野村周平・古川雄輝・間宮祥太朗・中条あやみ「ライチ☆光クラブ」新キャスト発表<コメント到着>

【モデルプレス】俳優の野村周平古川雄輝・間宮祥太朗、モデルで女優の中条あやみらが出演する映画『ライチ☆光クラブ』(2016年2月13日公開)の、新キャストが明らかになった。
映画「ライチ☆光クラブ」の新キャストが発表(C)2016『ライチ☆光クラブ』製作委員会【モデルプレス】
映画「ライチ☆光クラブ」の新キャストが発表(C)2016『ライチ☆光クラブ』製作委員会【モデルプレス】
古川演じるゼラが率いる光クラブによって囚えられた美少女カノン(中条)に恋をする機械・ライチの声を、声優・杉田智和が担当することが決定した。巨大で恐ろしい見た目と裏腹に、カノンへ優しい愛情を抱くようになり、カノンの教えによって芽生えた人間らしくありたいという意志と、プログラミングされた宿命の狭間でもがくライチの切ない葛藤を、深みのある声で表現。終盤に進むにつれてライチの声が変化していくことも見所のひとつだ。

光クラブによって作り上げられたライチを「役に命を吹き込む事が本当に人へと近付いていく感覚がしました」と振り返った杉田。中条は完成した映画を見て「演じているときには、ライチは語りかけてくれませんでしたが、私が演じたカノンとライチが会話をしていて、うれしかったです」と喜びをあらわにし、「杉田さんが声をふきこまれたライチとカノンの物語は、 優しくて切なかったです」とカノンとライチの淡いラブストーリーの感想を語った。

また、声優との仕事は同作が初という内藤瑛亮監督は、「『もう少し人間的に』『もう少し機械的に』と微妙なニュアンスをお願いしましたが、杉田さんは完璧に応えてくれました」と賞賛。「穏やかな物腰の方でしたが、アニメ畑と実写畑の人間が交流して作品をつくっていく価値を強く語っていたのが印象的でした」と杉田の印象を告白した。

特殊造形の名手がライチを制作

ライチのデザイン・造形は映画化が決まる前から立候補していたという百武朋氏が担当。何種類ものデザイン案をあげ、内藤監督たちの意向を組み込み決定したライチを、原作者の古屋兎丸氏は「こんなにも機械の冷たさと人間味を併せ持つライチは彼じゃなければ作れなかったと思います」と絶賛した。

これまでの舞台では、俳優が演じていたライチを、今作では百武氏が制作した造形物をスーツアクターが演じることについて、「特撮映画が好きという単純な理由」と明かした内藤監督。「可愛いらしい一面をもちながら、恐怖の対象であり、愛憎の対象です。そういった様々な要素を百武さんは絶妙なバランスで表現してくれました。映画独自の仕掛けも用意してあるので、原作ファンも楽しみしていて欲しいです」と呼びかけた。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 野村周平・古川雄輝・間宮祥太朗・中条あやみ「ライチ☆光クラブ」新キャスト発表<コメント到着>
今読んだ記事

野村周平・古川雄輝・間宮祥太朗・中条あやみ「ライチ☆光クラブ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事