沢尻エリカ“男前”な一面明らかに「根性で最後までやり切ってくれた」<不能犯>

0
0
女優の沢尻エリカの“男前”なエピソードが明かされた。
沢尻エリカ(C)宮月新・神崎裕也/集英社  2018「不能犯」製作委員会
沢尻エリカ(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会
俳優の松坂桃李が主演をつとめる映画「不能犯」(2018年2月1日公開)に出演する沢尻。「ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ-」などでも知られる神崎裕也氏が作画、原作を宮月新氏が担当し、「グランドジャンプ」で連載中の同名漫画を映画化する今作は、絶対に立証不可能な方法でターゲットを殺す主人公・宇相吹正(松坂桃李)と、宇相吹が唯一殺すことのできない、正義感溢れる女刑事・多田友子(沢尻エリカ)の対決を描く。

「不能犯」ストーリー&沢尻エリカの役どころ

都会のど真ん中で次々と起きる変死事件。警察は証拠を一切見つけられないでいたが、現場では必ず黒スーツの男が目撃されていた。男はSNSで話題の殺し屋・宇相吹正。電話ボックスに殺人依頼の紙を貼ると、宇相吹がターゲットを必ず死に追いやるという。しかし、その死因は病死や自殺に事故という罪には問われない不能犯だった。

沢尻エリカ(中央)(C)宮月新・神崎裕也/集英社  2018「不能犯」製作委員会
沢尻エリカ(中央)(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会
沢尻が演じる多田は、嘘と曲がったことが大嫌いで、口は悪いが部下や改心した前科者の面倒見がよく、人望厚い姐御肌の“デキる”刑事。宇相吹が唯一コントロールできない存在であり、影ひとつない純白の正義を貫く。

沢尻は今作で初の刑事役に挑戦。キレのあるアクションも披露する沢尻の演技も見どころのひとつとなっているが、この度、“デキル女”オーラをビシビシと放つ、男前の女刑事多田演じる沢尻の場面写真が解禁となった。犯人を追っているのか全力で走る姿や、部署内でも中心となり捜査をしているとことを映し出している。

(C)宮月新・神崎裕也/集英社  2018「不能犯」製作委員会
(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会

監督が明かす“男前な”沢尻エリカ

原作では、男性のキャラクターである多田刑事だが、女性に支持されるかっこいい女性刑事を沢尻に演じてもらいたいというプロデューサーたっての希望でオファー。そのキャスティングは功を奏したようで、白石晃士監督は「沢尻エリカさんはとても感じがよく、なおかつとても可愛らしい方でした。実は朝イチでヒールで走るシーンがあったんですが、そこで足を痛めてしまったんです。それでもだましだまし、根性で最後までやり切ってくれて感謝しています」と沢尻の女優魂を感じられるエピソードを明かした。

脚本を読んだときの印象について「もともとアクションに興味があって、いつかやってみたかった」と明かす沢尻だが、アクション演技は予想以上に難しかったそうで「いざ自分でやってみると難しく、ひとつひとつの動きをカッコ良く演じなければならなかったので、色々と挑戦でした」と当時を回顧。役作りについては、内に秘めるアツいものをイメージしたといい、男前の女刑事になっていると自信をのぞかせている。(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - 沢尻エリカ“男前”な一面明らかに「根性で最後までやり切ってくれた」<不能犯>
今読んだ記事

沢尻エリカ“男前”な一面明らかに「根性で最後までやり切ってく…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事