岡田健史、“前時代的オタク”姿に反響「振れ幅すごい」「誰だか分からなかった」<ウチの娘は、彼氏が出来ない!!>

0
3
女優の菅野美穂が主演を務め、浜辺美波が出演する日本テレビ系水曜ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(毎週水曜よる10時~)の第2話が20日に放送。岡田健史演じる光の“隠れオタク”ぶりに注目が集まった。
岡田健史(C)モデルプレス
岡田健史(C)モデルプレス

菅野美穂&浜辺美波「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」

浜辺美波(C)モデルプレス
浜辺美波(C)モデルプレス
同作は、少女のような天然母と、しっかり者のオタク娘、トモダチ母娘のエキサイティング・ラブストーリー。主人公でシングルマザーの恋愛小説家・水無瀬碧役を菅野、そのひとり娘で20歳の女子大生・水無瀬空役を浜辺が演じ、脚本は北川悦吏子が務める。

「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」関連記事をチェック



空(浜辺美波)と光(岡田健史)、まさかの急接近

岡田健史(C)モデルプレス
岡田健史(C)モデルプレス
ある日大学では、空がゼミ中に落書きしたイラストを見たチャラい同級生・光(岡田)が、その出来栄えに感動。「“大事な話”がある」と空を呼び止める。

自分とは住む世界の違う“陽キャ”の光に身構える空だが、喫茶店に空を誘い出した光はなんと「隠れ二次元オタク」であることをカミングアウトする。

しかも、コミケ(コミックマーケット)で空を見かけたことがあるという光。回想シーンでは、光がメガネ・なでつけ髪・チェックシャツの“前時代的オタク”姿で登場。マンガ「EDENS ZERO」の主人公、シキ・グランベルのコスプレ姿の空を見て「ふっふっふっ」と独特な反応を見せる。

実は「ノーマルもBLも百合も」と全方位を網羅している光だったが、空には「内緒にしてくれ」とお願い。大学デビューで明るく爽やかなパブリックイメージを作り出したことを明かした。

岡田健史「振り幅がすごすぎる」と反響

岡田健史(C)モデルプレス
岡田健史(C)モデルプレス
女子にモテモテで、イケメン且つ頭もよいパーフェクトな青年のはずだった光。ファンからは「岡田くんの振り幅がすごすぎる!」「オタクスタイルから陽キャチャラ男まで1つのドラマでこなしちゃう岡田くん、演技力が光ってる」「オタクのコスプレで光くんのキラキラぶりがかき消されててすごい(笑)」「一瞬誰だか分からなかった(笑)」など、多くの反響が寄せられた。

岡田健史、浜辺美波(C)モデルプレス
岡田健史、浜辺美波(C)モデルプレス
そして光は、絵の上手い空に「一緒にマンガを描こう」「ジャンプのてっぺん取ろう」と突拍子のない提案を持ちかける。自分が書いたプロットを空に見せるも、断固拒否してされてしまった光だが、2人の関係が今後どうなっていくのかに注目が集まる。

岡田健史、“前時代的オタク”姿に反響「振れ幅すごい」「誰だか分からなかった」


「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」第2話場面写真を見る



情報:日本テレビ
【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - 岡田健史、“前時代的オタク”姿に反響「振れ幅すごい」「誰だか分からなかった」<ウチの娘は、彼氏が出来ない!!>
今読んだ記事

岡田健史、“前時代的オタク”姿に反響「振れ幅すごい」「誰だか…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事