山田孝之、プロデュース業をする理由 俳優としての「不満や疑問」語る

俳優の山田孝之が5日、都内で行われたプロデュースを務める映画『デイアンドナイト』マスコミ向け完成披露試写会に、企画・主演の阿部進之介、共演の安藤政信清原果耶、藤井道人監督と参加した。
山田孝之 (C)モデルプレス
山田孝之 (C)モデルプレス

山田孝之「俳優として危機的状況に陥り…」

(左から)藤井道人監督、安藤政信、阿部進之介、清原果耶、山田孝之 (C)モデルプレス
(左から)藤井道人監督、安藤政信、阿部進之介、清原果耶、山田孝之 (C)モデルプレス
完全な裏方として映画を制作した山田は、ロケ地交渉、脚本開発、キャスティングなど映画制作実務に深く関わった山田だが「最近変な仕事ばかりしていて、俳優として危機的状況に陥り、自ら映画を作れば俳優として存続できるのではないかと思い、阿部ちゃんと藤井君が企画を練っていたところに『ここしかない!』と入り、脚本を作り込み、しかしキャスティングされず、プロデューサーというところにしがみついてここにいます」と照れ隠しの自虐だった。

山田孝之がプロデュース業に徹した理由

山田孝之 (C)モデルプレス
山田孝之 (C)モデルプレス
それでもプロデューサー業に徹した理由について「俳優としてこれまでやってきた中で、不満や疑問を感じることがあった。それを自分が改善できたら、後輩に同じような思いをさせないで済むのではないかと。自分も作り手として何かできないかと思ったのがきっかけ」と胸の内を吐露。

30代の今になって実現したことには「若い頃は説得力もないし、人脈もなく、できる状態ではなかった。ただ30代になって色々なことを教えてもらっていく中で、第一歩目を踏み出してもいいのではないかと始めました」と述べた。

安藤政信「愛してる孝之からオファーをもらった」

安藤政信 (C)モデルプレス
安藤政信 (C)モデルプレス
山田の熱意に応える形で出演した安藤は「尊敬し、愛している孝之からオファーをもらって、その気持ちに応えたいという純粋な気持ちだった」というも、山田からは「どれだけこちらの熱を伝えても、『やりたい』と言うだけで『やる』とは言ってくれなかった。それで時間がかかった」と暴露が。

それに安藤は「言ったよ、言ったよ!やるよ!やるよって!でも初めて二人で飲んでベロベロだったから。次の朝もまったく覚えていなくて、そこで脚本を読んで『こういう話なんだぁ』と思った」と笑わせた。

安藤政信、コード・ブルーは不完全燃焼?

安藤政信 (C)モデルプレス
安藤政信 (C)モデルプレス
そんな安藤は、本作出演理由の一つとして映画『劇場版コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命–』での不完全燃焼を挙げ「出してもらって嬉しかったし、全国的に自分の生存確認をしてもらえて感謝しているけれど、もっと出たかったという気持ちがあった」とぶっちゃけ「だから何かをぶつけたいという気持ちで『デイアンドナイト』の撮影に向かった。絶対に応える!という気持ちがあった」と並々ならぬ熱意を打ち明けた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

iOS/Androidアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - 山田孝之、プロデュース業をする理由 俳優としての「不満や疑問」語る
今読んだ記事

山田孝之、プロデュース業をする理由 俳優としての「不満や疑…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事