イケメン四天王を演じた(左上から時計回り)稲葉友、磯村勇斗、杉野遥亮、北村匠海 (C)モデルプレス

“イケメン四天王”北村匠海&磯村勇斗&杉野遥亮&稲葉友「ぎゅうぎゅう」一緒にお風呂エピソード<春待つ僕ら>

2018.12.03 21:28
0
0

3日、都内にて映画『春待つ僕ら』(12月14日公開)プレミア試写会舞台挨拶が行われ、土屋太鳳北村匠海DISH//)、小関裕太杉野遥亮磯村勇斗稲葉友泉里香佐生雪、平川雄一朗監督が登壇した。

同作はひとりの女の子と、彼女を囲む個性あふれるバスケ部男子たちの青春を描く青春ラブストーリー。劇中、北村、磯村、杉野、稲葉の4人は“イケメン四天王”としてバスケ部員を演じた。

稲葉友(C)モデルプレス
稲葉友(C)モデルプレス
撮影時のエピソードを問われると、稲葉が「男どもでよく、お風呂に行っていました。スーパー銭湯や、地方に行った時はホテルの大浴場に一緒に行っていましたね。2人が入れるくらいのつぼ(のような浴槽)が置いてあって、そこに4人で2人ずつ入ったんだよね。ぎゅうぎゅうで」と振り返り、北村も「何も考えずに座ったら、その時の座り位置が映画に出てくるカフェでの座り順そのままだった。お風呂を出て、外で立って話している時もその位置で!たまたま」と声を弾ませた。さらに杉野は「その前のラーメン屋でも(座り位置が)同じだったよね!」と補足。楽しそうな様子で頷きあっていた。
土屋太鳳、北村匠海、磯村勇斗(C)モデルプレス
土屋太鳳、北村匠海、磯村勇斗(C)モデルプレス

迫力のバスケシーンに努力

小関裕太(C)モデルプレス
小関裕太(C)モデルプレス
迫力のあるバスケシーンも見どころの同作。キャスト陣は撮影の2ヶ月前に練習を始めただけでなく、それぞれ前もって個人的に練習していたそう。

(左から)杉野遥亮、小関裕太、土屋太鳳、北村匠海、磯村勇斗、稲葉友(C)モデルプレス
(左から)杉野遥亮、小関裕太、土屋太鳳、北村匠海、磯村勇斗、稲葉友(C)モデルプレス
土屋演じるヒロインの幼なじみで帰国子女の天才バスケ選手を演じた小関が「撮影の半年前に匠海くんと再会したのは代々木公園だった。『今度よろしく』って」と思い返すと、北村も「そうそう。練習しましたね。バスケシーンはこの映画における生々しいシーンを作っていこうと思って、撮影というよりは『バスケをしよう』っていうベクトルでやっていました。それを映像で撮っていただいた。汗とか体育館のちょっとむさい感じも出ていると思います」とコメント。平川監督も「嘘がなかった。カットを割らなくても見せられるほど練習してくれた」と絶賛していた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真をみることができます

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連記事

  1. モデルプレス
  2. モデルプレス
  3. モデルプレス
  4. モデルプレス
  5. モデルプレス
  6. モデルプレス
  7. エイベックス通信放送株式会社

「映画」カテゴリーの最新記事

  1. シネマトゥデイ
  2. シネマトゥデイ
  3. シネマトゥデイ
  4. シネマトゥデイ
  5. シネマトゥデイ
  6. SCREEN ONLINE
  7. シネマトゥデイ
  8. シネマトゥデイ