高杉真宙主演映画『想影』より(C)2016「想影」EIGAHANG

高杉真宙、主演映画に“1位”評価「これからもっと頑張ろう」<コメント到着>

2016.08.09 11:00

俳優の高杉真宙が主演を務め、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭にノミネートされた映画『想影』が、観客投票において第1位を獲得。高杉が喜びのコメントを寄せた。

高杉真宙主演『想影』

同作は早稲田大学出身のスタッフで結成された組織「EIGAHANG」による自主映画。「女による女のためのR18文学賞」にて最終選考にノミネートされた、野村実来氏のラブストーリーを実写化している。10年の時を経て、過去の想いと対峙する決心を固めた女性の現在を描く短編恋愛映画で、高杉はヒロインの中村由美(松原菜野花)が長く片思いをする幼なじみの栄大輔役。栄の中学生時代を高杉、大人時代を細田善彦が演じている。

快挙で意気込み新た「これからもっと頑張ろうと思います」

高杉真宙/映画『想影』メイキングショット(C)2016「想影」EIGAHANG
高杉真宙/映画『想影』メイキングショット(C)2016「想影」EIGAHANG
SKIPシティ国際Dシネマ映画祭は若手映像クリエイターの登竜門として2004年にスタート。先月16日から24日までの9日間、13回目の開催を迎えた。来場客による人気投票の集計結果は、審査員による主催者賞の授与とは別で発表。1位の作品は最も観客の支持を集めたとして、まさに「観客賞」とも言える結果となっている。

高杉は今回の結果を受けて「『想影』が『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭』で観客投票1位を獲得したとお聞きして、本当に嬉しく思います」と喜び、「皆さんが映画祭に足を運んでくださり、作品をご覧頂き、そしてたくさんの方がよかったと評価して投票してくださった事、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます」と感謝。

今年20歳になった高杉が「同年代の皆さんと組んでもっとお仕事をしたい」との想いから自主映画製作に参加した経緯もあり、「僕と世代の近い若いスタッフの皆さんと一緒に作った『想影』をこうやって評価していただけて…これからもっと頑張ろうと思いますし、また皆さんと一緒に作品を作れたらいいなと思っています」と意気込みを新たにしている。

監督「最高の船出になった」

高杉真宙主演映画『想影』より(C)2016「想影」EIGAHANG
高杉真宙主演映画『想影』より(C)2016「想影」EIGAHANG
加藤慶吾監督も「映画を撮る身として、観客の方々から評価される、こんなに嬉しいことはありません。キャスト・スタッフ一同、大変喜んでおります」とコメント。「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭という、国内でも有数の規模を誇る映画祭においてこの様な光栄な結果をいただけたこと、本作品にとって最高の船出になったのではと思っております」と胸を張った。

なお同作は8月10日(水)19時より、新宿シネマカリテにて特集上映が決定。当日は、監督とヒロインの松原、共演の日高七海が登壇予定。(modelpress編集部)

高杉真宙 コメント

高杉真宙
高杉真宙
「想影」が「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」で観客投票一位を獲得したとお聞きして、本当に嬉しく思います。

皆さんが映画祭に足を運んでくださり、作品をご覧頂き、そしてたくさんの方がよかったと評価して投票してくださった事、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

僕と世代の近い若いスタッフの皆さんと一緒に作った「想影」をこうやって評価していただけて…これからもっと頑張ろうと思いますし、また皆さんと一緒に作品を作れたらいいなと思っています。

8/10のシネマカリテ映画祭でも上映があるので、よかったらぜひご覧ください。本当にありがとうございました。

加藤慶吾監督 コメント

本作が、観てくださった方々にどう受け取られたのか、それを知るすべはなく、上映後も掴まえ所のない感覚に陥っておりました。

そんななか、大変喜ばしい吉報です。映画を撮る身として、観客の方々から評価される、こんなに嬉しいことはありません。キャスト・スタッフ一同、大変喜んでおります。

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭という、国内でも有数の規模を誇る映画祭においてこの様な光栄な結果をいただけたこと、本作品にとって最高の船出になったのではと思っております。

引き続き、本作をより多くの方に見ていただける様に尽力していくとともに、本映画祭での上映時の盛り上がり、そして今回の結果、それらを原動力にまだまだ作品を作り続けてまいります。この度は、本当にありがとうございました。

【Not Sponsored 記事】

関連記事

  1. 高杉真宙が念願の初挑戦「どんな風に皆さんに届くのかな」
    高杉真宙が念願の初挑戦「どんな風に皆さんに届くのかな」
    モデルプレス
  2. 高杉真宙が金髪に!約1ヶ月の北海道生活を終えて…<撮り下ろし>
    高杉真宙が金髪に!約1ヶ月の北海道生活を終えて…<撮り下ろし>
    モデルプレス
  3. 高杉真宙「PとJK」金髪ビジュアル解禁 原作者も太鼓判「完璧に大神になっている!」
    高杉真宙「PとJK」金髪ビジュアル解禁 原作者も太鼓判「完璧に大神になっている!」
    モデルプレス
  4. 亀梨和也×土屋太鳳で実写化「PとJK」 高杉真宙、玉城ティナ、西畑大吾ら追加キャスト発表
    亀梨和也×土屋太鳳で実写化「PとJK」 高杉真宙、玉城ティナ、西畑大吾ら追加キャスト発表
    モデルプレス
  5. 高杉真宙の“唯一感”に一目惚れ―「この子じゃなきゃ嫌だ」熱烈オファー快諾で同世代タッグ実現
    高杉真宙の“唯一感”に一目惚れ―「この子じゃなきゃ嫌だ」熱烈オファー快諾で同世代タッグ実現
    モデルプレス
  6. 進化する高杉真宙、4kg増&筋トレで挑むアクションがすごい「“表と裏”しっかり見届けて」
    進化する高杉真宙、4kg増&筋トレで挑むアクションがすごい「“表と裏”しっかり見届けて」
    モデルプレス

「映画」カテゴリーの最新記事

  1. アバター続編13年ぶり公開へ キャメロン監督「ほっとした」
    アバター続編13年ぶり公開へ キャメロン監督「ほっとした」
    シネマトゥデイ
  2. 南キャン・山里、しずちゃん婚約電撃発表に仰天「え…?結婚すんの!?」
    南キャン・山里、しずちゃん婚約電撃発表に仰天「え…?結婚すんの!?」
    シネマトゥデイ
  3. 生田絵梨花、演じることは「ずっと勉強」…自身の声についての“悩み”も明かす
    生田絵梨花、演じることは「ずっと勉強」…自身の声についての“悩み”も明かす
    WEBザテレビジョン
  4. 窪塚洋介×松田龍平がW主演!豊田利晃の新作『次元を超える』クラファンも実施
    窪塚洋介×松田龍平がW主演!豊田利晃の新作『次元を超える』クラファンも実施
    シネマトゥデイ
  5. 「ハーレイ・クイン」のコスプレイヤー、“独特の雰囲気”を表現…「“メイクの発色”にこだわった」
    「ハーレイ・クイン」のコスプレイヤー、“独特の雰囲気”を表現…「“メイクの発色”にこだわった」
    WEBザテレビジョン
  6. 【試写会ご招待】12月23日(金)開催『モリコーネ 映画が恋した⾳楽家』試写会に5名様をご招待!
    【試写会ご招待】12月23日(金)開催『モリコーネ 映画が恋した⾳楽家』試写会に5名様をご招待!
    SCREEN ONLINE
  7. 窪塚洋介&松田龍平、W主演映画決定 クラウドファンディングで製作費募る<次元を超える>
    窪塚洋介&松田龍平、W主演映画決定 クラウドファンディングで製作費募る<次元を超える>
    モデルプレス
  8. ブラックアダムの玉座&初出し小道具も!DCユニバースの世界展、明日開幕
    ブラックアダムの玉座&初出し小道具も!DCユニバースの世界展、明日開幕
    シネマトゥデイ
  9. ティモシー・シャラメ × 監督ルカ・グァダニーノが再タッグ!『ボーンズ アンド オール』⼈喰いの禁断と純愛の予告解禁!
    ティモシー・シャラメ × 監督ルカ・グァダニーノが再タッグ!『ボーンズ アンド オール』⼈喰いの禁断と純愛の予告解禁!
    SCREEN ONLINE

あなたにおすすめの記事