「初恋の悪魔」最終話より

林遣都“鈴之介”が「耳かき1杯」どころではない表現力で圧倒…トレンド1位で幕<初恋の悪魔>

2022.09.26 16:03
「初恋の悪魔」最終話より

林遣都と仲野太賀がW主演を務めるドラマ「初恋の悪魔」(毎週土曜夜10:00-10:54、日本テレビ系)の最終話が、9月24日に放送された。最終話は鈴之介を演じる林が素晴らしかった。おそらく“人生で初めて”愛の告白をされて両手で顔を覆い泣く鈴之介も、ふと、愛した女性が消えたことに孤独を感じる姿も、どの瞬間も愛おしく感じてしまうほどの演技力。Twitterのトレンドランキング1位を獲得したほか、“初恋の悪魔ロス”となったファンの感想はしばらく止むことはなかった。(以下、ネタばれが含まれます)

細やかなセリフや状況まで楽しめる坂元裕二作品

同作は、「Mother」「Woman」「それでも、生きてゆく」「東京ラブストーリー」などのヒットドラマを書き下ろした脚本家・坂元裕二が手掛けるミステリアスコメディー。

刑事・鹿浜鈴之介(しかはま・すずのすけ/林)、総務課・馬淵悠日(まぶち・はるひ/仲野)、生活安全課・摘木星砂(つみき・せすな/松岡茉優)、会計課・小鳥琉夏(ことり・るか/柄本佑)といった、訳ありの警察署員たちが、刑事とは違った感性と推理で難事件を解明してきた物語。

警察署長の息子が連続殺人犯だったという衝撃

伏線が絡み合うサスペンスの結末はもちろんのこと、主要人物たちの関係性の変化を細かい描写で見せてきた今作。悠日の兄・朝陽(毎熊克哉)が殉職したと処理されていた事件も、星砂の恩人・リサ(満島ひかり)が服役しなくてはならなくなったことも、すべて元凶は警察署長・雪松(伊藤英明)の息子・弓弦(菅生新樹)が何年もの間に犯してきた殺人事件を、父がかばい続け隠ぺいしてきたという衝撃の事実からだった。

弓弦が鈴之介宅で、星砂と琉夏の命も消し去ろうとすると勘付いた鈴之介と悠日は、間一髪で弓弦の動きを制して、長年に渡る悲しき殺人の連鎖は幕を閉じた。

鈴之介が星砂と悠日を自宅から追い出す

サスペンスが解決すると同時に鈴之介を襲ったのは、愛する摘木さんとの決別。(※虎柄のスカジャンを着用する刑事・星砂は、リサに人生を救われた摘木さんと同一人物であり、人格は両方存在している)弓弦の事件後、病院で目を覚ました星砂は鈴之介と心を通わせてきた摘木さんではなかった。悠日と仲睦まじく会話する星砂を見て、鈴之介は「僕の元の生活を取り戻したいんだ、迷惑なんだ」と2人を家から追い出した。

しかし、鈴之介が誰もいない部屋で思うのは、失ってしまった摘木さんの大きすぎる存在。いつか4人でカラオケを熱唱した『CHE.R.RY』を「こーいしちゃったんだ…」と小さく口ずさんだ瞬間に彼女の不在を痛烈に感じてしまった。2人で付き合いたての恋人同士のように好きなことについておしゃべりしたことや、「イチゴとぶどうのケーキ、どっちがいい?」と食べながら、無人島に行ったら取った魚を分け合おうなどとほほ笑み合った時間は間違いなくそこにあったのだ。

星砂が鈴之介に告白「あなたのこと好きになりました」

「元に戻ったんだ」。そう自分に言い聞かせて、摘木さんと決別しようとしていた鈴之介の前に、星砂が現れた。星砂は「鹿浜鈴之介さん、あなたに会えてよかったです。あなたのこと好きになりました」と告白した。鈴之介は両手で顔を覆い、子どものようにボロボロと泣いた。

鈴之介は「人にできることって耳かき1杯ぐらいのことなのかもしれないけど、いつか、いつかね、暴力や悲しみが消えた時、そこにはね僕の耳かき1杯も含まれてると思うんです。大事なことは、世の中は良くなってるって信じることだって」と自身の思いを告げた。

最終話まで視聴者の心を揺さぶった「初恋の悪魔」

鈴之介は星砂の「これからも、あなたのことを思っています」という言葉を胸に生きていくのだろう。SNSには最後、顔を見ずに鈴之介に手を振った星砂が、摘木さんなのか星砂なのかという議論も巻き起こっているが、そんなことはどちらでもいい。子どものころから孤独で人を信じることにも臆病になっていた鈴之介が、星砂と悠日、琉夏と出会い、恋愛や友情で涙を流す人物に変わったということ。そして世の中が良くなると信じて生きていくということに希望を感じるではないか。

この作品を見続けてきた人にとっては「耳かき1杯」程度では到底足らない、深く印象に残る最終話だった。

◆文=ザテレビジョンドラマ部

関連リンク

関連記事

  1. 松井玲奈、大粒の涙…新型コロナ感染中の思い吐露「人生の中では一番苦しいぐらいの数日間」
    松井玲奈、大粒の涙…新型コロナ感染中の思い吐露「人生の中では一番苦しいぐらいの数日間」
    WEBザテレビジョン
  2. ジャニーズWEST中間淳太 “探偵”イメージの細身スーツで「小説現代」表紙に!推しミステリから自身の創作活動まで明かす
    ジャニーズWEST中間淳太 “探偵”イメージの細身スーツで「小説現代」表紙に!推しミステリから自身の創作活動まで明かす
    WEBザテレビジョン
  3. 瀬戸朝香、“なかなか良い感じ”7歳長女によるメイクSHOTに反響「優しくて自然な感じすごくいい」「娘さんお上手!」
    瀬戸朝香、“なかなか良い感じ”7歳長女によるメイクSHOTに反響「優しくて自然な感じすごくいい」「娘さんお上手!」
    WEBザテレビジョン
  4. アンジャッシュ児嶋一哉、YouTuberかす、伶、少し大人な「今日好き」の恋愛見届け人に<明日も好きでいて、いいですか?>
    アンジャッシュ児嶋一哉、YouTuberかす、伶、少し大人な「今日好き」の恋愛見届け人に<明日も好きでいて、いいですか?>
    WEBザテレビジョン
  5. 平祐奈、美しすぎる真っ白な袴姿のSHOT公開にファン「神々しいお姿」「可愛い過ぎる!」
    平祐奈、美しすぎる真っ白な袴姿のSHOT公開にファン「神々しいお姿」「可愛い過ぎる!」
    WEBザテレビジョン
  6. A.B.C-Z×「NO MUSIC, NO IDOL?」ポスター第2弾のビジュアル解禁!ファン応募によるモザイクアートはタワレコ全店で公開
    A.B.C-Z×「NO MUSIC, NO IDOL?」ポスター第2弾のビジュアル解禁!ファン応募によるモザイクアートはタワレコ全店で公開
    WEBザテレビジョン

「ニュース」カテゴリーの最新記事

  1. 武井壮、“おすすめ動画”にツッコミ 「キュートな女子とか観てえんだよ」
    武井壮、“おすすめ動画”にツッコミ 「キュートな女子とか観てえんだよ」
    Sirabee
  2. 新井恵理那、生放送で痛恨の言い間違い 「しくじりました」「意味全然違う」
    新井恵理那、生放送で痛恨の言い間違い 「しくじりました」「意味全然違う」
    Sirabee
  3. Keefy may be the key to the Classic Mile for Lor
    Keefy may be the key to the Classic Mile for Lor
    ENCOUNT
  4. JO1・佐藤景瑚、美容師時代の大失敗を告白「出勤したら大洪水」「辞めるはめになった」
    JO1・佐藤景瑚、美容師時代の大失敗を告白「出勤したら大洪水」「辞めるはめになった」
    ABEMA TIMES
  5. 中川翔子、手術を経て人生の“作戦”変更 「ときによりガンガン行こうぜ」
    中川翔子、手術を経て人生の“作戦”変更 「ときによりガンガン行こうぜ」
    Sirabee
  6. 松丸亮吾、亡母の誕生日に遺言を回想 「これからも胸に刻んで頑張る」
    松丸亮吾、亡母の誕生日に遺言を回想 「これからも胸に刻んで頑張る」
    Sirabee
  7. NFL Championship Games Best Bet and Player Prop Advice
    NFL Championship Games Best Bet and Player Prop Advice
    ENCOUNT
  8. 佐藤二朗、妻へのメールの“ひと手間”にツッコミ 「本当に53歳だろうか」
    佐藤二朗、妻へのメールの“ひと手間”にツッコミ 「本当に53歳だろうか」
    Sirabee
  9. クロちゃん、人気菓子の食べ方にネットドン引き 「色んな汚いものが…」
    クロちゃん、人気菓子の食べ方にネットドン引き 「色んな汚いものが…」
    Sirabee

あなたにおすすめの記事