福山雅治が手応え「届いたと感じました」

21日(現地時間)、「第61回サン・セバスチャン国際映画祭」にて映画「そして父になる」の公式上映が行われ、主演の福山雅治、是枝裕和監督が参加した。
「第61回サン・セバスチャン国際映画祭」に参加した福山雅治、是枝裕和監督(C)2013『そして父になる』製作委員会
「第61回サン・セバスチャン国際映画祭」に参加した福山雅治、是枝裕和監督(C)2013『そして父になる』製作委員会
2人は前日のオープニングセレモニーに引き続き参加。約200メートルのレッドカーペットは沿道の両脇を埋め尽くす地元映画ファンで熱狂。福山はサインや写真撮影に応じた。

福山雅治(C)2013『そして父になる』製作委員会
福山雅治(C)2013『そして父になる』製作委員会
上映前の舞台挨拶で福山は、この地域の人が話すバスク語も交えてスペイン語で「こんばんわ!福山雅治です。サンセバスチャンは大好きな街で3回目です。映画楽しんでください。ありがとうございます」と挨拶。「スペイン語は日本語のカタカナみたいに話して大丈夫と聞いていたのですが、ど頭でつまづいてしまいまして…。おかげで緊張がとれてスムーズに話せました」と笑いながら感想を語った。

上映後は2回にわたり拍手が沸き起こり、2人は観客からの温かい拍手と「ブラボー!」「コングラチュレーション!」という歓声で送り出された。福山は「上映後の観客の熱気がすごく、(カンヌに続き)また届いたと感じました」と手応えを語り、是枝監督は「出口まで観客の方が待っていてくれて、改めて作ってよかったと思いました」と興奮冷めやらない様子だった。

同作は、6年間育てた息子が取り違えられた他人の子だった、という状況の中で、家族とは何かを問う切なくも愛おしい感動のストーリー。映画「そして父になる」は9月28日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー、9月24日(火)~27(金)全国先行ロードショー。(モデルプレス)

是枝裕和監督、福山雅治(C)2013『そして父になる』製作委員会
是枝裕和監督、福山雅治(C)2013『そして父になる』製作委員会


【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 福山雅治が手応え「届いたと感じました」
今読んだ記事

福山雅治が手応え「届いたと感じました」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事