菅田将暉、戸田恵梨香から疑いの目向けられタジタジ

0
20日、都内にて映画『デスノート Light up the NEW world』(10月29日公開)ジャパンプレミアが行われ、東出昌大、池松壮亮、菅田将暉戸田恵梨香、川栄李奈、船越英一郎、佐藤信介監督が出席。久々の共演となった菅田と戸田は、当時を振り返りながら、息の合ったやりとりで会場を沸かせた。
菅田将暉、戸田恵梨香(C)モデルプレス
菅田将暉、戸田恵梨香(C)モデルプレス

戸田恵梨香、菅田将暉に疑いの目

2011年、フジテレビ系月9ドラマ「大切なことはすべて君が教えてくれた」で、教師役を演じた戸田と生徒役を演じた菅田。菅田が「当時は、ひたすら戸田さんのことを好きだ好きだって役だったんです。そのとき、すごく悔しいシーンがあって。涙を流すってシーンだったんですけど、テストとドライは出来たのに、本番は出来なかった。もっともっと未熟な高校生時代にお会いしているので、(今回会うのは)緊張しました」と明かすも、戸田は「本当に!?」と疑いの目。

(1列目左から)戸田恵梨香、池松壮亮、東出昌大、菅田将暉(2列目左から)佐藤信介監督、船越英一郎、川栄李奈(3列目)死神リューク(C)モデルプレス
(1列目左から)戸田恵梨香、池松壮亮、東出昌大、菅田将暉(2列目左から)佐藤信介監督、船越英一郎、川栄李奈(3列目)死神リューク(C)モデルプレス
「“ウッス”みたいな感じだったよ」とジェスチャーつきで“チャラい挨拶”を再現し、会場を笑わせると、菅田は「そんなことない!」とタジタジに。会場がさらなる笑いに包まれる中、戸田は「全く違う役柄で会うと、妙な照れがありました。すごく不思議な気持ちになりました」としみじみと回顧した。

さらに、戸田演じる“ミサミサ”こと弥海砂について、菅田が「“ミサミサ”にお会い出来て嬉しかった」と感激を伝える場面もあったが、そこでも「そんなことなかったよね?」とバッサリ切られていた。

『デスノート』“正統な続編”

池松壮亮、東出昌大、菅田将暉(C)モデルプレス
池松壮亮、東出昌大、菅田将暉(C)モデルプレス
2003年、原作・大場つぐみ氏、作画・小畑健氏により「週刊少年ジャンプ」で読み切りが掲載され、同年12月から2006年5月まで連載された伝説的コミック「デスノート」。

実写映画『DEATH NOTE』、『DEATH NOTE the Last name』の“正統な続編”となる今作は、「そのノートに名前を書かれた人間は死ぬ」という死神のノート“デスノート”を駆使して凶悪犯を次々と死に追いやったキラこと夜神月(藤原竜也)と、命をかけてキラを食い止めたL(松山ケンイチ)の天才同士の対決から、10年後の世界が舞台。デスノート対策本部の若きエース捜査官・三島創(東出)、Lの後継者で世界的探偵・竜崎(池松)、キラ信奉者でサイバーテロリスト・紫苑優輝(菅田)が、6冊のデスノートを巡り、三つ巴の争いを繰り広げる。(modelpress編集部)

映画『デスノート Light up the NEW world』ジャパンプレミアの記事をもっと読む


【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 菅田将暉、戸田恵梨香から疑いの目向けられタジタジ
今読んだ記事

菅田将暉、戸田恵梨香から疑いの目向けられタジタジ

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事