「FRaU」8月号(7月13日発売)表紙:羽生結弦選手(画像提供:講談社)

⽻⽣結弦、撮影時のアクシデントに神対応「FRaU」表紙に登場

2021.07.13 08:00

男子フィギュアスケーターの羽生結弦選手が、13日発売の「FRaU」8月号(講談社)の表紙に登場。撮影時のアクシデントに神対応を見せた。


羽生結弦、撮影時のアクシデントにも神対応

8月号の特別ゲストは羽生選手。表紙、裏表紙、10ページの撮りおろし&インタビュー特集、特製ポストカード付録と、本誌を縦横無尽に滑りぬける活躍だ。撮影は5月下旬の仙台市内、梅雨入り前の晴れ間を縫って行われた。超タイトな撮影時間の中で、嫌な顔ひとつせず誠実に一つ一つの質問に答えてくれる羽生選手。動画収録中には、鳥が鳴いて収録がストップしてしまうなどのちょっとしたアクシデントも。そんなときも「仙台の鳥たちが(ご迷惑かけて)すみません」と、意識的に場を和ませる姿を見せた。芝生での撮影では、まるでそこが氷上かのような美しいステップ&ターンを披露。さらに時間がないなかでも、「僕、もう一回やりましょうか」と気遣いを見せる人間力の高さにスタッフも目をウルウルさせるばかり。

スキンケアブランドのアンバサダーを務める羽生選手はSDGsについて、競技活動を通して常に世界と触れていることもあり、フラットに物事を見るように心掛けているそう。いろんな考え方があって当然、それを認め合うべきと話した。また、特に環境問題が気になって、マイボトルやゴミの分別など小さなことからアクションをはじめていると語った。

「FRaU」8月号はSDGs特集号

「FRaU」8月号(7月13日発売)裏表紙:羽生結弦選手(画像提供:講談社)
「FRaU」8月号(7月13日発売)裏表紙:羽生結弦選手(画像提供:講談社)
一冊丸ごとSDGs特集号としてはMOOKも含め8冊目となる今号。今号ではSDGs全般を扱いながらも「日本の宿題」をテーマに制作。特に注力したのが「ジェンダーとダイバーシティ」と「食ロス」。

第一特集は、「ジェンダーとダイバーシティ」。ジェンダーについては、いま、さまざまな視点から議論が繰り広げられているが、同誌では、「ダイバーシティ」の中に「ジェンダー」があり、セットで語られるものであるという姿勢で企画を構成した。はっきりと意見を言うことは大切だが、それが特定の性や誰かを批判したり、攻撃することにならないように。まずは対話から、閉じない、いったん受け止める。それが編集方針。

第二特集の「食ロス」については、日本の現状をデータで知るとともに、フードロスを減らすための料理やプロダクトなどを紹介。私たちにもできる「はじめの一歩」を読者と共に考えていく。(modelpress編集部)

「FRaU」8月号編集統括・熱田千鶴コメント

(左)羽生結弦選手(画像提供:講談社)
(左)羽生結弦選手(画像提供:講談社)
FRaU8月号では、ジェンダーとダイバーシティの特集を第一特集として制作しました。日本ではずっと遅れていると言われているジェンダー問題。最近ようやく語られ始めています。ジェンダーギャップ指数のことも多く取り上げられていますが、だからといって、私たちは何をしたらいいのかわからない。管理職や政治家の数や賃金格差の問題にしても、どこかで私たちは「そういうものだよね」と思ってきた、というか思わされてきた節もあります。だから、気づきというか意識革命のためのアンコンシャス・バイアス、ジェンダーバイアスを提示したいと思いました。

ただし、海外のように多く議論されているわけではないので、拒絶反応を起こす人もありうるということも踏まえて、まずはいろんな意見に耳を傾けてみよう、というのがコンセプトです。

あまねくいろんな人の意見をとりあえず聞いてみようというところからスタートしました。結果、下は8歳から、上は99歳までの、文字通り老若男女の意見と、人だけでなく、国内外のプロジェクト、本や映画の作品、店やブランドなどもふくめて、それぞれを1意見とカウントし、125の意見を集めました。

ジェンダー問題は全員が当事者です。自分が差別されることも、他人を差別をすることもなくなることがゴールです。まずは言葉の意味ひとつでも知ることからはじめてほしいと思っています。
【Not Sponsored 記事】

関連リンク

関連記事

  1. 羽生結弦選手、“圧倒的美しさ”貴重な未公開カットで魅力に迫る
    羽生結弦選手、“圧倒的美しさ”貴重な未公開カットで魅力に迫る
    モデルプレス
  2. 羽生結弦選手、コロナ終息願う“祈りの舞”に感動広がる 17演目の振り披露
    羽生結弦選手、コロナ終息願う“祈りの舞”に感動広がる 17演目の振り披露
    モデルプレス
  3. 羽生結弦、コロナ禍で動画メッセージ「どうか不要不急の外出は控え…」
    羽生結弦、コロナ禍で動画メッセージ「どうか不要不急の外出は控え…」
    モデルプレス
  4. 羽生結弦選手「anan」表紙に “晴れやかな笑顔”が印象的
    羽生結弦選手「anan」表紙に “晴れやかな笑顔”が印象的
    モデルプレス
  5. 前世は公家!?公家顔だと思う男性有名人ランキング
    前世は公家!?公家顔だと思う男性有名人ランキング
    gooランキング
  6. レコ大受賞のFoorin・たける、幼少期の羽生結弦に似ていると話題
    レコ大受賞のFoorin・たける、幼少期の羽生結弦に似ていると話題
    モデルプレス

「ニュース」カテゴリーの最新記事

  1. 有村架純がボケ連発 “オモシロかわいい姿”にシソンヌ長谷川忍タジタジ
    有村架純がボケ連発 “オモシロかわいい姿”にシソンヌ長谷川忍タジタジ
    モデルプレス
  2. 国民的女優・今田美桜のかわいすぎマッシュルダンス
    国民的女優・今田美桜のかわいすぎマッシュルダンス
    WWS channel
  3. 木村拓哉、水を買うときに“意識していること” 「なんで?」の声も約4割が共感
    木村拓哉、水を買うときに“意識していること” 「なんで?」の声も約4割が共感
    fumumu
  4. 大嶋みく、谷間ざっくりランジェリーで挑発的美ボディ披露!
    大嶋みく、谷間ざっくりランジェリーで挑発的美ボディ披露!
    WWS channel
  5. 真島なおみ、チラ見せ美肌が麗しいSHOT公開!セクシーブラック衣装で登場!
    真島なおみ、チラ見せ美肌が麗しいSHOT公開!セクシーブラック衣装で登場!
    WWS channel
  6. 長谷川博己&堀田真由ほか、5人でシャツおそろいの仲良しショットに「アンチシャツかっこよすぎます」<アンチヒーロー>
    長谷川博己&堀田真由ほか、5人でシャツおそろいの仲良しショットに「アンチシャツかっこよすぎます」<アンチヒーロー>
    WEBザテレビジョン
  7. <くる恋>生見愛瑠“まこと”、瀬戸康史“公太郎”&神尾楓珠“朝日”&宮世琉弥“律”と急接近「ちょっとずつ好きになって」
    <くる恋>生見愛瑠“まこと”、瀬戸康史“公太郎”&神尾楓珠“朝日”&宮世琉弥“律”と急接近「ちょっとずつ好きになって」
    WEBザテレビジョン
  8. 得なのは「PayPay決済」か「クレカ払い」か? “見栄”のせいで選択誤ったポイント還元の落とし穴
    得なのは「PayPay決済」か「クレカ払い」か? “見栄”のせいで選択誤ったポイント還元の落とし穴
    Sirabee
  9. 河内裕里、温泉グラビアで初ランジェリー&“過去最少面積”ビキニ姿解禁「“この大きな胸をもっとさらけだしたい”(笑)と思っています」
    河内裕里、温泉グラビアで初ランジェリー&“過去最少面積”ビキニ姿解禁「“この大きな胸をもっとさらけだしたい”(笑)と思っています」
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事