深川麻衣、華やかドレスで大人の美貌放つ<第31回東京国際映画祭>

参照回数:178,451

【深川麻衣/モデルプレス=10月25日】映画「愛がなんだ」(2019年春公開)に出演する女優の深川麻衣が25日、東京・六本木ヒルズアリーナで行われたアジア最大級の映画祭「第31回東京国際映画祭(TIFF)」オープニングイベントのレッドカーペットに登場した。
深川麻衣 (C)モデルプレス
深川麻衣 (C)モデルプレス
カラフルな花がらの刺繍が華やかなロングドレスを着こなし。胸元が大きく開いたデザインで美しいデコルテを披露した。

深川麻衣 (C)モデルプレス
深川麻衣 (C)モデルプレス
岸井ゆきの (C)モデルプレス
岸井ゆきの (C)モデルプレス
この日は主演の岸井ゆきの、俳優の若葉竜也、監督をつとめた今泉力哉氏と共にレッドカーペットに登場。微笑みながら歓声に手を振っていた。

岸井ゆきの (C)モデルプレス
岸井ゆきの (C)モデルプレス
ステージ上では登壇者を代表した岸井が「今年もレッドカーペットに立てて嬉しいです。『愛がなんだ』は愛をより探索できるような作品になっています。ぜひ楽しんでいただければ嬉しいです」と笑顔で挨拶を述べた。

深川麻衣 (C)モデルプレス
深川麻衣 (C)モデルプレス
岸井ゆきの、深川麻衣 (C)モデルプレス
岸井ゆきの、深川麻衣 (C)モデルプレス

映画「愛がなんだ」

レッドカーペットの様子(C)モデルプレス
レッドカーペットの様子(C)モデルプレス
「空中庭園」「八日目の蝉」などを手がけた作家・角田光代氏の恋愛小説「愛がなんだ」(角川文庫刊)を原作に、想いを寄せるマモル(成田凌)のためなら、自分の時間のすべてを捧げてしまうOL・テルコ(岸井)の、完全なる一方通行の恋を描く同作。監督は「パンとバスと2度目のハツコイ」(2017年)など、恋に翻弄される男女の人間模様を鋭く描き、“正解のない恋の形”を模索し続けてきた今泉氏が務める。

「第31回東京国際映画祭」

「第31回東京国際映画祭」レッドカーペット (C)モデルプレス
「第31回東京国際映画祭」レッドカーペット (C)モデルプレス
第31回を迎える同映画祭では、10月25日から11月3日の10日間に渡って国内外の映画人、映画ファンが新たな才能とその感動に出会い、交流する場を提供すべく、世界中から集まった優れた映画を上映。「映画を観る喜びの共有」「映画人たちの交流の促進」「映画の未来の開拓」をビジョンに掲げ、10月25日~11月3日までの10日間、六本木ヒルズを中心に展開。「コンペティション部門」をメインに、「ワールド・フォーカス」「アジアの未来」「Japan Now」などの企画上映を行う。(modelpress編集部)

「第31回東京国際映画祭」の様子 (C)モデルプレス
「第31回東京国際映画祭」の様子 (C)モデルプレス


【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 深川麻衣、華やかドレスで大人の美貌放つ<第31回東京国際映画祭>
今読んだ記事

深川麻衣、華やかドレスで大人の美貌放つ<第31回東京国際映画…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事