木村拓哉、客席にサプライズ潜入で「マスカレード・ホテル」鑑賞 初体験に感慨

俳優の木村拓哉が4日、都内にて行われた映画「マスカレード・ホテル」大ヒット御礼潜入舞台挨拶に鈴木雅之監督とともに登壇した。
木村拓哉(C)モデルプレス
木村拓哉(C)モデルプレス
今作にて木村演じる刑事がホテルマンとしてホテルに潜入するという設定にちなみ、舞台挨拶前の本編の劇場内客席に木村がサプライズで潜入し、観客と一緒に観賞。本編終了後、館内後方の客席から木村が登場すると、観客は驚きの声を上げた。

潜入大成功となった木村は「非常に周囲の方には気をつけながら」と言いつつ、本編終了後、舞台挨拶が始まるまでの間に「今だという感じでたくさんの方がお手洗いに行かれて、その方たちにも素性を明かすことができなかったので」と、そのときが1番苦労したという。しかし、「観終わったあと、客席の周りの方が、こういうことを話しているのかと、サラウンドで聞こえてきて、こういうところで楽しんでいるんだなと、これは劇場に潜入しない限り自分は体験できなかったと思う」と笑顔。「正直、自分の作品を一般の方にまぎれて、潜入して観るのはどういうことなんだろうと思った」と、最初この話を聞いたときは戸惑ったことを明かしたが、「経験しないとわからないので、こういう場を設けていただけて感謝しています」としみじみなりながら感謝した。

客席にサプライズ潜入した木村拓哉(C)モデルプレス
客席にサプライズ潜入した木村拓哉(C)モデルプレス
今回のように、自身の作品を映画館で観るのは「初めて」という木村。「みなさんにまじって潜入は本当に初めてです。試写室で繋がったものを観たことはあるけど、こんな経験はない」と感慨深げに語った。

木村拓哉主演「マスカレード・ホテル」

木村拓哉、鈴木雅之監督(C)モデルプレス
木村拓哉、鈴木雅之監督(C)モデルプレス
今作は、シリーズ累計355万部を突破した東野圭吾作品屈指の人気を誇る「マスカレード」シリーズの第1作が原作。都内の高級ホテルを舞台に巻き起こる難事件に挑むミステリーで、連続殺人事件を解決するためホテルに潜入するエリート刑事・新田浩介を刑事役初挑戦となる木村が演じる。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 木村拓哉、客席にサプライズ潜入で「マスカレード・ホテル」鑑賞 初体験に感慨
今読んだ記事

木村拓哉、客席にサプライズ潜入で「マスカレード・ホテル」鑑…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事