博史(佐藤勝利)、悩む…南雲(前田航基)の行動の意味は?「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」<第5話あらすじ>

0
0
女優でモデルの菜々緒が主演を務める日本テレビ系土曜ドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』(毎週土曜よる10時~)の第5話が12日、放送される。
前田航基/「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」第5話より(C)日本テレビ
前田航基/「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」第5話より(C)日本テレビ

土曜ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」

今作は、悪魔と呼ばれるほど冷酷非情にして凄腕の人事コンサルタント・椿眞子(菜々緒)が、とある企業を舞台に、セクハラ、パワハラ、派閥争い、モンスター社員など、どんな会社でも起こりうる問題を悪魔のような大胆な方法で解決していく、子どもから大人まで爽快な気分が味わえる痛快なオフィスエンターテイメント。

眞子の部下となる新入社員・斉藤博史役をSexy Zone佐藤勝利が演じる。ほか、木村佳乃、船越英一郎、西田敏行といった豪華な顔ぶれが勢揃いする。

菜々緒主演「Missデビル」これまでのあらすじ・反響をチェック


第5話あらすじ

菜々緒主演「Missデビル」第5話見どころカットをみる


モロ師岡、山田キヌヲ、水沢エレナ、和田正人/「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」第5話より(C)日本テレビ
モロ師岡、山田キヌヲ、水沢エレナ、和田正人/「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」第5話より(C)日本テレビ
南雲(前田航基)が大沢(船越英一郎)をナイフで刺した!!現場に駆け付けた眞子(菜々緒)と博史(佐藤勝利)のお陰で一命を取りとめた大沢は、千紘(木村佳乃)に会社内外に事件のことが広まらないよう指示。

なぜ南雲は大沢を刺したのか…。思い悩んでいた博史は、眞子が事件を予見していたこと、とある化学工場での事故が、南雲の動機に関係があることを知り南雲に話を聞こうとするが、南雲は博史を拒絶する。

小林隆、菜々緒/「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」第5話より(C)日本テレビ
小林隆、菜々緒/「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」第5話より(C)日本テレビ
そんな中、博史の次の“研修先”が審査部に決定。眞子は会社の縁の下の力持ちとして仕事に精を出す瀬登(小林隆)をリストラする“理由”を探るよう博史に命じるのだが、南雲のことが気になる博史は仕事に手が付かない。

そんな博史の様子を見た眞子は、南雲の父が経営していた「明新ゴム化学工業」で20年前に起きた事故について博史に語り始めた。工場で火災が起きた際、工場側に重大な過失があり、共亜火災から保険金は支払われず、南雲の家庭は崩壊。南雲は当時担当者だった大沢を逆恨みしていたというのだ。

菜々緒/「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」第5話より(C)日本テレビ
菜々緒/「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」第5話より(C)日本テレビ
事態を重く見た千紘は事件を再調査するが、不正が行われていた“証拠”は見当たらず…。友人として南雲にしてあげられることはないのか?悩んだ博史から話を聞いた修(鶴見慎吾)は、何か思うところがある様子で…。

(modelpress編集部)

菜々緒主演「Missデビル」第5話見どころカットをみる

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 博史(佐藤勝利)、悩む…南雲(前田航基)の行動の意味は?「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」<第5話あらすじ>
今読んだ記事

博史(佐藤勝利)、悩む…南雲(前田航基)の行動の意味は?「Mi…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「テレビ」カテゴリーの最新記事