峯岸みなみ、小嶋陽菜&自身の卒業時期に言及「最後の1人になるかも」

0
0
AKB48峯岸みなみが9日、都内で行われた映画「女子高」の初日舞台あいさつに、高田里穂、泉はる、北山詩織、冨手麻妙らとともに登壇。同じ女子高に通っていた6人の同級生たちが、廃校になった母校で卒業から7年振りに再会したことから起こる事件を描いた同作のストーリーにちなみ、「7年前の自分にアドバイスを送るとしたら」のお題に、当時AKB48に入って3年経ったころという峯岸は「同期がどんどん辞めて自分が最後の1人になるかもしれないぞというのは、そのときまったく想像できなかった」と心境を打ち明けた。
AKB481期生の今後について語った峯岸みなみ(C)モデルプレス
AKB481期生の今後について語った峯岸みなみ(C)モデルプレス
峯岸みなみ(C)モデルプレス
峯岸みなみ(C)モデルプレス

AKB48最後の1期生を覚悟

また峯岸は、「昨日の高橋みなみの卒業を経て、小嶋陽菜と2人になってしまって、小嶋さんもいつ卒業するか分からない」と同期の動向についてコメント。「なので、そろそろ覚悟しなきゃなとか、7年前から計画的に人生のプランを立てていたら、最後の1人になるようなことはなかったのかなと思うと、ちゃんと人生設計を立てておけばよかったなと思います」と思いを語った。

峯岸みなみ(C)モデルプレス
峯岸みなみ(C)モデルプレス
高田里穂(C)モデルプレス
高田里穂(C)モデルプレス

高橋みなみ&前田敦子の名言で沸かす

主人公の高橋香月を演じた峯岸は、「(上映後で)皆さんがどういう気持ちで今ここに座っているのか気になるところではありますが、私たち全員、妥協なく一生懸命に作ったこの映画が皆さんの心に響いていなければ私たちの努力も報われていないと一緒ですので、この『女子高』をもって努力は必ず報われるということを、私たち証明してみせたいと思います」と高橋の名言を引用して挨拶。すると、橘美冬役の高田も「先に行っておきますが、美冬のことは嫌いでも、高田里穂のことは嫌いにならないでほしいなと思います」と前田敦子の言葉を用いてコメントして会場の笑いを誘った。

(左から)中山絵梨奈、高田里穂、峯岸みなみ、泉はる、北山詩織(C)モデルプレス
(左から)中山絵梨奈、高田里穂、峯岸みなみ、泉はる、北山詩織(C)モデルプレス

峯岸みなみ「まさか映画の主演をやらせていただくとは」

また、初日を迎えた感想を求められた峯岸は「初日を迎えたと解釈してよろしんですよね」と半信半疑な様子で語りつつも、「自分がまさか映画の主演をやらせていただくとは思っていなくて、今でも信じられないくらい本当に嬉しいんですけど、初めての映画がこの『女子高』でよかったなと思っています」と感慨深げに告白。「まだみんなネコ被っていますけど、それぞれ癖のある女の子で、それが1つになったときのパワーはすごいと思うので、女子の若いパワーが伝わればいいなと思います」と笑顔で語った。

(左から)冨手麻妙、寒川綾奈、中山絵梨奈、高田里穂、峯岸みなみ、泉はる、北山詩織、潮美華、山本浩貴監督(C)モデルプレス
(左から)冨手麻妙、寒川綾奈、中山絵梨奈、高田里穂、峯岸みなみ、泉はる、北山詩織、潮美華、山本浩貴監督(C)モデルプレス

共演者の暴露にタジタジ

「峯岸はどんな人?」という質問が登壇者に投げかけられた場面では、「みんなたぶん気を使うので『峯岸みなみの直してほしいところ』にしましょう」と峯岸自らお題を変更するも、AKB48時代の後輩である冨手から「みぃちゃんって実は大先輩なので、すごく緊張して下からいったんですけど、撮影初日に『そんな感じでこなくていいよ。2人でどこか遊びに行こう』って、毎回2人で遊ぼうと強調して約束してくれるんですけど、1回も実現できていない」との暴露。共演者からも「そういうとこあるよね」と声が飛び、峯岸は「すぐに改善できる」とタジタジになっていた。

このほか、同舞台あいさつには中山絵梨奈、寒川綾奈、潮美華、山本浩貴監督も登壇した。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - 峯岸みなみ、小嶋陽菜&自身の卒業時期に言及「最後の1人になるかも」
今読んだ記事

峯岸みなみ、小嶋陽菜&自身の卒業時期に言及「最後の1人になる…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事