森川葵、本番直前の行動に共演者驚き「マジでどういうつもり?」

女優の森川葵が10日、都内で行われた映画「A.I.love you」の初日舞台挨拶に、共演者の上杉柊平、中村アン、石田明(NON STYLE)、メガホンを取った宮木正悟監督、MCを務めた井上裕介(NON STYLE)とともに登壇した。
森川葵(C)モデルプレス
森川葵(C)モデルプレス
(左から)井上裕介、上杉柊平、中村アン、森川葵、石田明、宮木正悟監督(C)モデルプレス
(左から)井上裕介、上杉柊平、中村アン、森川葵、石田明、宮木正悟監督(C)モデルプレス

前代未聞の三角関係に

同作は、全編スマートフォンで撮影された新感覚デジタルラブストーリー。

パティシエになって自分の店を開きたいという夢を持つ主人公の星野遥(森川)がエリートイケメンシェフ(上杉)とA.I.(人工知能=声:斎藤工)と前代未聞の三角関係を繰り広げる禁断のラブコメディー。

石田明「マジでどういうつもり?」

スマホ撮影の感想を聞かれた森川は、「普段だったら大きいカメラが目の前に置いてあって、どうしてもちょっとは意識しちゃうんですけど、今回はスマホで撮影だったので、撮られているという意識が全然なくて、自然に普段通りで演技をすることができたような気がします」と回顧。

対照的に中村は、「お芝居自体(の経験)がそんなになかったので、スマホでさえ私は緊張していました(笑)」と明かし、「葵ちゃんと目が合うと吸い込まれちゃって、『あれ!?セリフなんだったっけな』ってポカーンとしちゃってご迷惑をお返しました。ごめんなさい」と謝罪していた。

撮影中の出来事に関しては、石田が「本番入る直前まで鼻歌を歌っているんです。あれマジでどういうつもり?」と森川に詰め寄る場面も。「こっちは集中しようとしているのに鼻歌を歌っていて、本番入った瞬間にパーンと演技に入るので『なんやコイツ』って思っていた」とエピソードを披露して笑いを誘った。

中村アン「このお話はまんざらでもない」

また、自身の役に共感するところを聞かれた森川は、「夢を追いかけているというのは自分と同じなのかなと思います」と打ち明け、A.I.に恋する気持ちを「斎藤さんのあんなにいい声だったら、ちょっと好きになっちゃうかもなあって思いました」と告白。

中村も「顔は関係なく、声(で恋すること)はあると思います。なのでこのお話はまんざらでもないなと思いました」と同調していた。

森川葵&中村アンが1番キュンとした声は?

イベントでは、パネルの裏に隠れた上杉、石田、井上の3人が、A.I.(声:斎藤)が言ったセリフを披露して、森川と中村が1番キュンとする声を決める企画も実施。

「誰が言っているか分かっちゃうから1番(上杉)を選ぶべきなのかなと思っちゃったんですけど、でも目を閉じて聞いていたら、あれ!? 3番(井上)がいいかもって思っちゃった」(森川)、「1番なんですけど、毎日帰って話すには2番(石田)もありかな」(中村)とそれぞれ楽しんでいた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 森川葵、本番直前の行動に共演者驚き「マジでどういうつもり?」
今読んだ記事

森川葵、本番直前の行動に共演者驚き「マジでどういうつもり?」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事