羽生結弦 はにゅうゆづる

「羽生結弦」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「羽生結弦」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「羽生結弦」に関連するモデルプレス記事

公式サイトやブログへのリンク

羽生結弦のプロフィール

羽生 結弦(はにゅう・ゆづる)

生年月日:1994年12月7日
出身:宮城県
身長:171cm

フィギュアスケート選手(男子シングル)。愛称は「ゆづ」。全日本空輸 (ANA) 所属。

主要な戦績として、2014年ソチオリンピック男子シングル優勝。2014年世界選手権・2017年世界選手権優勝。グランプリファイナル4連覇(2013年-2016年)。全日本選手権4連覇(2012年-2015年)。

男子シングル競技における、ショートプログラム(110.95点)、フリースケーティング(223.20点)、トータルスコア(330.43点)の現世界歴代最高得点記録保持者。世界ランキング最高位1位。世界ランキングは2013年10月より1位を保持している。

世界記録は2012年から2017年の間に11回更新しており、ISUジャッジングシステムのもとに開催された国際大会において、史上初めてショートプログラムで100点、フリースケーティングで200点、トータルスコアで300点超えを達成した男子選手である。

■受賞・栄誉等
・日本政府
紫綬褒章(2014年)

・日本オリンピック委員会
JOCスポーツ賞 新人賞(2009年)、最優秀賞(2013年)、特別功労賞(2015年)

・日本スケート連盟
JOC杯(最優秀選手賞)(2014年、2015年、2016年)

・マスコミ
東京運動記者クラブ:特別賞(2012年)、スケーター・オブ・ザ・イヤー(2014年、2015年)
東北運動記者会:スポーツ大賞(2011年、2013年、2014年、2015年)
朝日新聞社:「朝日スポーツ賞」(2014年)
読売新聞社:第64回「日本スポーツ賞」グランプリ(2014年)
毎日新聞社:第22回「毎日スポーツ人賞」グランプリ(2014年)
Sports Graphic Number:第33回「ナンバーMVP賞」(2014年)
テレビ朝日:第49回、第50回「ビッグスポーツ賞」(2014年、2015年、2016年)
河北新報社:第64回「河北文化賞」(2014年)
中日新聞社:第29回「中日体育賞」(2015年)

・一般財団法人
上月財団:「上月スポーツ賞」大賞(2014年)

・自治体
宮城県「県民栄誉賞」(2014年)
宮城県議会「議長特別表彰」(2014年)
仙台市「賛辞の楯」(2014年)
仙台市「スポーツ大賞」(2009年、2011年、2012年、2013年)
仙台市「フィギュアスケートモニュメント」(2017年)

・世界記録
ギネスワールドレコーズ社:フィギュアスケート男子シングル競技 歴代最高得点(2014年)
「ソチオリンピック」ショートプログラム(101.45点)
ギネスワールドレコーズ社:フィギュアスケート男子シングル競技 歴代最高得点(2016年)
「2015/2016 ISUグランプリファイナル」ショートプログラム(110.95点)、フリースケーティング(219.48点)、トータルスコア(330.43点)
国際スケート連盟:「4回転ループ」をISU公認国際大会において史上初めて成功
「2016年オータムクラシック」ショートプログラム

■サポート・アドバイザリー契約
ファイテン(2014年12月 - )
東京西川(2015年3月 - )
味の素「ビクトリープロジェクト」

■出版物
・書籍
『蒼い炎』(2012年4月20日、扶桑社)
『羽生結弦語録』(2015年9月25日、ぴあ)
『羽生結弦 王者のメソッド 2008-2016』(2016年3月25日、文藝春秋)
『蒼い炎II-飛翔編-』(2016年7月2日、扶桑社)

・写真集
『YUZURU 羽生結弦写真集』撮影:能登直(2014年10月24日、集英社)
『羽生結弦 SEASON PHOTOBOOK 2015-2016』撮影:田中宣明(2016年7月29日、舵社)

・映像作品
『覚醒の時』(2014年7月16日、ポニーキャニオン)
『花は咲く on ICE ~荒川静香 羽生結弦~』(2015年12月18日、NHKエンタープライズ)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
羽生結弦を「ウィキペディア」で参照する