松坂桃李、緑髪×タトゥー×ピアス姿に「責任を感じます」

俳優の松坂桃李が、菅田将暉とともに主演を務める映画『キセキーあの日のソビトー』(2017年新春全国公開)で演じた「ジン」のビジュアルが28日、初めて公開された。グリーンの髪と、口髭・ピアス・タトゥーをした姿からは、父親との衝突を繰り返し、世の中への反発心さえ感じさせる。
松坂桃李、緑髪×タトゥー×ピアス姿に「責任を感じます」(C)2017「キセキ ーあの⽇のソビトー」製作委員会
松坂桃李、緑髪×タトゥー×ピアス姿に「責任を感じます」(C)2017「キセキ ーあの⽇のソビトー」製作委員会
髪の色は、松坂自ら提案。劇中では、メタルバンド「ハイスピード」のボーカルとして、歌唱シーンもある。

松坂桃李「責任を感じます」

同作は、歯科医師とアーティストを両立する顔出し一切無しの異色ボーカル・グループ「GReeeeN」の名曲「キセキ」が誕生した秘話を描いた作品。GReeeeNのプロデューサーのJIN(ジン/松坂)と、その弟でGReeeeNのリーダー・HIDE(ヒデ/菅田)が、家族との衝突しながら、仲間と共に⾃分のやりたいこと、進むべき道を見つけ出し、前へと進んでいく姿を映し出す。

松坂桃李(C)2017「キセキ ーあの⽇のソビトー」製作委員会
松坂桃李(C)2017「キセキ ーあの⽇のソビトー」製作委員会
松坂は、映画化にあたり実際にJINと対面。「人を惹きつけ、運気を上げてくれそうな“パワースポット”のようなJINさん」と魅力を明かし、「そんな魅力的で、かつ実態が明かされていない実在の人物を演じることに責任を感じます」と意気込みを語った。

豪華俳優陣が集結

主演の松坂・菅田ほか、ヒデの恋人役・理香に忽那汐里、ジンやヒデの父親・森田誠一役に小林薫、母親・珠美に麻生祐未、そして誠一の患者である結衣に平祐奈が抜てき。

さらに、森田家の長女・ふみ役に早織、ジンの親友でありバンド仲間・トシオ役に奥野瑛太、レコード会社ディレクター・売野役に野間口徹ら、豪華俳優陣が名を連ねる。

なお、残り3名の「GReeeeN」メンバーキャストは後日発表。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 松坂桃李、緑髪×タトゥー×ピアス姿に「責任を感じます」
今読んだ記事

松坂桃李、緑髪×タトゥー×ピアス姿に「責任を感じます」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事