稲垣吾郎、“問題作”で初共演・二階堂ふみに「衝撃が走った」 互いの印象を語る<ばるぼら>

参照回数:100,961

【稲垣吾郎・二階堂ふみ/モデルプレス=11月21日】俳優の稲垣吾郎、女優の二階堂ふみを主演に迎え、手塚治虫の“禁断のアダルトマンガ”とされる漫画『ばるぼら』を初映画化することが20日、都内で行われた「手塚治虫生誕90周年記念会」式典にて発表された。囲み取材に応じた稲垣、二階堂は、初共演となる互いの印象を語った。
二階堂ふみ、稲垣吾郎(C)モデルプレス
二階堂ふみ、稲垣吾郎(C)モデルプレス
70年代末に手塚治虫が描いた連載漫画「ばるぼら」は、禁断の愛とミステリー、芸術とエロス、スキャンダル、オカルティズムなど、様々なタブーに挑戦した問題作。“ばるぼら”という謎の少女に翻弄される小説家・美倉洋介のエロティックで奇怪な体験をつづった大人向けファンタジーとなっている。

今回、手塚治虫生誕90周年を記念して製作が決定し、日本、ドイツ、イギリスのクリエイターが集結。監督には手塚治虫の実子である手塚眞。撮影監督にはウォン・カーウァイ監督作品等の映像美で知られる鬼才・クリストファー・ドイルを招く。

稲垣吾郎、二階堂ふみに「衝撃が走った」

二階堂ふみ、手塚眞監督、稲垣吾郎 (C)モデルプレス
二階堂ふみ、手塚眞監督、稲垣吾郎 (C)モデルプレス
異常性欲に悩まされている売れっ子小説家の主人公・美倉洋介を演じる稲垣、自堕落な性格のフーテン女・ばるぼらを演じる二階堂は今作で初共演。

稲垣は「初めて二階堂さんをスクリーンで観たときは衝撃が走りました。映画はずっと観ていましたし、いつか一緒にと思っていた女優さん」とかねてより二階堂との共演を希望していたといい、「お芝居の現場では役としてしか接していなかったので、今日会うとびっくりするほど二階堂さん」と笑い合う一幕も。「二階堂さんならではのばるぼらを演じてくださって、存在しているようでしていないようなばるぼら。終わるときにもうばるぼらに会えなくなっちゃうのかと寂しくなるような、夢を見ていたような感じでした。二階堂さんの演技で引っ張ってくれたので感謝しています」と“ばるぼら”二階堂を絶賛していた。

稲垣吾郎 (C)モデルプレス
稲垣吾郎 (C)モデルプレス
一方の二階堂も、「物心ついたときからテレビで拝見していました。稲垣さんは文学を感じる方。初めて難しい本を手にとったときのような、知りたいと思っても、まだ追いつけていない自分の未熟さや、大人になりきれない部分を感じさせられる方」と稲垣の印象を語り、「稲垣さんとお芝居をしていると、どんどん自分の中に眠っている“ばるぼら”を起こされるようだった」と伝えると、稲垣は「光栄です」と照れ笑いを見せていた。

二階堂ふみ (C)モデルプレス
二階堂ふみ (C)モデルプレス
二階堂ふみ (C)モデルプレス
二階堂ふみ (C)モデルプレス
手塚監督は2人の起用について「手塚漫画が似合うお二人。いつかお仕事をしたいと思っていた魅力的な方なのでせっかくやるのならお二人に一番合った役をお願いしたいと思っていた」と念願叶った喜びを語った。

稲垣吾郎×二階堂ふみ、濃厚濡れ場にも挑戦


「手塚治虫生誕90周年記念会」式典では特別映像が世界初解禁。稲垣と二階堂の濃厚な濡れ場や衝撃的なシーンも公開となり、上映が終わると会場は拍手と歓声に包まれた。

ほかキャストには渋川清彦、石橋静河、大谷亮介、渡辺えり、美波、片山萌美、ISSAY。公開は2019年。(modelpress編集部)

二階堂ふみ、手塚眞監督、稲垣吾郎 (C)モデルプレス
二階堂ふみ、手塚眞監督、稲垣吾郎 (C)モデルプレス

「ばるぼら」ストーリー

映画「ばるぼら」2019年 全国公開(C)2019 Barbara Film Committee
映画「ばるぼら」2019年 全国公開(C)2019 Barbara Film Committee
人気小説家美倉洋介は、新宿駅の片隅でホームレスのような酔っ払った少女ばるぼらに出会い、つい家に連れて帰る。大酒飲みでだらしないばるぼらだが、美倉はなぜか奇妙な魅力を感じて追い出すことができなかった。彼女を手元に置いておくと不思議と美倉の手は動きだし、新たな小説を想像する意欲がわき起こるのだ。ばるぼらはあたかも芸術家を守るミューズのようだった。

その一方、美倉は洋服屋のマネキン人形や、友人の許嫁が飼っている犬が妖艶な美女に見えてきて恋に落ちてしまう。ばるぼらはそんな幻想から美倉を救い出す。魔法にかかったように混乱する美倉。

美倉の編集者であり彼を密かに慕う甲斐加奈子は、そんな美倉を親身になって心配する。ばるぼらを不審に思い調べてゆくと、悪魔崇拝の教団の存在が背後に浮かび上がる。加奈子はばるぼらに魅かれめ美倉を止めようとするが、突然に事故に遭って重傷を負ってしまう。

ついにばるぼらは美倉と結婚したいと言い出し、奇怪な儀式のような結婚式を執り行うこととなるが、加奈子から事情をきいた友人の小説家四谷が邪魔をして、式は流れる。

ばるぼらは怒って姿を消し、美倉は取り憑かれたようにその後を追ってゆく。いつしか美倉はばるぼらなくては生きていけないようになっていた。

別人になりすましたようなばるぼらを発見し、口論の末、美倉は衝動的に彼女の首を締めてしまう。しかし、気が付くとばるぼらの姿は消えている。ばるぼらは現実の女なのか、美倉の幻なのか。狂気の生み出す迷宮のような世界に美倉は堕ちてゆく。ばるぼらは美倉を殺そうとして、反対に自分が瀕死の状態になる。美倉はそんなばるぼらを連れて山奥の山荘に逃げ込み、そこに閉じ込める。いったい何の呪いなのだろうか。死んだように動かないばるぼらの肉体を見つめながら、美倉は全身全霊を込めて小説を書き上げるのだった。

その題名は、『ばるぼら』……。

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 稲垣吾郎、“問題作”で初共演・二階堂ふみに「衝撃が走った」 互いの印象を語る<ばるぼら>
今読んだ記事

稲垣吾郎、“問題作”で初共演・二階堂ふみに「衝撃が走った」 互…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事