『ドライブ・マイ・カー』(C)ロイター/アフロ

西島秀俊・岡田将生ら「第94回アカデミー賞」レッドカーペットに登場 ワールドスターたちと交流も

2022.03.28 09:20

「第94回アカデミー賞」授賞式が、日本時間28日に米ロサンゼルスのドルビー・シアターで開催。日本映画初の作品賞ほか4部門にノミネートされている「ドライブ・マイ・カー」の濱口竜介監督、キャストらがレッドカーペットに登場した。

濱口監督、共同脚本の大江崇允氏、山本晃久プロデューサー、出演の西島秀俊岡田将生、霧島れいかが揃って登場。男性陣は黒いスーツ、霧島は胸元のシースルーが際立つ繊細なドレス姿を披露した。

西島はWOWOWのインタビューに応じ「思ったより盛り上がってて(笑)、びっくりしてます。すごく楽しんでやらせてもらってます」と笑顔。岡田は「すごい世界に来させてもらったなと。素晴らしい俳優さんたちがたくさんいて圧倒されています」と名だたるスターたちと同じ場所に立っていることを驚き、「さきほどウィル・スミスとグータッチして、飛び跳ねました!」と明かしていた。

ソニア・ユアン、パク・ユリム、ジン・デヨン、アン・フィテ/Photo by Getty Images
ソニア・ユアン、パク・ユリム、ジン・デヨン、アン・フィテ/Photo by Getty Images
また西島は「(ポール・トーマス・アンダーソンが)濱口監督に投げキッスしてました(笑)」とエピソードを語り、監督は「どう返していいものか…?投げキッスをするものなのか…(笑)」と楽しんでいる様子を見せていた。

受賞式には同作から、台湾俳優のソニア・ユアン、韓国俳優のパク・ユリム、ジン・デヨン、アン・フィテも出席している。

国際長編映画賞を受賞した濱口竜介監督/Photo by Getty Images
国際長編映画賞を受賞した濱口竜介監督/Photo by Getty Images

「ドライブ・マイ・カー」日本映画史上初の4部門にノミネート

村上春樹による短編小説が原作の同作。突然妻を亡くし喪失を抱えて生きる舞台俳優・演出家の家福(西島)が、演劇祭のため訪れた広島で寡黙な専属ドライバー・みさき(三浦)と出会い、目を背けてきた妻への思いと向き合っていく物語だ。

「ドライブ・マイ・カー」(C)2021『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
「ドライブ・マイ・カー」(C)2021『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
米国アカデミー賞最重要部門である作品賞に日本映画として初めてノミネートされたほか、監督賞、脚色賞、国際長編映画賞の4部門にノミネート。

昨年世界三大映画祭の1つ「第74回カンヌ国際映画祭」で脚本賞を含む4冠を受賞し、数々の国際映画賞で快進撃を続け、アカデミー賞前哨戦とされる「第79回ゴールデングローブ賞」でも非英語映画賞を受賞した。

4年ぶり司会者あり「第94回アカデミー賞」

世界最高峰の映画の祭典とされるアカデミー賞。今年の最多ノミネートは、作品賞を含む11部門12ノミネートされた「パワー・オブ・ザ・ドッグ」。2019年以降は司会者を置かずに進行してきたアカデミー賞授賞式だが、今年はエイミー・シューマー、レジーナ・ホール、ワンダ・サイクスの女性コメディアン3人が司会者をつとめる。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

関連記事

  1. 「真犯人フラグ」真犯人が“伏線”張っていた?過去の発言に注目集まる
    「真犯人フラグ」真犯人が“伏線”張っていた?過去の発言に注目集まる
    モデルプレス
  2. 「真犯人フラグ」“亀やん内”三角関係に決着 鴨井(小林きな子)が選んだ相手に驚きの声
    「真犯人フラグ」“亀やん内”三角関係に決着 鴨井(小林きな子)が選んだ相手に驚きの声
    モデルプレス
  3. 「真犯人フラグ」瑞穂(芳根京子)、“一線を越えなかった”理由&凌介(西島秀俊)への涙の一言に「切ない」「幸せになって」の声
    「真犯人フラグ」瑞穂(芳根京子)、“一線を越えなかった”理由&凌介(西島秀俊)への涙の一言に「切ない」「幸せになって」の声
    モデルプレス
  4. 「真犯人フラグ」衝撃の真犯人&真帆(宮沢りえ)の結末に反響「辛すぎる」「1番の味方だと思ってた」
    「真犯人フラグ」衝撃の真犯人&真帆(宮沢りえ)の結末に反響「辛すぎる」「1番の味方だと思ってた」
    モデルプレス
  5. 西島秀俊「真犯人フラグ」共演・芳根京子から“生放送裏”でサプライズ「気づかなかった」「最高のチーム」と話題
    西島秀俊「真犯人フラグ」共演・芳根京子から“生放送裏”でサプライズ「気づかなかった」「最高のチーム」と話題
    モデルプレス
  6. 「第45回日本アカデミー賞」結果総まとめ 最優秀作品賞は「ドライブ・マイ・カー」【写真特集】
    「第45回日本アカデミー賞」結果総まとめ 最優秀作品賞は「ドライブ・マイ・カー」【写真特集】
    モデルプレス

「映画」カテゴリーの最新記事

  1. 宮世琉弥&綱啓永“りゅびつな”が再共演 肩を寄せ合う仲良しオフショット&場面写真が公開<恋わずらいのエリー>
    宮世琉弥&綱啓永“りゅびつな”が再共演 肩を寄せ合う仲良しオフショット&場面写真が公開<恋わずらいのエリー>
    WEBザテレビジョン
  2. シュー・グァンハン&清原果耶、舞台裏で交わしたリアルなコミュニケーションを明かす<青春18×2 君へと続く道>
    シュー・グァンハン&清原果耶、舞台裏で交わしたリアルなコミュニケーションを明かす<青春18×2 君へと続く道>
    WEBザテレビジョン
  3. 4月12日は“世界宇宙飛行”の日…「宇宙旅行をした気分になれる」マーベル作品5選を紹介
    4月12日は“世界宇宙飛行”の日…「宇宙旅行をした気分になれる」マーベル作品5選を紹介
    WEBザテレビジョン
  4. 石原さとみら「アンナチュラル」キャスト6年ぶり再集結に反響殺到「盛大な伏線かも」綾野剛&星野源「MIU404」コンビ出演に期待も<ラストマイル>
    石原さとみら「アンナチュラル」キャスト6年ぶり再集結に反響殺到「盛大な伏線かも」綾野剛&星野源「MIU404」コンビ出演に期待も<ラストマイル>
    モデルプレス
  5. 映画「ラストマイル」の「アンナチュラル」“匂わせ1文字”にファン納得 石原さとみらキャスト9人が6年ぶりに再集結
    映画「ラストマイル」の「アンナチュラル」“匂わせ1文字”にファン納得 石原さとみらキャスト9人が6年ぶりに再集結
    モデルプレス
  6. ピクサーが大人の魂(ソウル)を揺さぶる…“アカデミー賞2冠”の生きる意味を問う哲学的泣ける名作<ソウルフル・ワールド>
    ピクサーが大人の魂(ソウル)を揺さぶる…“アカデミー賞2冠”の生きる意味を問う哲学的泣ける名作<ソウルフル・ワールド>
    WEBザテレビジョン
  7. 石原さとみら「アンナチュラル」キャスト9人が6年ぶりに再集結「ラストマイル」追加出演者発表
    石原さとみら「アンナチュラル」キャスト9人が6年ぶりに再集結「ラストマイル」追加出演者発表
    モデルプレス
  8. “2023年最も売れた小説”「傲慢と善良」映画化決定 キャストのシルエットも解禁
    “2023年最も売れた小説”「傲慢と善良」映画化決定 キャストのシルエットも解禁
    モデルプレス
  9. 川栄李奈、AKBの“おバカキャラ”から朝ドラヒロイン担う実力派俳優へ「ソウルフル・ワールド」では“こじらせ魂”を好演
    川栄李奈、AKBの“おバカキャラ”から朝ドラヒロイン担う実力派俳優へ「ソウルフル・ワールド」では“こじらせ魂”を好演
    WEBザテレビジョン

あなたにおすすめの記事