぱくたそ
彼氏に怒るときは、昔の話を持ち出すのはNGです。

あなたにとっては今の怒りと関係のある話でも、彼氏からすると「その話はもう解決したはずだろ」と思ってしまいます。

「昔は昔、今は今」と分けて考えられるといいですね。

そのためにも、「今の怒ってる気持ち」に向き合い、わだかまりを残さないように、彼氏と一緒に解決していきましょう。

・仲直りしたら、笑顔でいる

いつまでも怒る気持ちを引きずると、せっかくの彼氏との時間が台なしです。

彼氏と仲直りしたあとは、なるべく笑顔で過ごしましょう。

笑顔でいれば、ムカムカしていた気持ちも次第に落ち着いていきますよ。

彼氏と一緒にゲームをしたり、料理を作ったりするなど、笑顔で過ごせるように工夫してみてください。

自然とふたりの間の空気も、やわらかくなってくるはずです。

まとめ

「彼氏への上手な怒り方」を試して彼との仲をもっと深めて/Photo by ぱくたそ
「彼氏への上手な怒り方」を試して彼との仲をもっと深めて/Photo by ぱくたそ
彼氏とあなたは違う人間なのですから、ときには意見が衝突するのは当たり前。

ですが、あなたが自分の怒りにまかせて、彼氏を傷つけるのはよくありません。

彼氏とずっと一緒にいるためにも、「彼氏を傷つけないように怒る」ことを意識しましょう。

今回ご紹介した「彼氏への上手な怒り方」を実践すれば、彼氏を傷つけることなく、上手に自分の気持ちを伝えられるはずです。

彼氏にムカッとしたときには、ぜひこの記事を思い出してみてくださいね。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 彼氏を上手に怒る方法9選 大好きだからこそ考えてみて!
今読んだ記事

彼氏を上手に怒る方法9選 大好きだからこそ考えてみて!

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事